FC2ブログ

しわ

私が彼女を見て、そんなことはこれっぽっちも思ったことはありませんが、
弊社の Okei さんは、ご自身の顔のシワについてお悩みのようです。

まぁ、悩んでいるなどと言いながら、
元来が怠惰な彼女のこと、パックすら続かないそうで、
結局、シワは刻むに任せていて、何もしていないようですが。

さて、東京・半蔵門の一心堂本舗というお店では、
“養生逸品”というのを取り扱っています。
“養生”というと、なんとなく貝原益軒を連想しますが、その通りで、
彼が書いた「養生訓」という江戸時代の書籍にあやかって、
長寿を全うするための、食と暮らしを大切にした品々を集め、
“養生逸品”として売り出しているのだそうです。
具体的には甘酒とか、ゴボウ煎餅とか、富有柿飴とか、生姜飴とか、
生薬歯磨き粉とか、薬草の入浴剤とか、そういうもののことで、
要するに、そういうものを売っているお店です。

この一心堂本舗、半蔵門とは書いてみましたが、それは本社で、
実際の店舗は、歌舞伎座とか、新橋演舞場とか、明治座とか、
なぜかそういうところにあって、おかきや飴や豆菓子を売っています。

この地味なお菓子屋さんに数年前から異変が。
店舗所在地の関係か、ここ数年、このようなものを売り出しています。

フェイスパック0001

キャッチコピーは「美しくなりながら歌舞伎役者になれる」
果たして、そんな必要があるかは別として、
地味なお菓子屋さん、攻めましたね。
このチラシを4歳の息子に見せたら、
「あっ、源五郎だっ!」と大興奮していましたが、
確かに、この絵柄は人気演目『暫』の鎌倉源五郎景政の隈取です。
他に『船弁慶』の平知盛の怨霊隈取もあるとのこと、攻めてますねぇ。

そして、本当に攻めてると思うのは開発の経緯です。
繰り返しますが、発売元は地味な菓子屋です。
インターネットでデザインコンペの作品を検索していて、
とあるコンペの学生の部準グランプリの作品を見てひらめき、
すぐに電話して商品化を申し出たとのこと。
なんだかナポレオン・ヒルのようなスピード感です。
しかし、菓子屋であるがゆえ、パック作りのノウハウなどないわけで、
作ってくれる化粧品会社を探して協力を依頼したものの、
10社以上にことごとく袖にされてしまいます。
最終的に7社での分業制を編み出して、このパックは作られています。
その熱意とめげない感じ、見習いたいものです。

このパック、今年の伊勢志摩サミットで、
参加国の代表に贈られる日本土産に選定されたそうで、
地味な菓子屋でも、頑張れば日本代表になれるのだということで、
やってみることの大切さを改めて感じます。
・・・・・・しかし、サミットでせっかくもらったからって、
メルケル首相とかが歌舞伎柄のパックをしてるかと思うと、
微笑ましいですよね。

ちなみに、歌舞伎に興味のない向きには、
KISSとか、ドロンジョとか、アクビちゃんみたいな、
アニメキャラクターバージョンも作っているみたいです。

フェイスパック20001 サムネイルです。拡大できます。

シワに悩むが飽きっぽい、弊社の Okei さん、
美しくなりながら歌舞伎役者になれるなら、パック、頑張れますかねぇ。
まぁ、ほうれい線は、漢字では「豊麗線」と書くそうです。
豊かで麗しい。
シワも魅力のうちだと思いますけどね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR