おかずのクッキング

1年ほど前に土井善晴さんの記事がありましたが、
土井善晴さんといえば、『おかずのクッキング』ですよね。
お父上の土井勝さんの番組を引き継いで、40年以上続いている料理番組ですが、
この番組の土井さんとアシスタントの久冨慶子さんとの掛け合いが斬新というか、
土井さんの一貫して自由な感じが面白いんです。

たとえば、先日は納豆を挟み込んだオムレツのようなものを作っており、
まぁ、私は納豆などに少しも興味はないのですが、いちおう見ておりました。
まず、納豆をかき混ぜて粘りを出し、これを火にかけて少し温め、
それを火から降ろして粗熱を取り、その間に生地となる部分を用意する、と。
(いや、うろ覚えですよ。なにしろ私は納豆などに少しも興味はないので。)
料理番組とは、無言で淡々と進行するものでもないので、
久冨アナウンサーが、何気なく、
「どうして、ここで一度火から降ろしたほうがいいんですか」と質問します。
普通は、「あんまり火を通しすぎると風味が落ちるから」とか、
そんな答えを予想しますわね。
しかし、その質問に対する土井さんの答えは、
「え? そのほうがいいと思ったから。」

・・・・・・コレ、よく考えたら、かなり斬新な切り返しじゃないでしょうかね。
だって、「どうして?」って聞かれて、「そう思ったから」って、
質問に対する答えになってないですもん。
小学生みたいな切り返しです。

その後も、慌てて何かそれっぽいことを言い繕うでもなく、
「いや、そんなんでいいですよ。ダメ?」と、
料理初心者(という役)の久冨アナウンサーに、逆に聞く始末。
自由ですよね。

私はこの放送を見て、とてもいいな、見習いたいなと思いました。

人間を含む動物は、いろいろな行動の積み重ねで毎日が成り立っています。
その行動というのは、もともとは何かの思考に立脚して起こるものですが、
とはいえ、多くの場合は、その行動は習慣化され、無意識に行われるはずです。
たとえば、“歩く”という行為をとってみても、
「右足を出す」「左足を出す」「右足を出す」「左足を出す」・・・
のように意識することは、ない、でしょう、軍隊の行進ならいざ知らず。
つまり、人間の行動はほとんど自動運転ってことですよね。

自動運転といえば、飛行機の自動操縦とか、クルマの自動運転とか、
安全を担保するための高度なプログラムというイメージがありますが、
こと生物の自動運転というのは、無意識の行動パターンということで、
きわめて動物的な機能であるような気がするのです。
意識して右、左、右、左と歩むヒトはまれでしょうが、
たぶん、キリンもチーターも、カエルもカマキリも、同じでしょう。
普通は無意識に歩いたり走ったりしているわけです。

カッコよく言うと「心の赴くままに」という、
放浪の画家みたいな言い方になるのかもしれませんが、
それは結局、野放図というか、野生の勘に従うということでしょう。

土井善晴さんの「え? そのほうがいいと思ったから。」は、
理由なんてないよ、感性に従ったまでさ という意味でしょうが、
しかし、なかなか自分の感性に自信が持てるものではありません。
私も、たまに地元でラジオに出させてもらうことがあるのですが、
自分が話す内容に盤石の自信を持つというのは、意外と難しいものです。
そんななかで、「いや、そんなんでいいですよ。」という自信。
私はここに、信念の強さを感じます。

「そのほうがいいと思ったから。」

信念さえしっかり確立できていれば、自動運転の精度は上がるわけで、
そうなってしまえば理由なんていらないということなんでしょうね。
自分に自信がないとかいう人が多いご時世、
自己肯定感とか、いろいろな意味で勉強になる一言でした。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR