fc2ブログ

おせち料理

今、どれくらいの人がおせち料理を好んで食べておられるでしょうか。
どれくらいの人がご自宅でお節料理を作っておられるでしょうか。
おそらく、昔に比べ、かなり減っているはず・・・。
しかし我が家は、毎年大みそかにおせち料理をつくって、お正月に食べています。

最近は色々なところからおせち料理が売り出されていますよね。
有名料理人が作ったものや、
中華風、フレンチ風、そして、コンビニからも、おせちが出ています。
きっと需要があるから出るのでしょう。
実は嫁ぎ先でも、私がお嫁に来る前に一度、
市販のおせちを試しに買ったことがあるそうですが、
食べるものが殆どなかったそうです(少なくとも、嫁ぎ先のお宅には量や中身が合わなかったようです)
それで、やはり作った方がいいね、ということになって、
それを嫁である私が引き継いでいます。

作ると言っても全部作るわけではありません。
買ってそろえるものもたくさんあります。
一の重に入るもののほとんど(だて巻きやくりきんとんなど)は、
買って詰めるだけです。
それでも我が家流のお正月料理もあり、
黒豆、バイ貝煮、サスの昆布締めなど15種類は作ります。
しかもお正月に台所に立たないように三箇日分は用意するので、
お煮しめの量なんて半端ないです。

ご想像の通り、まあ、大変です。
プラスお雑煮の準備や年越しそばもあり、大晦日は一日中立ちっぱなしです。
そしてさらには、(大晦日にはさすがにしませんが)
一昨年から始まった我が家だけの餅つき大会があるので、
(とはいっても機械です、モチろん・・((;´∀`)))
年末の慌ただしさと言ったら、そりゃあ、すごいです。

さらに言えば子供の誕生日が大晦日なので、これまた慌ただしいです。
大みそかに紅白見ながらハッピーバースデー歌い、
年越しそばのあとにケーキ食べてます。


正直、時間はかかるし、材料費の方が市販のお節を買うより高くつくし、
第一、子供たちも喜んで食べるわけではないので、考えるところはあります。
一生懸命たくさん作っても、
お煮しめなんてこの機密性のいい住宅事情により、日持ちもしません。
子供たちが好んで食べるものといえば、だて巻きと御餅くらい。
しかもお雑煮ではなく、焼いて食べるほう。
そしてだて巻きは買ったものというという、
なんとも言えないこのせつない感じ。
本当は作ったものを食べてほしい。
でも子供が好きなお節料理なんて、あまりないですよね?
(ちなみに私が子供の頃好きだったのも、買ってきて詰めただけのだて巻きでした。)

お正月はどこかに泊まりに行ってゆっくり過ごすわ、っていう方や、
外食ですますから、って方、
里帰り先で食べれるし、という理由で、おせち料理を作らなかったり、
食べなかったりするご家庭が増えていると思います。

でも。それでも。

個人的にはおせち料理はぜひ食べてほしいし、
できればご家庭で準備していただきたいと思います。
私は日本文化が好きなので、こういった伝統的な文化を継承したいと考えています。
たった一品でもいい、こう言う謂れがあって、
お正月にはこれを食べるんだよ、という日本文化を、
ぜひ後世につないでいってほしいです。
外国人に聞かれた時に、ちゃんと伝えてあげられる人に、
子供たちになってもらいたいのです。


炬燵でおせち料理をつまみながらお屠蘇をいただく。
なんて素敵なのでしょう。
私はそんな日本ならではの光景が大好きです。
欧米化が進んでいく中、
それを多くの方が望んでおられるのかもしれないけれど、
それでも日本らしさは失ってはいけない気がします。
伝統には素晴らしい価値があると思います。

そんな思いを込めて、今年の年末も、
大きな複数の鍋達と蒸気に包まれながら、台所に立ちます。
義弟のお嫁ちゃん、助っ人宜しく!

[Okei]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

美味しいかって言われると・・・ちょっと・・・ねぇ。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR