FC2ブログ

小さい小さい私

先月、子供たちの学習発表会がありました。
体育館には保護者席が設けられ、椅子席とござ席、
それから車いすの人の為の観覧席に分けられていました。
今では当たり前の光景になっていますが、
多くのお店や施設等にも車いすの方等のための専用の駐車スペースが設けられています。
自分が子供のころにはそのようなスペースなんてなかったと記憶しているので、
やさしい世の中になったなあと感じます。

さて、私の子供が通う学校は児童数が多い小学校なので、
保護者も参加する行事となると体育館のスペースが限られているため、
自分たちの子供の出番が終わったら、
次の出番の子供たちの保護者の方へ席を譲るシステムになっています。
私は3人の子供がいるため、後方の席からじわりじわりと前に進んでいきました。
後ろから進んでいくと、
前方に設けられている車いす席のスペースに近づいていきます。
ふと見ると車いすを使用していない母親と幼い子供が2名座っていました。
まあ、付き添いの方なんだろうなと思っていましたが、
しばらくして到着された車いすの方には付き添いの方が2名。
結局、車いすの方1名に対して一緒におられるのが4人でした。

そこで違和感を覚えてしまった、器のちっぽけな私。
そこ、そんな人数で観覧するところじゃないよね?


私が座っていた場所は、ござが一面に敷き詰められており、
わが子をより近くで見ようと必死の保護者たちが前に詰めよって座っています。
狭くて窮屈な思いのなか、
自分の体重に悲鳴を上げている足をかばいながらなんとか座っているのに、
その方たちは悠々と三脚も立てビデオを撮っておられたのです。
ござ席の人たちは三脚を三本足で立てることを制限されており、
立てるにしても一本足で、
そして高さは頭の高さまででお願いしますと言われていました。
それなのに・・・。

車いすの方も、付き添いの方も、当然その席におられていいと思います。
でも、付き添いって一人でいいのでは・・・?と、
心の狭い私は思わずにはいられませんでした。
私だったら、と考えたとき、付き添いは最少人数にして、
残りの家族は一般席で観覧すると思います。
その時はたまたま一組だったからよかったものの、
他にも多くの車いすの方がおられたら、
(まあ、その時は一般席に座るつもりだったのかもしれませんが)
はっきり言って迷惑ですよね。

狭いなか、せっかく撮っているビデオにも、
前に座っている保護者の方の揺れ動く頭部でわが子が撮れず、
でもおそらく、そんな自分の頭部も後方の方のビデオに写り込んでいるだろうから、
致し方ないなと自分を納得させているのに、
一人車いすの方がいるからといって、
そのご家族一同がそのゆったりとしたスペースで観覧されると、
疑問を感じずには、
そして怒りを感じずにはいられませんでした。
いやあ、ほんと小さいなあ、私。


これは今回のことに限らず、冒頭に述べた身障者用駐車場でも然りです。
このシステムは不便な人の為に、便利なように、が目的で設けられたはずですが、
よく私が目にするのは、身障者マークが貼付されていない車が停車されている場合や、
もしくは車体に身障者マークが貼付されているけれど、
中から出てくるのは車いすの方でもないし、ごく普通に歩いておられる方の場合です。
おそらく車いすの方を乗せることもあるのでしょうけれど、
シールが貼付されていれば、
身障者の人が乗っていない場合も利用していいんでしょうか。
平気で車を停め、降りてこられるその姿に、正直、怒りを覚えています。

何のための誰のためのスペースですか。

優しい世の中にするには、色々な人の協力が必要になると思います。
心の狭いちっぽけな私が言うのもどうかと思いますが、
ぜひ、何のために、誰のために考えられたシステムかを理解し、
自分だけが良ければいいという考えの方が、
少しでも少なくなればいいな
と願います。

[Okei]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR