FC2ブログ

止持戒

実を言うと、私は、自分に厳しいタイプです。
・・・と言うと、同僚たちの冷たい視線を浴びそうな気配もしますが。

仏教には『止持戒』と『作持戒』というのがあります。
どちらも「戒め」というか、「日々の心掛け」みたいなもので、
自分で決めて、自分で守る、まぁ、「マイルール」ですね。

『止持戒』というのは
「こういうことはしないでおこう」というものです。
私が決めている止持戒は、
細かいことは考えないでおこう」です。

だから、私は、細かいことは気にしません。
もともとそういう性格だったわけではなく、
どちらかというと繊細なタイプでしたが、
止持戒を決めて、努めてそれを守っているのです。
この点において、私は、自分に厳しいタイプなのです。

少し前に『考えない練習』という本が出版されましたよね。
その本では、「イライラ」「不安」は、練習で直せると説いています。
「イライラ」「不安」は自分の心が作り出しているものですから、
心をコントロールして、考えるのをやめてしまえば、
「イライラ」「不安」はなくなるはずです。

この本がベストセラーになったことからして、
これは現代人にとって求められている教えなのでしょう。

過ぎてしまったことをグズグズ後悔していたりしませんか。
起きてもないことを先回りして考えて悩んだりしていませんか。
他人からどう思われているか、気にしすぎていませんか。


そういうことを考えるのを、やめてみるといいのです。

人間は賢いですからね、
どうしても細かいことに気を取られてしまったりします。
「細かいことにこだわる」というのは、私たちの悪いクセです。
それにこだわることに、自己満足以外に、どんな意味があるというのでしょうか。

仏教では「心の平静」と言って、
穏やかな心の大切さを説いています。

細かいことにこだわらず、
穏やかで柔軟で大らかな心を持つことが心の安定の秘訣です。

たまに、なにか価値観の相違のようなことが起こったときに、
「オレはこういうのが一番嫌いなんだよ!」と大声を出す人がいますが、
これって、「オレはこういうことで心が乱れるんだ!」と、
わざわざ弱点を発表しているようなものです。
実にくだらない振る舞いだと思いますよ。

変に自分のなかにこだわりを持つから、
思い通りにならなくて
苦しんだり暴れたりするのです。


穏やかに生きたいものです。
変なこだわりを捨て、淡々と生きていると、
「一日一生」、今日死んでも悔いはない、そういう人生になります。
そして、そういう軸をキッチリ持っていると、
他人からの言葉に動じなくなります。

これは『考えない練習』でも述べられていますが、
他人からの言葉は平静な心を乱す大要因となりますので、
腹を据えて、他人からの言葉に動じないということは、
意外と大事なことです。

たとえば、苦しい夢を見てしまって寝つきが悪い人など、
心のコントロールはお勧めです。
過ぎてしまったことをグズグズ後悔せず、
起きてもないことを思い悩んだりしないことが重要です。
夢も、自分の心が上映しているものなのですから、
昼間の心を上手にコントロールすることが肝要だと思います。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR