FC2ブログ

耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ

よく、戦争モノ、特に終戦を扱ったような映像作品を見ると、
雑音だらけのラジオから終戦の詔書が流れていて、
聞きながらみんなが呆然とするというシーンをしばしば目にします。
私は、実際にその時代を生き抜いてきた世代ではないので、
長らく、そんなもんかなという感じでそのシーンを眺めてきたのですが、
それにしても不思議なのは、そのシーンで流れる文言が、
きまって 耐え難きを耐え忍び難きを忍び・・・ だということ。
そして、その文言の、なんとなくのイメージとして、
「屈辱的なところを耐え、降伏を受け入れます」という内容なのかなと思ってきました。
だって、みんな呆然としてるし。

終戦の詔書、正式には『大東亜戦争終結ノ詔書』と言いますが、
全文を調べてみた私はびっくりしました。

朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ
抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遣範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
然ルニ交戦已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル
而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ
朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ
惟フニ今後帝国ノ受クヘキ困難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所 耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ 以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム
宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克く朕カ意ヲ体セヨ


まず、意外と長いことに驚きますよね。
それと、しょっちゅう耳にする“耐え難きを耐え忍び難きを忍び・・・”というのが、
途中の地味な場所に埋め込まれているというところも。

心して読んでみると、意外と重要なことが述べられています。
特に2段落目、
曰く、天皇が、万国の共存共栄を喜びとすることを心掛けておられたこと。
曰く、宣戦の理由が東アジアの安定と独立自存を希求したものだったこと。
曰く、天皇が、他国の主権を奪い、領土を侵略することなど望んでいなかったこと。

7段落目では、
この先、感情に任せて事件を起こすなよと、好戦的な輩を牽制し、
そういうことをすると世界の信義を失うことになるぞと戒めています。

そして、最後の8段落目、
国を挙げて、各家庭でも子孫に語り伝え、神国日本の不滅を信じ、
持てる力の全てを未来への建設に傾け、道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道に遅れを取らぬよう、心掛けよ・・・・・・と述べられています。

確かに戦後日本は、「持てる力の全てを未来への建設に傾ける」ことと、
「世界の進む道に遅れを取らぬよう心掛ける」 というところだけは、
必死になってやってきたのだと思います。
その証左が高度経済成長なのだと思いますが、
一方で、「神国日本の不滅」とか「道義」とか「志操」については、
すっかり忘れてしまっているように思われるのです。
いまどき、「神国日本の不滅」などというと、
軍国主義への回帰か、そうでなければ極右かという、
ものすごく歪曲されたイメージでしかみられないという始末で、とても残念です。
つまり、物質的な建設と、世界に遅れるまいとする姿だけが肥大化し、
連綿と続いてきた高い精神性を投げ捨ててしまったのでしょう。

国家にとって民族にとって、民族意識こそ最大最強の武器であるはずです。
日本軍は物理的には弱かったけれど、精神性の高さで他を圧倒しました。
連合国がもっとも恐れたのは、日本の軍事力などではなく、
日本人の民族意識や精神力だったわけですよ。
それゆえに、マッカーサーは、戦後処理のまず最初に、
日本の民族意識を粉砕するべく、新憲法によって精神性を無力化したのです。
日本人の精神力を骨抜きしにして、精神的に丸腰にすることこそが、
連合国にとっての、日本の最大の武装解除だったのです。

コレ、もっとちゃんと学校で教えたほうがいいんじゃないですかね。
“耐え難きを耐え忍び難きを忍び・・・”というフレーズだけが有名ですが、
むしろその部分にはたいした意味はなく、
全文、特に8段落目から、
昭和天皇の、日本の行く末を案じる気持ちが伝わってきますよね。

まもなく平成30年。
すなわち、昭和天皇崩御から30年。
あたかも今日の日本のていたらくを、
すでに50 年以上も前に予期されていたかのようです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR