FC2ブログ

遠くをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す

私は、地域や日本の将来が安泰であるためには、
子供たち、なかんずく幼児から小学生の基礎教育が大事と考えているので、
ライフワークとして、子供の教育に関わっています。
「地域の子供たちがすべからく立派な大人に」という視点で取り組んでいるので、
子供の学校に関わるPTA活動とは違い、
私は、いくつもの幼稚園や小学校に出入りしています。

その複数の幼稚園・小学校で、このところ、共通して気になることがあります。

ひとつは、役員になりたがらない親のことです。
新年度が始まる時、クラスのPTA役員を決めると思いますが、
これをやりたがらない人が多いです。
やれ「仕事が忙しい」とか、やれ「下の子が小さい」とか、
自分ができない理由を力説します。
この件について、私はその場では発言しませんが、
そういう親御さんを密かに軽蔑しています。

繰り返しますが、私は、地域や日本の将来のために、
子供たちを立派な大人にする教育が一番大切と考えている者ですので、
子供は社会全体で、正しく、教え導くものであると思っているのです。
PTA役員は、地域や日本の将来を担う子供たちのために行う活動ですから、
ここは万難を排して子供が優先だろうと思っています。

いや、「仕事が忙しい」とか、個人の都合も理解はするのです。
確かに、しょうもない活動をしているPTAもあるとは思いますし、
そんな活動に時間を割いていられるかという主張も、もっともかもしれません。

結局、学校側からの「いつかはどこかでやってもらいますので…」という言葉で、
半ば丸め込まれるような形で、渋々、誰かが選任されるわけですが、
その渋々感を見ていると、地域や日本の将来を担う子供たちのためなのに、
どうしてそんなに消極的なのだろうかと、私の感覚としては不思議です。
もう少し、積極性を持っても良いのではないかと思うのです。

ところで、当社は毎月1回のペースで社内学習会をやっているのですが、
昨年度に取り上げたテーマは、ご存じコヴィの『7つの習慣』です。
『7つの習慣』については、もはや説明はいらないと思いますし、
長くなりそうなので、ここでは割愛しますが、
その7つの習慣のうち、第3の習慣として挙げられているのが、
“重要事項を優先する”という項目です。
緊急性を横軸に、重要性を縦軸にとったグラフを描いた際、
「緊急性は高くないが、重要度が高いこと」の象限を“第2領域”と呼び、
この第2領域の活動の優先順位を高めていくことが大切だと言われています。
まぁ、平たく言えば将来の役に立つような活動ということですね。
そして、第2領域の活動は、意図的に優先していかない限り、
「緊急性が高く、重要度も高いこと」(第1領域)、
つまり毎日の生活に追われる、その日暮らしの毎日になるということです。

PTA活動など、子供と関わることというのは、
別にどうしても今日やらねばならぬことではないし、
頑張ったところですぐに効果は出ないので、緊急性としては低いでしょう。
しかし、子供たちを立派な大人にする、大事な活動だという認識に立てば、
その重要度はそれなりに高いはずであり、
つまり、「緊急性は高くないが、重要度が高いこと」となるわけで、
私は、子供とかかわることは第2領域の活動に違いない思うのです。

PTA活動を回避しようとなさる親御さんは、
一生懸命に「そんなことやっている場合じゃない」と訴えます。
それはつまり、「緊急性が高く、重要度も高いこと」、
すなわち日銭を稼ぐ第1領域に追われるているということであり、
将来に対する活動ができていない状態ということになります。

子供と関わることは、国力に関わる第2領域の活動です。
極論すれば、これより大事なことは無かろうと思います。
確かに毎日の生活において、第1領域に忙殺されるのも致し方ないですが、
「遠くをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す」と言うではないですか。
要するに目先の自分の都合ばっかり言うなよって話です。

第1領域も確かに大事ですが、
もう一段、視野を高く持って、“遠くをはかり”、日本の将来を思うなら、
第2領域に意識を向けることって、本当に重要だと思います。
それぞれの親御さんに、考えてほしいことです。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いや、そうは言っても、仕事が忙しいし・・・
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR