FC2ブログ

こりゃ、たまらんです。~魅惑の・・・(番外編)

このところ、聖徳太子について、実在したのかしなかったのか、
ちょっと、本人にとっては切ない議論があったりしますが、
仏教の観点からいえば、もともと外国の宗教であった仏教の、
日本への布教を強力に推し進めたという点で、聖徳太子は重要な人物です。

たとえば、推古31年(623年)造立の法隆寺金堂釈迦三尊像は、
聖徳太子の病気平癒を祈念し、渡来人・鞍作止利によって作られたもので、
この仏像は、止利様式と呼ばれ、大胆と簡潔かつ、規則正しさが特徴です。
飛鳥時代(530年頃~645年頃)の仏像って、実は、私はあまり好きではないのですが、
この仏像に関していえば、好きとか嫌いとかいうことを超越した、
仏像を好む者にとっては“必修科目”みたいな仏像です。

法隆寺金堂というのは、法隆寺の中心と言ってよいお堂ですが、
釈迦三尊像はその中央に安置されています。
この像の特徴は、上下の瞼を対称にした「杏仁形」と呼ばれる目と、
「仰月形」と呼ばれる口角の上がった三日月形の唇、
それから、全体が遠目に二等辺三角形のように見える規則正しい裳懸座でしょう。

しかし、いまから思い起こしてみるに、金堂内は薄暗いのです。
釈迦三尊像は金銅仏なので、制作当初は全体が鍍金され、
まばゆいばかりの黄金の光で堂内を満たしていたはずですが、
なにしろ1400年も経っている仏像ですから、
長い歳月の間に、鍍金が剥がれて銅青が顔を出し、
全体がもわっと深緑色を帯びています。
また、仏像の手前に竹でバリケードが築かれているため、
釈迦三尊は少し遠目に眺めることしかできません。
したがって、遠目からでも分かる裳懸座は別にしても、
暗い堂内では、その場で表情まで読み取ることは難しいものです。

本来の堂内の様子 こういう感じですね。
http://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/photo.aspx?id=20080212000235&no=1

まぁ、要するに、国宝ともなれば、近くでは見られないということです。

さて、ところがですね、政府の地方創生事業の支援を受けて産官学が連携し、
最新技術によって、門外不出の法隆寺金堂釈迦三尊像を再現したといいます。
まず、東京藝術大学が法隆寺や文化庁の許可を取って実物を計測し、
その解析データを基に3Dプリンタで原型を作って、
それを使い、富山の伝統工芸である高岡銅器や井波彫刻の職人が、
鋳物や彫刻の技術で国宝を再現したという、えらく挑戦的な取り組みです。
興奮しますよね。

その完成品が、富山県高岡市に展示されるというので、行ってきました。(なんと、無料です。)

いや、こりゃ、たまらんです。

再現釈迦三尊 近くまで行けちゃう

こんな近くまで行けちゃいます。
ちなみに、この写っている人々は、内陣に入って直下まで近づいている人。
私は外陣からそれを写真に撮っています。
つまり、私のいる外陣でもこんなに近くまで寄ることができます。

私も靴を脱いで、内陣に入ってみます。(なんと、無料です。)
私が行ったのは休日で、わりと人出は多かったのですが、
数人ずつ内陣に入れるよう誘導されていて、混乱はありません。

再現釈迦三尊 触れちゃう

ちょっと見てください! 触れます!
いやいや、こりゃ、本当にたまらんです。
もちろん法隆寺で仏像を触ったら、すぐに警備員が飛んできて、
良くて摘まみ出されるか、悪くしたら逮捕されますが、ここでは触れます。

まぁ、レプリカといえばそれはそうなのですが、
そもそも、レプリカにしても何にしても、
仏像というものは離れた場所から見上げるように拝む対象であり、
仏像の至近距離まで近づけるばかりか、
触って質感を知ることができるなんて、
そうそうできる経験ではありません。

また、本物の釈迦三尊像は、
光背という、いわゆる後光の裏面に文字が書いてあって、
その内容から、製作年とか、あぁ病気平癒のためなのねとか、
いろいろなことが分かるのですが、
前述のとおり、正面の離れたところからしか拝観できないので、
光背などというものは一般の拝観者が観ることのできるものではありません。
しかし、この再現像では、後ろに回り込めるばかりか、
書かれている文章までも再現されていて、
再現の細かさに感嘆してしまいます。
これも、マジでたまらんです。

再現釈迦三尊背面

そして、今回の展示のなかで、とりわけの白眉は、
ちょっと邪道かもしれませんが、3Dの鋳造原型です。
たとえば、奈良の大仏とか、大きな仏像を作るときなど、
通常は、先に、少し小さなモデルを作ってみるもので、
今回も、そのような位置付けで、
3Dプリンタで出力した樹脂製の鋳造原型展示されており、
これが内面からライトアップされていていました。
飛鳥時代にライトアップなどないので、
このような演出は現代の技術ならではのことでしょう。
私は、このようなものを観たのは初めてでしたが、
その一点においてだけでも、現代の人間で得したなぁと思いました。
それはそれは美しく、幻想的に輝いていました。
しつこいようですが、たまらんです。

釈迦三尊像 3D原型

また、もうひとつの注目は、飛鳥時代のそれでは絶対にありえないけど、
今回のバージョンでは鋳型が展示されている点です。
古式の鋳型は砂で、脆いうえに別に使い道はないので、
そのようなものが遺されていることは稀ですが、
今回の場合はそこの技術を誇っているため、ゴム製の鋳型が展示されています。
これも、普段、なかなか見ることのできないもので、
ちょっと見惚れます。

中尊石膏型 ゴム型
(実際にはメイン本尊の手前に鋳型の展示があるので、これから観る本尊への期待を煽られます。)

どうでしょうか。
もはや、私が興奮していることしか伝わらないかもしれませんが、
それも本望です。
20日まで展示されているらしいので、
遠からん方はぜひ拝観されることを、強くお勧めいたします。

詳しくはこちら ⇒ http://www.info-toyama.com/db_img/cl_img/80394/document.pdf

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR