FC2ブログ

ズレる?

JALの機内誌であったか、どうだったか、
何で読んだのだったかははっきり覚えていないのですが、
何かの雑誌に載っていた、作家・浅田次郎さんのエッセイを読みました。
その、読んだ回は「ズレる」というテーマで、
薬の服用、インスタント味噌汁、原稿の締切日、運転免許の更新など、
いろいろなズレに困惑する様子が描かれていました。

すなわち、大病を患ったせいで6種類だかの薬を服用している浅田さん、
2ヶ月に一度、通院して処方される6種類の薬が、
きちんと決められた用量で正しく飲んでいるのに、どういうわけか、
次に通院する頃に6種類が同時になくなっておらず、
つまり、飲み終わりがズレるのは不思議だ、とか。

あるいは、インスタント味噌汁が好きでよく飲む浅田さん、
10食分ほどがセットになったインスタント味噌汁を飲みきるころ、
味噌のパックだけがどういうわけか先になくなることがあり、
豆腐とネギの乾燥具材だけが余ってきたりして、
つまり、味噌と具材の使い切りがズレるのは不思議だ、とか。

まぁ、エッセイとしてはなかなか面白いのですが、
そんなの、決められた用量で正しく服用していなかったからに違いないし、
味噌だけどこかに落としたか、何かに使ったのに違いないと、
ツッコミどころはそれなりにあるので、
大人が真剣に不思議がるようなことじゃないような気はします。

いずれにせよ、そういうエッセイを読んだのですが、
たぶん、それを読んだのが飛行機内で、特にすることがなかったためか、
自分にもそういうエピソードがあったかしらと、
ヒマに任せて「ズレる」をテーマに、ちょっと考えてみたわけです。

ひとつ思い出したのは、餃子です。
たとえば、今日の夕飯は餃子にしましょうと思ったとして、
みなさん、タネと皮、同時に使い切れませんよね?
私の経験では、先にタネを使い切ってしまい、
皮が余るというパターンが多いのではないかと思うのですが、どうでしょう。
もっと緻密に計算して、タネを多めに作っとけよという話は、ともかくとして、
タネが余る分にはピカタみたいに焼いて食べれば残らないのですが、
皮のほうが余ると始末が悪く、余った皮は冷蔵庫に戻り、
次の出番を待つことになるわけですが、イマイチ使い道がないうえに、
スープやグラタンに入れて消費したとしても、
入れ目が多すぎてなかなかなくならないのです。
そのくせ、足だけはそれなりに速いという、
餃子の皮って、ちょっと迷惑な気分の食材です、よね?
みなさん、どうしてますか?

食材というつながりで言えば、卵白も困りますよね。
カルボナーラなど、卵白を混ぜると水っぽくなる料理の場合、
卵黄と卵白を分けて卵黄だけを使うことになるわけですが、
みなさん、この残った卵白は余りがちですよね?
もとは生卵なので、餃子の皮以上に早く使い切りたいのですが、
思いつくのはスフレやメレンゲやチュイールばかりで、
それはカルボナーラ作っているときに一緒に作るようなものでもないため、
いちおう、湯呑みか何かに入れてラップをして冷蔵庫にしまうことになるのです。
餃子の皮と同様に、スープなどに入れて消費することは可能ですが、
単独で使ってもただ白いだけで見た目が悪くなるので、
結局全卵を足さねばならず、なかなか使い道がないのです。
みなさん、どうしてますか?
私は以前、試しに卵白だけの卵焼きを焼いてみましたが、
本当に真っ白けで、なんだか興奮しない料理でした。

と、思っていたら、40年以上続いている土井善晴さんの料理番組「おかずのクッキング」で、コウケンテツさんが、唐揚げの衣には卵白だけを使ったほうが食感がよくなると言っていました。ははぁ、なるほど。これで今後は卵白の使い道に悩まなくて済みそうです。

・・・・・・探すと意外とあるもんですね、「ズレる」
そういえばシャンプーとコンディショナーも同時に使いきれないものですし、
粉末や液体になっている洗濯用洗剤はちょうどよく使い切れなかったものです。
「ズレる」は、あんまり気づいていないだけで、意外とあるもんです。

そう思って世の中を見ると、商売のタネというか、
アイデア次第で世の中はどんどん良くなるのではないかと思ったりもします。
最近では、たとえば、いまほど触れた洗濯用洗剤についても、
1回分ずつコンパクトに加工された洗浄ボールがヒット商品になっていますし、
食洗器に投入する洗剤も、量が分かりやすいようにボールになっていたりします。
これらは、昔はスプーンで粉末を計って入れていたようなもので、
いちいち計らなくてよい分、便利になったものです。
ほかにも、1人用ずつパッキングされた鍋の素なんていうのも売られていますし、
つまり、世の中では、
「ズレる」ことがないよう、工夫された商品がヒットしているような。

アイデアは異質なものの組み合わせが肝要と言いますが、
薬の飲み忘れ防止のカレンダーが重宝されるように、
「ズレる」ことがないよう、工夫するところにも、
なにかヒントがあるような気がしてきます。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR