FC2ブログ

弊害

遊びながらひらがなを覚えるという目的の、
“あいうえお積み木”とでも呼ぶのでしょうか、
ひらがなとちょっとしたイラストが描いてある子供用の積み木、
誰でも目にしたことはありますよね。
『う』と書いてあって、ウサギの絵が描かれている、みたいな。

先日、この“あいうえお積み木”を、とある方からいただきまして、
さっそく、4歳の息子と遊んでみることにしました。

まず、テントウムシが描かれた『て』の積み木。
これはなんという字かしら?という私の質問に、
息子曰く、「えっとぉ・・・『れ』!」
・・・おおっと。

気を取り直して、ナスが描かれた『な』の積み木。
今度はなんという字かな?と聞く私に、
息子は元気よく「・・・『え』だっ!」と答えます。
テキトーに答えてるんでしょうか、ぜんぜん当たらない。

もう一度だけ、シカが描かれている『し』の積み木。
息子の答えは「う~んとね、『でぃ』!」ですって。
いやいやいやいや、『でぃ』って何だよ、50音じゃないじゃん。

タネ明かし。

ワケが分からなかったので、息子に聞いてみたところ、
テントウムシの『て』、ナスの『な』、シカの『し』ではなく、
ladybug の『れ』、eggplant の『え』、deer の『でぃ』だそうで、
つまり、絵を見て英単語を連想し、
その頭文字を発音してみたのが息子の回答だそうです。
なるほど、そういうことか。

1歳からイングリッシュスクールに通っていた弊害でしょうか、
彼はひらがなをロクに読めないということが判明。
描かれた絵を見てひらがなに親しもうにも、
絵を見て連想するのがテントウムシではなく ladybug では、
ひらがなに親しむどころか、積み木の製作意図を超えた事態です。

たまに、『い』を『え』と発音する江戸っ子おじいちゃんもいますが、
ウチの子も、このままでは『し』を『でぃ』と読む江戸っ子少年になってしまいます。
・・・まぁ、そうはいっても、
10歳になっても20歳になってもひらがなを読めないなんてことはあり得ないので、
特に慌てたりはしていませんけどね。

代わりに、彼は英語は堪能なようで、
『へ』の積み木に書かれているヘチマの絵を見て luffa、
『り』の積み木に書かれているリスの絵を見て squirrel と言っていました。
・・・・・・ほほう。
ヘチマとかリスとか、英語でなんて言うか私は知りませんでしたが、
そんなこと知っているんだ、4歳児。
彼にとって『へ』は luffa の『る』、『り』は squirrel の『す』なのかもしれませんが、
それはそれとして、なんかすごいですね。

ちなみにこの積み木、『ゆ』のイラストは雪だるまです。
銭湯好きの息子は、もともと『ゆ』だけは読めるみたいですが、
描かれているイラストは snowman であり、
「ん? 『ゆ』は『ゆ』だよね? スノーマンの 『す』?」とか、混乱しています。
面白いので放っていますが。

さらにちなみにこの積み木、『き』のイラストはキュウリです。
なぜ、キリンとかキツネではなくキュウリなのか、センスを疑いますが、
キュウリは giraffe でも fox でもなく cucumber、
偶然にも、日本語でも英語でもどっちも『き』なので、
唯一、息子が正解できる単語です。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR