FC2ブログ

ソロ

NHKで放送されているドキュメント72時間という番組があります。

日本各地の街角の片隅等にカメラを設置し、
そこに訪れる人々の会話や出会いを3日間撮影し続けるといったもので、
本当にそれだけの番組です。

それを見ると、人の数だけ人生があり、ドラマがあるんだとしみじみ思わされます。
みんな生まれる場所や時代を選ぶことはできません。
壮絶な過去、平凡な日々、偶然の出会い、大切な人との別れ、
それぞれの人がいろんな事情を抱えていますが、
不思議なことに、皆さんうまく折り合いをつけて生き生きとしているように見えるのです。
人間は本当にたくましいなと思わされます。

番組のエンディングになると、
松崎ナオさんという女性シンガーが歌う「川べりの家」という曲が流れます。
上手いのか下手なのかよくわからない(個人の感想です。すいません。)独特のボーカルと、
何とも切ないメロディーが番組の内容とよくマッチしています。
 (特設 ⇒ http://www.nhk.or.jp/d-navi/vr/72h-2/ Enterから
その曲を聴きながら、いつも自分はどうだろうかと、
自らの人生を考えさせられてしまいます。

私は昔から自分一人の時間をわりと大切にしています。
しばらく一人になる時間がなかったなと思ったときは、
意識的に一人の時間を取ることもあります。
特別なことをしている訳ではなく、
例えば本を読んだり映画を観るとか、
前から気になっていた所に行ってみたりといったことです。
一人きりで何かに没頭することで、
結果的にストレスが解消されてスッキリするんです。


数年前から「ソロ充」という言葉を耳にするようになりました。
「リア充」は現実の生活=リアルを充実させている人のことを指すのですが、
そこから派生した言葉で、ひとり=ソロを楽しむことができる人のことを指します。
いわゆる「おひとりさま」のことです。
楽しんでいるので、ひとりぼっち=「ぼっち」ではないということです。

例えばひとりカラオケだったりひとりご飯のような、
ひとりでの活動=「ソロ活」を好んでします。
今ではひとりで休日を楽しむための過ごし方を紹介した雑誌がいくつもあり、
旅行会社でもおひとりさま限定ツアーを組んだりと、
かなり世の中に浸透しつつあります。
特に女性の割合が多いようです。

私は旅行に行くほどひとりが好きなわけではありませんが、
やろうと思えばひとりでも楽しめることが増えるのはとてもいいことだと思いますし、
女性が気軽にひとり旅に出掛けたり行動できるというのは,
やはり日本はまだまだ治安がいいのかなとも思います。

昔に比べると休日がずいぶん増えてプライベートな時間が多くなったわけですから、
時間の使い方もどんどん多様化しますよね。
これからも、こんなことまでひとりでやれるようになったんだということが、
もっと増えそうな気がします。

[KAZSOU]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR