FC2ブログ

“人間だもの”

少し前の話ですが、東名高速道路の下り線で、
バカな男が、家族連れの乗ったワゴン車を追走し、
蛇行運転などで進路をふさいで停車させるということがありました。
このケースでは、
本線上の追い越し車線で不用意に停車させられたワゴン車が後続車に追突され、
結果、ワゴン車の夫婦が娘2人を遺して落命するという、
なんとも痛ましい結果になってしまいました。
どうも、その、蛇行運転でワゴン車を停車させたバカな男は、
手前のパーキングエリアで、駐車マナーか何かを注意されていたとのことで、
そのことを恨みに思ったのか、注意した男性のワゴン車を追走したようです。
自分の駐車マナーが悪かったのに、注意されて逆切れするなんて困った人です。

しかし、昨今ではありえないトラブルではないので、驚きはしません。
こういう怖い社会ですから、「触らぬ神に祟りなし」と、
マナー違反も見て見ぬふりする人が増えるのは、致し方ないことなのでしょうか。
だとすれば、傍若無人が得をする世の中ということになりますので、
私なんかは、それでいいとは思えないのですが・・・・・・まぁ、それは別の話。

それよりも、私が違和感を覚えたのが、
容疑者の男が逮捕前にテレビのインタビューに応じ、
「言われたらカチンとくるけん、こっちも人間やけん」
と言っていたこと。
コレ、みんなどう思ったんでしょうか。

「言われたらカチンとくるよ、こっちも人間だから」という言い方は、
人間であればカチンときて当然であるというふうに聞こえます。
ロボットじゃないんだから、言われたらカチンときますよ、という。

ここにすり替えがあります。
まぁ、バカ者の言うことなので、すり替えなどという高尚なものでもないのですが、
言われたらカチンときて報復行動に出るというのは、
きちんと教育を受けて自制心が育まれた人間のやることではありません。
なにかされて、反射的にやり返すというのは、犬とか猫とか、家畜のやることです。

動物は、食べたいときに食べ、眠くなったら寝、交尾をしたくなったら交尾をします。
メスの取り合いなどで相手を殺すまで戦うこともあるし、殺されることもあります。
弱肉強食とは言いますが、それが自然の摂理であり、
欲求のままに行動するのが動物の動物たるゆえん。
もちろん、人間も動物の一種なので、そういう面はあるでしょう。
しかし、人間が動物と決定的に違うのは、心を制御できることであり、
そのことこそ、人間が、人間であることの条件だろうと思うのです。
逆に、心を制御できない者は人間ではないとすら思います。

「言われたらカチンとくるけん、こっちも人間やけん」は、
カチンとくることが人間の証明みたいな雰囲気で話していますが、
それは、感情に振り回される動物の条件であって人間の条件ではなく、
耳を貸してはならない屁理屈です。
「言われたらカチンとくるけん、こっちも感情に振り回される動物やけん」なら、
100歩譲って納得はしますが。

この屁理屈、今回の事件の容疑者に絡めて話すと、
誰の目にも、野生のバカが自分勝手なことを言っているように見えると思いますが、
普段、悪気なくこの論法で話す人は、存外多く見受けられます。
曰く、「いやぁ、俺も人間だからさぁ、ついカッとなっちゃってさぁ」とか、
「アタシも人の子だから、そこでついウルッときちゃって・・・」とか。
つまり、この屁理屈は、
感情に流された時の正当化に使われるのです。
人間だもの、喜怒哀楽があるのは当然だということですね。

喜怒哀楽は否定しません。
しかし、人間だもの、それを短絡的に行動に結びつけてはいけません。
そもそも、怒るというのは動物的な行為です。
感情に任せた行動なわけですから、怒ったりカチンときた時点で動物同然です。

結局、何が言いたかったかというと、
ただ怒りに任せて自分勝手に暴れただけのくせに、
「こっちも人間やけん」とか、バカなことを言うなということ。
そんなことが人間の条件なら、
巷間はすぐ怒るヤツやすぐ泣くヤツで溢れかえることでしょう。

人間だもの、自分の心は自分でコントロールしなくてはいけません。
・・・・・・ちなみに、この、有名な相田みつをの“人間だもの”は、
「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」が全文です。
つまづいたっていいかどうか、それを決めるのも人間たる自分です。
やっぱり、自分の心は自分でコントロールしなくてはいけません。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これは、本当にそう。追いかけていって引きずり下ろすなんて、明らかにおかしいのに、人間だもんって言ったのにはゾッとする。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR