FC2ブログ

「責任者出てこいっ!」

人生幸朗という人は、昔よく、「責任者出てこいっ!」 って、
いろんなことに文句を言っていましたよね。

私自身は、前に富山の政務活動費不正の報道について述べたように、
「責任者出てこい!」的な気持ちになることはほとんどなく、
その政務活動費の問題すら、どうでもいいと思ってるほうなのですが、
もう少し大きな話になると、少し憤っていることもあります。

15年ほど前、2000年代前半、小泉首相のころだったと思いますが、
日本の赤字国債発行額はせいぜい500~600兆円でした。
当時はそれでも「多いなっ!」と思ったものですが、
現在では1000兆円を超えています。
もっと言えば、さらに15年ほど前の中曽根内閣のころ、
確か財政赤字は100兆円ほどだったと思うのですが、
そのころと引き比べ、現在のこのありさまはどうしたことでしょう。
当時は100兆円ですら“ヤバい”ということで、
メザシの土光さんが臨調の会長になり、必死で借金を減らそうとしたのに、
現在では逆に借金が10倍に膨らんでいるという状況で、
土光さんも草葉の陰で泣いておられることでしょう。

このことについて公式の見解はないのでしょうか。
借金を10倍にしてしまったというのは、
ついうっかりのようなレベルではありません。
借金を10倍にしてしまったことについて、
その間、政策の采配を職業としておられた歴代の政治家諸氏から、
この経済失政について、何か一言ぐらいあってもよさそうな気もします。

もちろん、経済の低迷は、政治家のせいとだけは言えません。
日本に対するブロック経済の役割を担ってきたと思われるEUの影響や、
ビル・クリントンによるアメリカの対中親和政策等の日本包囲網など、
経済の停滞にもいろいろな要素があることは承知しております。
しかし、やはり国内的な政策の誤りも少なからず影響したと私は思います。

というのも、ちょっと飛躍的に表現するなら、
この10倍に膨らんだ借金は、選挙対策の浪費だと私は踏んでいます。
選挙対策といっても、投開票を行うための必要経費ということではありません。
選挙で支持を取り付けるためのバラマキ政策に使う費用のことです。
格差是正とか、支援拡大とか、補助金増額とか、
そういう、札束をチラつかせるようなバラマキ政策で票を買っているわけで、
当選後、その政策実現に必要な費用が積もり積もって、
つまり、選挙前に言った耳触りの良いことを実行するために散財した結果、
現在では日本国債の発行高1000兆円というわけです。

まぁ、何かというとすぐに国民に寄り添うふりをしながら、
とにかく政府を責めたてて、補助金だ無償化だと、
バラマキを引き出そうとするマスコミも悪いんですけどね。

借金を10倍に膨らませ、負債額1000兆円にした
という、その罪の重さは相当なものです。
それは、昨年、富山で伝染病の如く大流行した政務活動費問題、
やれ、不正受給して茶菓子を買っただの、
やれ、領収書を偽造してだまし取っただの、
確かにいけないことだとは思うのですが、
1000兆円に比べたら寸借詐欺みたいなもんです。
舛添知事も、数十万ほどを私的に使用したことを突っ込まれまくっていましたが、
それにしたって、1000兆円から見れば屁みたいな額です。
だって、1000兆円ですよ、1000兆円。
これが炸裂すると日銀は吹き飛び、世界恐慌だって起こるかもしれない金額で、
その罪の重さは、政務活動費などの比ではありません。

そりゃ、責任者出て来い!って、さすがの私も思いますよ。

しかし、そういうことに思いが至っている人は少ない気がします。
負債額1000兆円と言われても金額が大きすぎてピンとこないし、
そもそも特定の誰か一人の責任ではないので責めにくいのに対し、
たとえば政務活動費とか前知事の専横とか、
規模がせいぜい数百万円で、感覚的にピンときやすいうえ、
不正を働いた人物が明確な個人なので、責めやすいのでしょう。
ハナからそのようにマスコミに誘導されている感じもします。
はっきり言えば、私たちは騙されていますよ。
“木を見て森を見ず”ではないですが、
森を見ないように誘導されている感じがするのです。
森が大変なことになっているにもかかわらず、です。

ちなみに、アベノミクスって、このまま進めると危ないと私は思っています。
日本銀行は、市場に資金を大量に流すために、
“国債の引き受け”というのをやっていますよね。
手元に正確な資料がないので、はっきり言えませんが、
確か、毎年80兆円くらいずつ新規に引き受けていて、
すでに400兆円ほどになっていたかと思いますから、
そろそろ500兆円に達しようかというところです。
500兆円というとですね、日本の名目GDPとほぼ同額です。
つまり、国内の全経済活動の合計額と、
日銀の国債引受額が同程度ということで、
どう考えてもこれは異常で、危険な状態でしょう。

繰り返します。
そりゃ、責任者出て来い!って、さすがの私も思いますよ。

人生幸朗 http://garakuta.chips.jp/blog/archives/2011/10/31220050.php

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ああ、確かにそうですね。
会社だったらヤバいっすよね。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR