FC2ブログ

真面目な誘惑

私がまだ20代前半だった頃、職場の年下の女性にデートしようと言われ、
個室のある喫茶店に誘われました。

この状況だと通常何かを期待してしまいますが、
私はその女性が同じ職場の別の男性に好意があるのを知っていたので、
むしろ嫌な予感がしていました。
しかし、仕事で普段やりとりがある関係上、話も聞かずに断ることもできず、
何とも言えない気持ちで行ってみると、
彼女はやはり個室で待っていました。

話を聞くと案の定思っていた男性の話でした。
彼のことが好きになってしまったがどうすればいいかと、
まだお店の店員が注文を取りに来る前から泣き出す始末です。
わざわざ個室を選んだのは、
最初から泣く気満々だったのだと思われます。
店員がメニューを持ってきた時にはうつむいてすすり泣いていました。
私は何も言えず、部屋の中が相当な緊張感で包まれていたと思います。
店員からするとどう見ても私が泣かしているように感じたことでしょう。

それまでのことを説明しますと、
彼女が好きになった男性は普段から彼女に親しく話しかけたり、
他愛もなくちょっかいを出したりしていました。

まわりで見ていた私達は、
彼女が徐々に彼に好意を持っていくのを感じていました。
しかし、同時に、彼はただ無邪気なだけで、
彼女を女性として好きなわけではないことも態度からわかりました。
それはまるで漫画を見せられているようで、
職場でそういうことはやめて欲しいとみんな思っていたと思います。
その状況で彼女から私が誘われたのですから、
そりゃあ嫌な予感もするというものです。
誘ってきた時の顔が無理に笑顔を作ろうとして引きつっていましたから。

お店の店員にそのことをいちいち説明することはできないので、
彼女を何かで泣かした男と思われるのは仕方なく諦めるとして、
この場から一刻も早く逃れたい一心で、
彼女をどうなだめるかに集中することにしました。

よく考えると、男性に直接気持ちを伝えずに、まず私に相談したところを見ると、
本人も相手が本気で自分に好意を持っていないことは、
薄々わかっているんじゃないかと思い、
余計なことは言わずにただ話を聞くことにしました。
それが功を奏したのか、言うだけ言って泣くだけ泣いた彼女は落ち着きを取り戻し、
少しずつ笑顔も見られる様になり、
最終的には彼女が私に、話を聞いてくれてありがとうございましたとお礼を言って、
時間はかかりましたがその場は無事に終わりました。

次の日、私は男性に対し、
彼女に気持ちがないのならまぎらわしい態度はとるなと注意をしました。
それからは女性も冷静さを取り戻したのか、元の状態に戻りました。

その後すぐに私は別の職場へ異動になったのですが、
しばらくして人づてに彼女がお見合いをして結婚したことを聞きました。
そして男性も同じような時期に取引先の女性と結婚をしました。
二人ともまだ二十歳過ぎでしたので少し驚きましたが、
どちらもすぐに子供ができたと報告があり、
久しぶりに会った時には幸せそうで、結果、とても良かったと思います。

このことで私は、
人は誰かに何かを相談する時は、
案外冷静に自分が置かれている状況をちゃんと理解しているものだなというのと、
自分のことを誰かにちゃんとわかって欲しいと、
思っているものなんだなということを感じました。
思っていることを何でも言えるものではありませんから。
それだけに人に気持ちを伝えるのはむずかしいですね。

[KAZSOU]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんだかジメッとした話ですが、結論には納得。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR