FC2ブログ

閉じ込められたことってあります?

先日、ゴルフコンペに参加しました。

と言いましても、
ボールは持参しないといけないと最近知ったほどのゴルフ超初心者の私、
会場への道中、場違いなところに向かっていることをヒシヒシと感じていました。

某カントリークラブにて行われたそのコンペ、
初心者の若い方も何人かいらっしゃり、
その方と話すことでほっとした気分で始められました。

まあ、それはよかったのですが、やってみると、
たまーーーにいいショットはあるものの、ほとんどはボッテボテの球。
手で投げて回った方が早いだろうというくらいの進まなさ。。。
我ながらよくここに来たな、と。

周りの方のペースも乱れてしまい、申し訳ない限りでした。

結果、スコアは驚異の180台。おそろしい。
一緒に回った方に励まされながらなんとか回り切ったものの、
最初に初心者であることを分かち合った若い方にも差をつけられ、
ブッチギリでビリ。

…かと思いきや、なんとブービーの方との差はわずか3打。
あら? それにびっくりしました。(もちろん私はブービーメーカー)

さて、ここで終われば、
大変だったね、もっと練習しないとダメだよ、というような話なのですが、
ここからまた大変なことが。

流れが遅い方の組にいたこともあり(私のせいじゃないですよ)、
だいぶ遅めにチェックアウト。

そこでケータイを確認すると、何件も着信履歴が。
すぐ電話せねばと思い、
駐車場で車に乗り込んでどんどん電話をかけていました。
そして気が付くと辺りはだいぶ暗くなっていて、
その後の予定の時間も迫っていることに気づき、急いで車を発進。
周りにほぼ車はない状態。

駐車場を出て、坂道を下ると街の方へ行ける、、、
はずだったのですが、、、
出られない。。。

なんと道の途中で門が閉まっていたのです。
人はゲートの脇から出られるのですが、車は抜けられない。。。

いやいや、え? いやいや、うそでしょ。 え?そんなことある?

現実として受け入れるのに時間がかかり、
これまで感じた焦りの中でもトップを争う焦燥感にかられ、
カントリークラブに電話をかけるも、
「営業時間外です。ご用件のある方は伝言をどうぞ」という、
メッセージが流れるだけ。

一度目は何も言わずに切りましたが、そこは藁にもすがる思いのため、
もう一度かけ、誰か電話の向こうにいるんじゃないかという、
わずかな希望をもって伝言を録音。
話している間に誰かが出てくれた、、、ということもなく電話は終了。

どうにかできないかと周りを見渡し、防犯カメラを発見。
人生初、防犯カメラに向かって両手を振りました。
はたから見ると変な人でしたね。

門のところにいても無駄だと思い、駐車場に引き返すことに。
気がせいていたため、暗闇の中バックで20mほど戻りましたが、
ほぼまっすぐで舗装されているとはいえ、そこはちょっとした山道。
転落したらたまらない。
ふと我に返り、転回してから駐車場へ。

さてどうするか。
電話しているときには気づかなかったのですが、
灯りは駐車場のもののみで、施設は真っ暗。
施設のカギが開いていないか調べてみましたがすべて閉まっており、
そばにある古い木造の、物置なのか宿直の人が泊まるような場所なのか、
よくわからない小屋のドアをノックしてみたり、
すみませーんととりあえず叫んでみたり。

結果わかったのは、だれもいないということと、
施設はちゃんと施錠されているということだけ。


これはすぐには動けないと悟り、
次の予定に参加できなさそうということを、
自分は何をしているんだろうと思いながら電話で伝え、
続いて家族に電話し、迎えに来てもらうことに。

駐車場の真ん中でオレンジ色の光を放つ2本の街灯を、
なんとも言えない気分でぼんやり見つめながらしばらく待っていると、
門まで来たと連絡が来ました。
車を駐車場の端に止めたまま、しばしの別れを告げて坂道をひた走り、
迎えの車に乗ってようやく脱出。
その後の予定地には遅れながら電車で向かいました。

翌朝、伝言を聞いたカントリークラブの方から電話が。
最後のお客様が出て30分ほどで門を閉めてしまうのだとか。
1時間近く電話していましたからね。。。
車が止まっていることには気づいていたそうなのですが、
途中で棄権した方がいらっしゃり、その方の車だと思ったそう。
ずっと車に乗ってそこにいる人がいるなんて思わないですよね。

車は翌日家族が取りに行ってくれまして、無事に再会。
ごめん、置き去りにして。

いや、どうなることかと思いました。

それ以来、
夕方にどこかの施設の駐車場にいるときは長居しないように気を張っています。
どこかに行って入れないというのも困りますが、
出られないというのはとんでもなく困ります。
経験されることをお勧めはしないです。

まあ、誰もしませんよね、こんなこと。

なんともアホな話でした。

[Monsieur]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私は、デパートでトイレに入ってたら、知らないうちに閉店時間が過ぎてたことがあります。守衛さんに笑われながら、裏口から出ました。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR