FC2ブログ

小さくて大きい一人旅

小学校の中学年頃から一人で電車に乗り、
片道1時間半くらい離れた祖母の家に一人で行っていました。
小さな冒険ですが、
とても不安で心細くてドキドキワクワクのほうが勝った冒険でした。
きっかけは両親の都合で父親の、
「一人で行ってみるか?」が事の発端だったと思います。
着けば向こうで従兄弟と遊べる。
その期待が不安に勝ったのでしょう。
その時の両親の気持ちはまったく察すること無く、
「行く」の選択をし、実行した訳です。
最寄り駅までは送ってもらい、一人旅でした。
寝過ごさないか。乗り換えを間違えないか。
実際、当時は2回乗り換えでの目的地到着だったので、
余計に心配だったかと思います。
無事到着し、ひとしきり褒められたことは今でも覚えています。
子供心に「自信がつく」の体験でした。

そして今。

私の通っている講習のイベントで若侍限定の旅があります。
当時の私の記憶を彷彿させるイベントが。
対象は中学生、高校生の旅。
目的は高知、お遍路さん。

平成武者修行

息子は中学1年生。
来年には部活が本格化し、時間的にも厳しくなるであろう1年生の今。
部活の担任からも、
「来年からは活動も本格化するので、家族旅行等は1年生のうちに」
との御触れが出ております。

実際学習塾の夏期講習へ毎日通い、部活動、大会等々、
息子の時間は小学生の頃と大きく変わっています。
今年しかチャンスは無いかも。と思っていました。

そこへお遍路さんが。

空港までは送りますが、飛行機乗り継いで高知までの一人旅。
向こうで現地ガイドの方、同年代の参加者等と合流する旅なので、
向こうでは心配は無いのですが。
飛行機乗り継ぎによる往路、復路の一人旅。

息子に参加するかどうかを聞いてみると、
「参加したい。」の返事が。
元々、何事にも積極的に取り組もうとする姿勢は、
我が息子ながら高く評価しております。
学習塾も自ら通いたい。との希望で通わせております。

良い経験になる。それは間違いない。
しかし・・・・
妻の不安は拭えない。色々と考えてしまう。
色々と事情があり、息子自身にも不安はあると思います。
少々人と違った個性の子なので、親の不安は当然です。
小学生の高学年になり、
落ち着いていた状態は中学入学と同時に環境が激変し、
少し不安定な動向を見せていました。
心配は尽きない。
心配しても変わりはない。

私自身も随分と悩みました。
「行かせればいい。」なんて簡単に言って欲しくないです。
それぞれがそれぞれの事情を抱え、精神面での成長を期待はしていますが、
その精神面が不安定な状態で一人旅をさせることへ、
どれほどの葛藤があったか。

結局は講師が優しい笑顔で一言
「よこしんしゃい」で私の中で決まりましたが。

不安はあります。
妻も同じでしょう。
私と妻は同じ気持ちなのですが、
私には妻を説得する切り札がありました。

「帰って来た時のあの子の顔想像してみな?」

それだけで充分です。
そしてそれが見たいがための旅でもあります。

劇的に大きく何かが変わる。ハズ。
見た目的に大きく変化は無くても、心の中で何か変化が。
大きくなくてもいい。
小さなつぼみでもいい。
無くすものは何もない、得るものがある。
きっと何かを手に入れて帰ってくる。

親なのだからその変化は表情から察する事は出来ます。
してみせます。
期待弾む一人旅が始まります。

失う物はありました。
親の懐から、
「全員揃った最後になるかもしれない家族旅行の為の費用」
これが飛んで行きました。
しかしながら、全員で行く家族旅行よりも、
大きく成長する可能性を秘めた一人旅へ惜しみなく協力させていただきます。

子供の成長へ対する期待感って物凄くドキドキしますよね。

まるで自分の初めての一人旅の時みたいに。

[y2k2]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

スゴイっすね。続報が欲しいっす。
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR