FC2ブログ

産学懇談会

産学懇談会

10月17日、富山市のホテルを会場に、
富山県の中小企業経営者と県内外の大学の就職担当者が集まり、
新卒採用について意見を交わす産学懇談会が行われました。

大学の方と意見交換していて感じたのは、
「最近の学生は、会話能力は低いけれど、いい子たちです!」と、
企業側がおそらく抱いているであろう懸念を、先回りして自ら指摘し、
「それでもいい子たちだ」と訴える担当者の多いこと。
就職担当者の、親心にも似た学生への愛情を感じました。

確かに、会話が苦手な学生さんが増えたような気がします。
しかし、会話を使ったコミュニケーションに重要性を感じていないので、
彼らにとって、そこを磨くことに切迫感はなさそうです。
この点が、先輩世代にとっては理解不能なところで、
かつて若者だった先輩たちは、
いかに自分を磨いて、認めてもらって、実を得るということに、
それはそれは躍起になっていたものですが、
現在の学生たちは、そのようなことをモチベーションとせず、
寄らば大樹の陰というか、目立たない安定志向を求めているようです。

ざっくり言えば、かつての若者はアグレッシブで、
どんな大人になってやろうかと、欲望丸出しで行動的でしたが、
昨今の若者は、欲望を丸出しにしません。
というか、丸出しにするような、さしたる欲望はないようです。

しかし、それは、常識の変化にすぎないのかもしれません。

そういう部分で、私たちは、ついつい「最近の若者は…」と指弾し、
ちょっと批判的に学生たちを見てしまう癖がついているのかもしれません。

しかし、恋人もクルマも必要ないという価値観を持つ彼らに対し、
覇気がないとか、それの何が楽しいのかなど、切って捨てるのは簡単ですが、
そうは言っても、この先の日本の中心になっていくのは彼ら世代なので、
健全な社会のために、その一翼を担う企業としては、
騙してでも磨き上げ、
未来を創る人材に育てなくてはならない
わけです。

インターネットの普及とか、SNSの流行とか、
会話が下手になり、想像力が欠如し始めた理由はいくらでもあると思いますが、
それをいくら分析してみたところで状況は好転しないので、
環境は変わったけれど、必ずや磨き上げ、未来を創る人材に育てるという、
真摯な気概が、企業側に求められているということを改めて感じました。

アグレッシブな先輩世代にとっては、企業側から歩み寄るのかと思うと、
ちょっと本意ではないと感じるところもあるのですが、
そうしないと人材が確保できないという自縄自縛に陥るわけなので、
自社や、地域社会のためにも、そうせざるを得ないでしょう。

と、終始、やや苦しいセッションが続いたわけですが、
最終的には学生を育てるのも企業の責務ということでまとまり、
遠方からお越しの大学関係者の方のために、
富山の海の幸山の幸の酒肴が振る舞われ、
最後には民謡の披露なども飛び込むなど、盛会に終わりました。
大学関係者の方とのざっくばらんな意見交換は有意義で、
まだまだ様々な施策を考えねばなと、改めて再確認しました。

おわら節披露!

翌日は、フレッシュマン&チャレンジリーダー研修の最終日でした。
そのような苦労をして採用した新入社員(フレッシュマン)が磨かれ、
さらに、それが数年にわたって実力をつけ、リーダーになりつつあるのだと思うと、
一連の求人活動は繋がっているのだなぁと、感慨深い思いです。

フレッシュマン&チャレンジリーダー研修

[AKA]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR