FC2ブログ

子供の頃の夢

私が2歳くらいのときの、
母との会話を録音したカセットテープを聞いたことがあります。
今も家のどこかにそのテープはあると思います。たぶん。。

そのテープの中で、母は私に問いかけます。
「大きくなったら、何になりたいの?」

私は1秒ばかり考えたのち、こう答えます。
「バナナ。」

衝撃的です。あまりに予想外。
テープの中の母は崩れ落ちました。そして大笑い。
「バナナになりたいのか・・・ハッハッハッ笑」
テープを聴いていた私も大いに笑い、おもしろくて何度も聴いてしまいました。

子供の頃の発想は自由です。
私は当時のことをまったく覚えていないので、
なにゆえ、食べやすく栄養豊富な、
南国のあの果物になりたかったのか定かではありません。
子供向けのバナナの歌が好きだったようなので、
その影響は間違いなさそうですが。

好きだから、それになりたい。
単純明快です。
その先は何も考えていません。

バナナになったら人に食べられる、ということに当時の私が気づけば、
泣いて嫌がるでしょうね。
よくわからない動物に食べられたり、落ちてただ腐っていく、
なんてなろうものなら大変なことです。

ここで思うのは、
この、自分の思いに素直になって、そうなることを望む、というのは、
大人になるにつれて失う部分かもしれない、ということです。

無論、好きな果物になりたい!と本気で言う大の大人がいても、
「すばらしい!応援します!」とは言いません。
ドン引きするだけだと思います。

ですが、
「好きだからそうなりたい」
「やってみたいからできるようになりたい」
という出発点は、
失うべきではないと思うのです。


大人になるにつれて、いろんなことを考え、いろんな傷を負い、
チャレンジの限界範囲がどんどん狭くなってきてしまっている人も多いかと思います。
夢を持たなくてよいという人もいます。
確かにやる気もないのに理想ばかりを語ったり、
本当に大切なものを見失ったまま、
夢を追いかけたりしていてはいけないと思います。

自分が本当に実現したいこと、本心で望んでいること、
それはなにげなく願っていることで、普段は気づかないことかもしれません。

それに気づいて生きていけるなら、
それが大きな夢じゃなくても、
その人は幸せに向かって進んでいけるんだろうと思います。

あなたの、心の中にある夢は、なんですか?

[Monsieur]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR