FC2ブログ

ええケツしてるやんけ。

石仏に限らず、石灯籠や狛犬など、古い石造物に興味のある私ですが、
それは、K先生という研究家の方に魅力を教えてもらって以来です。
その、私の師匠と呼んでも過言ではないK先生が亡くなられてから、
もう15年くらいが経ってしまいましたが、
いまだに興味深い石造物を見かけるとK先生を思い出します。

さて、昨夏、平成の武者修行ということで、
少年少女らを伴って、弊社を含む複数の会社の若手社員が立山登山に挑みましたが、
初めて全員が顔を合わせた夕方、
翌日からの登山の無事を祈るため参拝したのが雄山神社の中宮祈願所。

雄山神社 中宮祈願所

古くは、だいぶ前に紹介した元明天皇や後醍醐天皇の勅願所でもあったという、
伊邪那岐神と天手力雄神を祀る、古色蒼然とした神社です。

鳥居をくぐってしばらく歩くと、左右に狛犬が鎮座ましましています。

狛犬

狛犬には、互いに見つめ合う配置と、正面を向いた配置の2種類があるのですが、
ここのは2頭が揃って正面を向いた配置です。

さて、少し行くと、佐伯有頼という人の廟所があります。
この佐伯有頼という人は、立山の開山とされている人であり、
そのこともあって、明日からの登山の安寧を祈ってここに参拝したわけですね。

開山・佐伯有頼廟

・・・・・・違和感、ありませんか。
写真の左端、石燈籠の左側。
何でしょうか、コレ。

謎の像

近くに寄ってみても、結局分からない「なんだこりゃ」感
だいたい、コイツは何の動物なのでしょうか。
ビリケンさんを載せた・・・・・・バク?

バク ◀ バク
https://www.zooing.net/archives/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%90%E3%82%AF

ふつう、こういうのって、
造立年とか寄進者の名前などが台座などに彫られているものですが、
そういうのも一切皆無なので、情報はナシ。
ゆえに、これが何なのか、さっぱりわからないのです。

場所的には廟所の手前に配置されているので、狛犬感もあるのですが、
狛犬はさっき立派なのを見ましたし、そもそも、犬のようにも見えないので、
ますますこれが何なのか、不思議になってきます。
結局、ワケのわからないポーズを取った赤ん坊のような者が、
ワケのわからない動物のようなものにまたがっている

しかも素肌の尻でという、実にシュールな造形です。

この何者か分からない像、
上に載っている赤ん坊のような者の表情は、何とも言えず憎たらしいのですが、
それを載せているワケの分からない動物のほうは、表情もバカっぽくて愛らしく、
じっと見ているとクセになってくるような感じもします。

ちなみに、お尻の感じはこうです。

ケツ♡

なんか、ロンパースを履いた赤ん坊がハイハイしているみたい。
んもう、本当に、誰が、何の意図で製作したのか完全に不明ですが、
この尻は癒されますよね。
思わず触ってみましたが、完全に石の感触でした。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR