FC2ブログ

今年の頑張り

来月誕生日を迎えると、40代に突入するまで残すところあと一年となります。
振り返れば38歳だった今年、大小様々な初体験を多くしました。
特に夏に行った念願の舞妓体験が大きな目標達成でしたが、
なんと! 
秋に!! 
花魁体験までしてきちゃいましたあああああ!!!!!

花魁体験①

事の発端は、
春先に舞妓体験をどうしてもしたいのだと友人に話していたところ、
その友人は花魁体験をしたいと言って、
互いにしたいよねって盛り上がってその話は終了していましたが、
私のほうではやるのだと宣言していただけのつもりが、
友人の思いは一緒に体験にいくことになっており、
舞妓体験を報告したところ、「あれ?一緒に行くはずじゃあ・・・??」となり、
それじゃあ、今年の秋の平日に臨時休業があるから、
その時に一緒に行こう!と話がまとまり、
ぎり30代(ぎりは私のほうだけですが)の、
奥様2名での日帰り京都旅行へ行ってまいりました。

花魁体験してきての感想は、
率直に、すごくすごぉく楽しかった☆、です。
少しでも興味がある方には、ぜひともおすすめしたいです!
しかも、出発地点は雷を伴う雨のなか、京都は青空が広がる秋晴れ。
京都の醍醐味と言われるような紅葉シーズンに紅葉を堪能することなく、
スタジオで撮影してもらい速攻で戻ってくるという、
ある意味なんとも贅沢な旅行となりました。

舞妓体験との違いは、お化粧をがっつりしてもらうところ。
体験処によってはお化粧の仕方も様々なのでしょうが、
舞妓体験の時に私がやってもらったのは水化粧の白塗りで、
目尻に少し赤い色を施してもらうもの。
もちろん普段のお化粧とは全然違うものですが、実に上品な仕上がりです。
対して、今回行った花魁体験のところは一言でいえば派手。
まず何と言ってもつけまつ毛。
私、つけまつ毛を付けたことが一度もなかったので、“初つけま”だったわけですが、
なんといきなり3枚重ね。瞼が重く感じたのはいう間でもありませんが、
つけまつ毛威力、絶大ですね。
目力が半端なかったです。
それにアイシャドウを目の周囲広範囲に入れてもらい、
アイラインもしっかりとひかれ、仕上がった顔は私の顔ではなかったです。
濃いお化粧ではありますが、あまりにも普段の自分の顔とかけ離れており、
濃いメイクは似合わない私(と本人が勝手に思っている)ですが、
違和感が一切なかったです。

テンション上がりまくりのまま着付けをしてもらったのですが、
それこそきっちり着付けてもらう舞妓さんとは違い、肩があらわに。
もちろんここまできたらお任せです。
それよりも、この花魁体験で最高齢の体験者が80代の女性だと聞き、
40歳目前の私でもまだまだ大丈夫だと、
撮影前にいい具合に肩の力が抜けました。

さて、撮影はというとやはりさすがはプロのカメラマン。
いい気分に乗せてくれます。
自分はきれいなのではないか、
モデルとしても素質があるのではないかと思わせるような軽妙なトークで、
緊張することなく撮影が進みました。
落ち着きを取り戻せば撮影のためのトークだとわかるのですが、
まあほんと、上手です。
実に気分よく、時間が過ぎました。
だからこそ、本当にあっという間でした。
楽しい夢のような時間は本当にあっという間です。

撮影が終わりメイクルームに戻って鏡を見ると、
撮影用のライトで乾燥していたのでしょう、
目元や口元に普段ならそこまで気にならない皺までもが多数、
くっきりと浮かび上がっていました。(厚化粧なので刻まれっぷりもいつもより激しいのです。)
「あ・・・、いつもの私・・・」
その瞬間に現実世界に引き戻されたのはいう間でもありません。

富山駅を出発するときも富山駅に到着したときも、辺りは真っ暗でした。
京都の町を歩いたのは最寄駅から体験処までの移動のほんの十数分。
あとはほとんど京都富山間の往復と京都駅から最寄駅までの往復で、
7時間ほど電車の中。
衣装を決めるところからメイク・着付けが終わるまで約40分。
一人ずつの撮影で二人でかかった撮影時間が1時間半。
撮ってもらった写真から、
アルバムにしてもらう写真(修正していただける)を選ぶのに30分。
富山不在の時間は割と長時間で、普通の観光であればゆっくりできたはずでしたが、
今回は文字通り、駆け足の旅行となりました。
ですが、私たちにとっては本当に、本当に大満足の一日でした。

しいていうなら、京都の町をもう少しゆっくりと見て回りたかったかな。
特にそこまで紅葉や建築物や庭に興味がない私達でしたが、
ほんの少しの移動で歩いた京都がやけに心地が良かったです。

さて、1か月後に届いた写真ですが、それはもう、きっちり修正されていました。
まあ~、若いこと若いこと。
小じわも法令線も肌の弛みも一切なし。美肌効果抜群。脚もつるっつる。
メイクと、ライトと、プロカメラマンと、
それから写真の修正でこうも簡単に変身できるんですね。

いやあ~、なんとも恐ろしい(?)ことですよ、みなさん。

花魁体験② 花魁体験③

[Okei]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すげーーーー!
アラフォー? すげーーーー!

No title

あ~、アタシも行きたいっす……もう40代なんだけど、間に合うかな……
3人の子育てでバタバタで、自分のことなんてかまってられなかったんだけど、こういうのいいかも( *´艸`)

No title

はあ〜、これは、綺麗ですねぇ (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
アラフォーとは思えませぬぅ (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

No title

うまく言えんけど、
したいことがあったら、
ちょっとくらいなら頑張って、
したらいいんだなって、
思いました。

No title

こ、これは・・・南禅寺のところにある「心」さん・・・?
私もこの年末に行ってきました! ちょっと高いですけど、たまりませんよね!
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR