FC2ブログ

なに自分のことばっかり言ってるんだ!

結論から言うと、タイトルに書いた通りです。

1週間ほど前、北陸で記録的な大雪になりましたね。
新潟県三条市では、積雪の影響で、
JR信越本線の普通電車が動けなくなるというトラブルがあり、大きく取り上げられました。
折からの遅延の影響で、この電車には430人もの乗客が乗っていましたが、
この電車の運転見合わせは、なんと15時間以上に及び、
その間、数時間に渡って立ちっぱなしの方もいらっしゃったようで、
その想像を絶するご苦労に、乗り合わせられた方々には、気の毒でなりません。

大雪に限らず、架線トラブルとか強風とか、
何らかの原因でダイヤが乱れたり、電車が立ち往生することはままありますが、
さすがに15時間というのは類例のない長時間でしょう。
そのため、JRに対して、対応に不備があったのではないかと、
そのさなかから、報道番組を中心に議論百出の様相を呈しておりました。

確かに、私も、JRに何の非もないとは思いません。
駅を出て2分で停車し、そのまま15時間なんて、どう考えてもダメです。
雪が重そうなら電車を前進させなければよかったのだし、
「これはヤバい」と感じた時点で速やかに後退すればよかったのです。
とにかく、運行を継続するかどうかの判断が甘かったことは明らかです。

しかし、だいたい、この手のトラブルはいくつかのミスの積み重ねで起こるものですが、
それは、後から思い返してみてという結果論であって、
そのひとつひとつの判断は、いちおう、熟考のうえでなされていたはずです。
つまり、JRは、一生懸命に考えて、失敗したということです。
ぼんやりしていたわけではなく、考えて、ミスったわけです。
そういうことって、私たちも、普段の生活のなかで、ありますよね。

とにかく、トラブルは起こってしまいました。
事ここに至っては、「あの時の判断が・・・」とか言ってみても仕方ありません。
「いま、どう対応するか」がすべてになるのです。
そして、私は、そのときのJRの対応は、そう悪くはなかったと思うのです。

今回、ニュースでは、缶詰になった人の家族などにカメラを向け、
JRの対応についてインタビューしていました。
多分に恣意的なものであり、そういう質問のされ方をするせいもあって、
「情報が何もない、JRの対応はおかしい」という回答が多数を占め、
なかには「すぐに降ろしてあげてほしい」と訴えるご家族もいらっしゃいました。

私は、今回のJRの対応は、そこまで悪くはなかったと思うのです。
「すぐ降ろせ」って、気持ちは分かりますが、
雪の吹きすさぶ深夜の暗闇のなか、
土手だか田んぼだか分らぬような場所に430人も降ろしたら、
どこかに落ちたり埋まったりして行方の分からなくなる人が出たはずです。
みなさん、北海道の岡田幹男さんを覚えていませんか。
4~5年前、9歳の娘と乗っていたクルマが大雪で立ち往生した際、
近くに見えた友人宅を目指してクルマを降りてしまったために遭難してしまい、
最後は娘だけでも守ろうと、10時間にわたって娘に覆いかぶさり、
そのまま亡くなってしまった
方です。
衝撃的な事件でしたが、その、忘れてはいけない教訓は、
「吹雪の中で外に出てはならぬ」ということでしょう。
今回、JRは夜間における乗客の降車を許さなかった結果、
確かに体調不良のお客様は出てしまいましたが、
最終的にケガ人を一人も出さずに済みました。
これは、もっと評価されてしかるべきではないかと、私は思うのです。

まとめますと、JRは、事態を未然に防ぐことには失敗しましたが、
それは、その後の対処法とは別の話であり、
JRは、負傷者を出さずに事態を収束させることには成功しました。
そう、これは成功です。

それは、不用意に乗客を降ろさないという、熟慮の末の判断と、
代替輸送のバスですら接近できないほどの積雪に対し、
人海戦術で除雪に尽力した乗務員やスタッフの必死の除雪の賜物でしょう。
そういうのを責めるのはどうなのかと私は思います。

前述のとおり、JRは一生懸命に考えて、そのうえでミスったわけです。
日本という国は、かつて、こういうのを許容する国であったと記憶しています。
人を傷つけたり、人のものを盗んだりという実害があればまた別ですが、
そうでない場合には、たとえ一定の迷惑が掛かったとしても、
それが一生懸命に考えて行動した結果なのであれば、
お互い様だからと水に流す文化があったと思うのです。
松岡修造さんも林修さんも、失敗しても何度でも立ち上がれと言っていますよね。
会社関係の研修とかでも失敗してもいいからやってみろと、よく聞きます。
ところが、実際はどうでしょうか。
今は寛容性が失われ、ちょっとのミスも許さない社会になっています。
それを見て、「結局、失敗したら袋叩きに遭うんじゃん」って思ってしまいます。

私も昔、電車の立ち往生に遭遇したことがあります。
私の場合は9時間くらい閉じ込められたのですが、
特急電車の指定席だったので、環境的には苦しくはありませんでした。
しかし、それでも、車掌に詰め寄る乗客はいらっしゃいました。
「急いでいるのに、どうしてくれるんだ!」と食って掛かっているわけですが、
その理由というのが、「大事な取引に遅れてしまうではないか」というものから、
「息子と遊園地に行く約束をしているのに」とか、
「法事の予定に間に合わないじゃないか」のような、ごく個人的なこと。
そんなことを言ってみても動き出すわけでなし、
車掌さんもどうにもできずに困るだけで、うるさいな、と、
配られた毛布にくるまりながら、眠りたい私は、
なに自分のことばっかり言ってるんだ!と、不快に思っていたものです。

今回も、電車が立ち往生したのがセンター試験の2日前だったために、
当事者の家族を中心に「センター試験が近いのに」という、
個人的な理由から、「ウチの子だけでも」という訴えが出ましたが、
私は、やはり、なに自分のことばっかり言ってるんだ!と思います。

「こうすれば良かったのに」とあとから批判するのは誰でもできます。
しかし、その場で最善と思われる手段を選んで実行に移し、
その責任については甘んじて受けなければいけないという仕事は、
誰にでもできることではないと思います。
「ウチの子だけでも」などというバカ者の言うことを聞くのは簡単ですが、
JRは430人を無事に安全な場所に移動させる義務があったわけです。
それは、そもそも、なかなかの無理難題であったはずです。
今回の対応は、成人式の当日に雲隠れした無責任な着付け屋とは違って、
逃げることなく対処した、実に責任ある対応だったと思います。
私は、JRの方々はよく頑張ったと思っています。

15時間立ちっぱなしというのは、確かに大変ですが、
その15時間、運転士さんや車掌さんはずっと除雪していたそうです。
その除雪のおかげで15時間後に運転が再開されたわけですが、
乗客のみんな、監禁されていた電車を降りるとき、
徹夜で除雪してくれた車掌さんに、
ちゃんと「お疲れサマ」言えたでしょうか。
私は、他人の状況を思いやることは美しいことだと思っています。
一人でも多くの乗客が車掌さんをねぎらっていますように。
そういう日本でありますように。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR