FC2ブログ

武将なら、誰?

「戦国武将なら誰が好き?」という質問をする人がいます。

これは困ります。
だって、戦国武将そのものに、あまり興味がないから。

ところが先日、
「自分が戦国武将なら誰だと思う?」
という質問に出会いました。
これは、「戦国武将なら誰が好き?」と似た質問に見えますが、
実は、切り口としてはかなり斬新で、興味深い質問です。

ん~、そうですねぇ~

実は武将タイプとして、学生の頃から気になっている一群があります。
それは、風流大名というか、
茶の湯ばっかりやっている大名です。
細川幽斎とか織田有楽斎みたいなのがこれにあたりますが、
このタイプは、武将でありながら戦陣ではたいした活躍を見せず、
もっぱら和歌や茶道のような分野で名を遺している人です。
群雄割拠のその時代に、そういう存在がどうやって成立していくのか、
私は中学生の頃から関心がありました。

ゆえに、冒頭でいちおう否定した
「戦国武将なら誰が好き?」という質問があった場合、
私は中学生当時から、古田重然、いわゆる古田織部と答えてきました。
彼は、賤ヶ岳の戦いにも小牧・長久手の戦いにも小田原征伐にも参加した、
れっきとした戦国武将なのですが、その武勇はさっぱり注目されず、
ただ、千利休の高弟としてのみが評価されています。

まぁ、これまで「古田織部になりたい」などと思ったことはありませんでしたが、
私も、武功を立てて認められたいと思うタイプではなく、
どちらかといえば茶の湯ばっかりやっていたいタイプなので、
「なりたい」というか、なれる方向性としては古田織部だろうなと思います。

だいたい、毎年『飛鳥の執念』とか書いているくらい、
私は飛鳥時代から奈良時代・平安時代くらいまでが大好きなわけですが、
何が好きって、別に直情的な血なまぐささが好きなわけではなく、
袍を身にまとってホンワカと行動していた、そういう文化的な部分が好きなのです。
そうなってくると、それを戦国時代で体現できる人物といえば、
やはり古田織部かしらって、思うわけです。

彼は、利休の死後、天下一の茶人となり、
茶の湯を通じて朝廷・貴族・寺社・経済界と様々なつながりを持つことで、
全国の大名に多大な影響を与える存在になっていったようです。
そのことから、武将の生き筋とは武勇だけではないのだなと、
昔から私は、彼に軽い憧れの感情を持っているというわけです。

さて、永年、そんな古田織部を愛してきた私なのですが、
ここにきて今年、とんでもないCMに出会いました。
大阪のフルタ製菓という会社のCMで、
「セコイヤチョコレート」という、
40円くらいのチョコバーを主力にしている会社です。
今年は発売40周年を迎えた「セコイヤチョコレート」に加え、
カントリーマアム似の「エブリワンクッキー」を新発売したとかで、
日曜の朝などにやたらと見かけるCMです。


https://www.youtube.com/watch?v=QgUn0ZUJiaY

どうでしょうか。

以前、耳に残るメロディーの話を書いたことがありましたが、
このCMも、リズミカルな太鼓と人をバカにしたような歌で脱力を誘います。
しかも、キャラクターとして古田織部を採用したうえに、
わざわざ大阪城天守閣蔵の歴史的な肖像画を採用して、
目から光線を発射したり、扇子を持って踊ったり、頬を赤らめたりと、自由。

そもそも、古田織部の家系は息子の代で断絶しているはずなので、
フルタ製菓とは関係がないはずなのですが、
たぶん、「苗字が同じだったから」程度の縁で採用された模様。
それなのに、フルタ製菓、なんとこのCMで、
古田織部美術館から「織部賞」を受賞したそうで、
すごいっすね、フルタ製菓。
「フルタで~す」じゃないっつうの。

と、私のような古田織部好きにはたまらないCM。
富山には“天神屋さん”という謎の商売があり、
この時期には天神の掛け軸とか木彫りの天神像など、
天神グッズのCMも盛んに放送されるのですが、
このフルタ製菓のCMのインパクトが強烈すぎて、
別のCMでちらっと天神の掛け軸を目にしただけで、
「おっ、織部か?」と思ってしまう始末。
いわんや子供なんか、CMの天神の掛け軸でもれなく、
「あっ、セッコッイヤ~ンの人だ!」とか、騒ぎます。

こうなると、自分の肖像画の目から光線を出されたりしたいわけではない私、
「自分が戦国武将なら誰だと思う?」と聞かれて、
「古田織部!」と答えるのも、ちょっと痛し痒しの感じもします。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR