FC2ブログ

自己責任

ゴールデンウィークも終わりましたね。

昨年のゴールデンウィーク明け、私はおなかを壊していました。
そうです、「焼肉酒家えびす」の集団食中毒です。
死者が出たその店舗で、その日にユッケを食べてしまったため、
ゴールデンウィーク中は腹痛に苦しみながら過ごしたものです。

幸い、私自身は大事に至らなかったのですが、
近くのテーブルの方が亡くなったと思うとゾッとします。

1年が経って今年。
世の中からユッケが消えました。
そればかりか、レバ刺しも消えました。

私は、別に生肉の愛好家でもないし、
焼き肉も特に好きではありませんので、
別に生肉が禁止になっても私自身の生活には支障はないので、
食文化うんぬんを言うつもりはありません。

ただ、あの事件は、
被害者が多かったのでインパクトはありましたが、
一部の心ない業者によるいいかげんな処理が原因でした。
要するに、
「安さを追求するあまり、
悪いことをするやつがいた」

というのが本質であり、そいつを罰すればいい話だったと思います。

それなのに全面的な見直し。
何度も言いますが、私は、別に生肉の愛好家でもないので、
別にどうだって構いませんが、
何なんでしょうか、その、
全体主義的な感じは。


今年のゴールデンウィークはどうだったでしょうか。

高速バスで事故が起きました。
悪いのは「陸援隊」であり、運転手です。
やっぱり
「安さを追求するあまり、
悪いことをするやつがいた」

というのがこの事故の本質であり、
高速バスという移動手段自体が悪いわけではないのに、
何なんでしょうか、この、「高速バスって怖いね」という雰囲気は。

原発事故もそうです。
福島の事故と全国の原発の安全性とは無関係なのに、
いまや「原発って怖いね」ということになっています。
あの事故は災害に対する想定が甘かったとか、
そういう反省はあるにしろ、
技術的に何か問題があったわけではないでしょう。
私は、経済的な観点からも、世界的な貿易の見地からも、
原発は再稼働させるべきだと考えています。

こういう考えって、
「自動車は事故を起こす危険があるから禁止」とか、
「飛行機は墜落するかもしれないから禁止」のような感じです。
じゃあ、何であれば安全なのかって話です。
少し前に頻発しましたが、
「クルマが突っ込んでくるから、道を歩くのは禁止」ですか。

事故や事件は、当事者が悪いのであって、
そこから反省して教訓を学ぶのは有意義だとしても、
大騒ぎして世論を煽り、結果として規制を強化するのって、
間違っていると思います。

ユッケを食べたければ、自己責任で食べればよいし、
高速バスも自己責任で乗ればいい。
原発が怖いなら、遠くに引っ越せばいい。

自己責任です。

なんで、いつも「3歩進んで2歩下がる」ではなく、
なにかあると50歩くらい下がってしまうんでしょうかね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR