FC2ブログ

小さくて大きい一人旅②

息子を見送る数週間前より準備しております。
新しい靴を買い、足慣らしをし、前日直前までしっかりと準備いたしました。
いよいよ1週間前に近づき、心の準備も。等と思っておりましたが・・・・
当のご本人は夏休み前の学校アンケートに、
「夏休みに四国へ行く事」の回答が、
しっかりと藁半紙へプリントされて帰ってきておりました。
親の不安などどこ吹く風ですよね。

ですが、心の準備が出来ない人が一人。

妻その人。

1週間前くらいになり、隠れて時折涙しているようです。
当然と言えば当然ですが、いまさらかよ。等と思ってみたり。
妻の顔から母親の顔になり、心ここにあらず。の状態でソファに腰かけていたり。
葛藤しておられます。
「不安かい?」の一言に
「向こうに着いてからは心配じゃないけれど、往復の飛行機乗り継ぎがね・・・」
の返事。

そこは息子を信じる所だし、
何より「分からない事があればチェックインの時に告げなさい」
と伝えてありますが、私自身も不安要素があるとすればそこ。

事前から「当日は家で見送る」と話していた妻ですが、
見送りの際にも涙出ておりましたよ。
その涙は不安と言うより、何か複雑な感情の涙に見えました。

前日に新潟より一緒の飛行機に乗る子が居る。と聞いていたので、
空港で合流いたしました。
少しは不安が解消された形ですが、帰りは一人なので先延ばしですかね。

いよいよ登場ゲートを越え見えなくなったところで即座に屋上展望台へ上り、
飛び立つまで見送りました。

飛行機が動き出し、妻へ写真送ろうとシャッター切っておりましたが・・・・

地面を離れた瞬間・・・・・

あれ?俺涙出てる!

ビックリしました。

今朝の妻の涙と同じだと思います。

離陸後の写真もう1枚撮りたい!と思っていましたが、霞んで写真が取れない!

不安なような期待のような嬉しいような寂しいような複雑な感情。

本当は搭乗ゲートくぐったら直ぐに会社へ行くつもりでしたが、
飛び立つまで見届けようと、
会社へ遅れていく旨伝えてあったので見届けたのでしたが、
思わぬ事態に驚きました。

搭乗ゲートで見送っていたら気付かなかっただろう複雑な思い。

良かったと思いました。

自分の新たな一面の発見です。

親としての成長ですかね。

いつか来る息子の巣立ちの予行演習です。

出発当日から実感できた我が家の新たな一歩です。

ちなみに弟君はお兄ちゃんの
「行ってきま~す!」の言葉のあと、
玄関締めてから大泣きしていたそうです。

お兄ちゃんの前で泣かない配慮に感服です。


私も飛び立った後なのでセーフかと。

妻は・・・・アウトですね。

新潟空港

[y2k2]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR