学は光、無学は闇。知は力、無知は悲劇

『学は光、無学は闇。知は力、無知は悲劇』
大先哲ソクラテスの言葉です。

「ソクラテスの弁明」
http://chibacarp.blog.fc2.com/blog-entry-450.html

「知を疎かにする者は場当たり的に道を歩き、
知を学ぶ者は一歩一歩確かな道を歩くだろう。」
なるほど、その通りだなと思います。

最近、色々なところで学ぶ機会が増えています。
例えばユーキャンのような資格を取る為の通信講座。
一昔前は有名おバカアイドルが猛勉強に挑戦の末、
資格を取ったことがすごいことだと大々的に宣伝するCMが流れていました。
応募して始めた人も多いのではないのでしょうか?

通信講座イメージ
https://www.sikaku-net.biz/sharosi-u-can-tusin

また芸能人が難関大学へ合格するため、
勉強して受験するという企画がテレビで流れていたりなど、
年齢は関係なく、
その気になればいつでも始められるんだという風潮が出てきた感じもしています。
書店へ行っても、学校で学んだ強化以外の分野を含めた学習本が、
所狭しとズラリと並び、人々の関心が大きいことを物語っています。
さらに資格や試験の為の勉強のみならず、
哲学や自己啓蒙に関わることまでへ広がり、
昭和の時代にあったような、
義務教育が終わったら後は社会に出てバンバン稼ぎ、
学ぶことは社会で学び、やがて定年を迎え、
余生を過ごすといった典型的な生き方のようなことは、
最近は薄らいできているように感じます。
(昭和の時代を生きた訳ではありませんが…すみません。)

集団就職 https://tetuzou-kisi.com/?p=853

話は変わりますが、かく言う私も、
最近四年制総合大学の通信教育課程へ入学致しました。
仕事や他の活動も行いながらの“三立”四立”の状態でかなり厳しいですが、
今からでも遅くない!進む!と自分で決めましたので、
卒業まで走りぬいて参る決意です。

選んだ学科は好きな歴史学などを学べる分野でしたが、
ある時、弊社の SE;KICHI さんとそのことについて車中で話す機会がありました。
「どうして勉強するのか?」という問いに対し、
私は仕事に直接関係もないし、今は自分の人生に厚みを持たせるためであり、
いわば自己満足なんだと伝えました。
すると SE;KICHI さんは、
「大学は義務教育と違って好きなことを好きなだけ学ぶところ。
そしてその学んだことをどんな形であれ、
誰かの為に使っていくべきだよ。
とのアドバイスに、私はハッとしました。

そして大学の入学式で読んだ創立者の一言にも、
「学問や学歴は、本来、立身出世のための道具ではない。
人びとの幸福に寄与するためであり、
むしろ、大学で学ぶのは、
大学に行けなかった人たちに奉仕し、貢献するためである。」

との言葉があったことも思い出しました。

通教を始めた動機としては、
かつて諦めた学ぶ機会をもう一度得たいというのと、
自分の好きなことをやりたいという、
自分ベースでしか考えていなかったのですから、
その厚みというかもう一歩深く踏み込んだその崇高な目的感に、
自分の浅はかさを痛感、反省しました。
(決して卑屈になっているわけではありません。感銘を受けました。そうだなと。)

このことから、決して自己満足で留まるのではなく、
学んだことがそのまま活かせればそれはそれでなお良いかもしれませんが、
そうではなくても、周囲の人々に自分のできる範囲で貢献していくための光となり、
力になろうと改めて思いました。

弊社でも自己啓発セミナーをはじめ、仕事に直接関係がなくても、
人間的成長を高めるための学ぶ機会が多くあります。
これはとても大事なことだと感じています。
学ぶことは、絶えず成長していこうと前に進むことでもあります。
自分のみがずる賢く利益を貪る輩もいますが、
そうではなく、
周りの人や社会に尽くしていく自分に成長するため、
今日も学び、前進する一日でありたい。

そう決意しております。

[K.K]
スポンサーサイト

無になる時間

ハガニアシャトルバスが終了したこと、
これは、私にとっては、なかなかに残念なニュースでした。
2年に一度ほどの頻度でグアムに行っているのですが、
青い海には目もくれず、
聖母マリア大聖堂(通称ハガニア大聖堂)に行くことが主目的だった私、
昨秋、タモンからハガニアへの直通バスが廃止されてしまい、
乗り継ぎなどが必要となって、ものすごく不便になってしまいました。

まぁ、それは仕方ないのですが、その大聖堂に何をしに行っているのかというと、
それは、ズバリ、癒し。
瞑想的なことが大好きな私、
そのハガニア大聖堂で呆けたように座っているのが大のお気に入りです。

私とハガニア大聖堂との出会いは15年ほど前。
鉄道マニアに乗り鉄とか撮り鉄とかいろいろあるように、
実は、教会マニアにもいろいろあって、
そのひとつに聖遺物好きというジャンルがあります。
聖遺物というのは、イエスが磔にされた十字架とか、手足に打ちつけられた釘とか、
死を確認するために脇腹を刺した槍とか、イエスの遺体を包んだとされる布とか、
イエスや聖人たちの遺骸そのものや、殉教に関わる遺品群のことで、
たとえば、有名どころでは「最後の晩餐」で使用された聖杯など、
これはスペインのバレンシア大聖堂に安置されているのですが、
そのようなものが世界各国に遺されています。
日本は、鎖国していましたから、聖遺物が伝わることはありませんでしたが、
それはグアムも同じで、グアムの教会で拝観できる聖遺物はないものの、
あるとき、たまたま訪れたハガニア大聖堂では聖遺物に関するセミナーをやっており、
もちろん英語だったので私には難しかったのですが、
そこに参加して以来、聖遺物について、少しだけ興味を持っている私。
そういえば、5年ほど前に少しだけ書いた即身仏も、
まぁ、聖遺物といえばそうでしょう。
日本史で有名なザビエルの遺体もボム・ジーザス教会に祀られて、
たまに公開されていますしね。(爪だけなら日本に分祀されています)

まぁ、つまらぬ話をしましたが、
とにかく、そういう経緯で、ハガニア大聖堂を気に入ってしまい、
別にセミナーも何もやっていないときでも、
そこに座って半日くらい過ごすのが好きな私。

ここまでは前置き。
しかし、グアムは3時間ちょっとで行けるのが魅力ではあるのですが、
やはり国内よりも渡航に費用が掛かるので、そう頻繁には行けません。
そこで、私は、国内の代わりの教会でボーっとしたりするわけですが、
最近、さらにそれに代わるスポットを見つけました。
それが宮脇俊三的世界。
言わずと知れた、鉄道廃線跡を旅する大家です。

いや、私は、本気の廃線はダメです、怖いので。
私が特にちょうどいいと感じているのが、ココ。
ローカルな話で恐縮ですが、富山地方鉄道の大川寺駅。
もともとは遊園地が近くにあったそうで、それなりの規模の駅だったようですが、
遊園地閉園後、20年ほどかけて順調に朽ちていっている感じ。
近くには地名のもととなった大川寺というお寺があるくらいで、
いま、あんまりこの駅を利用する方はいなそうです。

大川寺駅

もともと、それなりに整備された駅だったためか、
往時と、現在の朽ちつつある情景とのギャップに萌えるというか、
一層強調された虚無感のようなものを感じます。

そこに身を委ねてみると、どうでしょう。
木々のそよぐ音のみが聞こえる静かな場所で、身も心もホウっと力を抜く時、
ゆっくりとゆっくりと、空間に溶けていくような感覚になります。
自分が空間に溶けだしていくのですから、
これが仏教用語でいうところの、“宇宙即我”の境地なのでしょうか、
日々に頭脳を支配している悩みや心配事も溶けてなくなり、
おおらかで活力あふれる感じになります。

しかし、駅舎は朽ちつつあっても、鉄路として生きていれば電車は来ます。
木の張り出した枝をかいくぐり、止まっていたかのような時間を引き裂いて、
電車はゆるやかに入線します。

普通 岩峅寺行き

写真は元東急8590系ですが、
空間に溶け出ていた私の自我は、慌てて私の肉体に戻るのでした。

学術的に、人生には瞑想が必要だと言われています。
人間は、制御しないとネガティブなことを考えやすいようで、
なんとなく頭脳を支配している悩みや心配事は、自らの自由度を奪い、
くだらない、義務感の毎日へと、人生の質を落としてしまいます。
位相を正してポジティブに生きるためには、どうしても瞑想が必要ですと、
そういうことのようですが、私は、それはその通りだと思います。
おしなべて、人生で大をなす方には定期的な瞑想の習慣があるようです。

もちろん、瞑想というのは何もせずに静かな場所で考えることであり、
酒を飲みながらぼんやり考えるとか、パソコンの前でいろいろ調べながら考えるとか、
そういうことを指してはいませんので、
そういう意味で、瞑想とは本来、教会や寺でやるべきなのでしょうが、
私は、スマホを置いて外界と断絶した環境さえ作れれば、
宮脇俊三的な、退廃的な環境に身を置いてみるのもいいのではなかと感じます。
汚いベンチを拭いて、そこに腰を下ろして目を閉じた時、
その効果は、確かに教会に似たものを感じます。
(正確には、仏教的には瞑想よりも経行に近い感じかもしれませんが。)

[SE;KICHI]

『南洲翁遺訓』

大河ドラマ「西郷どん」の視聴率は12~14%程で、
徐々に落ちてきている感じがします。
私は明治維新の頃を題材にしたドラマが好みではなく、
今回も見るか迷っていたのですが、
撮り貯めしたのを見始めるとジワジワとはまり見ています。
今回は最後まで見るかもですね・・・やっぱり途中でやめそう(汗)

見ている最中に講習会にて「南洲翁遺訓」を勧められ読んでみました。
最初は原文を頑張って読んでいたのですが・・・
やっぱり途中で訳文や解説を見ないと理解できず、
なんかすいませんって感じです。

理解に偏りはあるとおもいますが、
初めの国や政治のあり方やなどは藩主を主としてきた人達のこともあると思い、
あまりピンとこなかったのですが、
役人・政治家は私欲や私事をなくさなければならない。
でも国会で○○学園などのくだらない不要の話をしているのを見ると、
私事を挟んでいるのだと感じてしまいます。
私は小人で大きな事はできないかもしれませんが、
不要な話で議会の時間を使っているのを見ると、
国に対し尽くしても尽くしてくれることは無いのだと、
再認識してしまいます。
本当に腹立たしい。

いろいろなことに日常流されていると思いますが、
小人でもやれることがあるしやりたいことがあるので、
まずは全うしたいとも思います。
16訓の節操・義理・恥について、
世界のどの国でも同じであるとあり、
時代は違うが日本人は特に強く文化ではなかったかと思い、
どうしてこんなに変わったのかと。
先にも書いたくだらない話を、
する方もされる方も節操や恥が無いのだと思ってしまいます。
そんなことをいつまでもやっているから、
拉致とか核とかで問題になっている国から、
なめられるのではないかと思います。


今回読んでいて一番目を止めたのは21訓です。
論語のようですが、己に克つための極意、
「意なし、必なし、固なし、我なし」
原文の漢字が出なかったので訳文の方を書いてしまいました注)が、
私欲を貪る心を持たぬこと、
自分をおそうとしないこと、
こだわりの心を持たぬこと、
独りよがりにならぬこと。

注)「毌意毌必毌固毌我」です。

こだわりが強いほうだとは思いませんが、
意固地になっていることもあるし、私欲が強かったと思うこともあります。
己の欲を優先させるとろくなことがないと、
本から思ったのは初めてだったので心に残りました。

知識は確かに足りないと思いますが、
少しでも実践できる人ではあるようにしたいと思いました。

[WAKA]

ありありと未来を思い描くこと

弊社の社長は、ダンディ坂野と同い年の51歳。
その彼の夢は、地域貢献としてスポーツ施設を作ることだそうです。
聞けば、サッカーや野球のようなメジャーなスポーツのための施設は多いものの、
特に田舎では、マイナーなスポーツのための練習施設等が不足しているため、
いつか、自分が、普段お世話になっている地域への報恩として、
スポーツ施設を作りたいと、まぁ、ざっくり言えばそういうことのようです。

コレ、素敵じゃないですか?
私自身は、スポーツ全般に少しの興味もないので、
その施設の必要性から採算性まで、ちょっとよく分からないのですが、
彼が、いつか地元にスポーツ施設を作れるような人物になりたいと、
その志を持っているところが素敵だと思うのです。

このブログではつい最近も、ジョセフ・マーフィーについて触れましたが、
マーフィー曰く、人間、思い描けもしないような未来は引き寄せられないと言います。
ということは、思い描くことのできる未来は引き寄せることができるということ。
つまり、地域貢献としてスポーツ施設を作ることを思い描いていれば、
それが叶う日は、やってくるということです。

ただし、「思考は現実化する」で有名なナポレオン・ヒルも言っていますが、
願いを叶えるためにはそれなりのコツもいるようです。
そのコツとは、思い描くのはありありと鮮明な未来でなくてはならないということです。
そりゃ、視界が曇っていては見通せなくなりますからね。
つまり、ありありと思い描ける未来は引き寄せることができると、
そういうことで、
弊社社長も、できるだけありありとその体育館の竣工を思い描いたほうが、
その夢は叶いやすいということです。

イメージングの力は偉大です。

私は、このことを堅く信じています。
つまり、自分の未来は常に明るいと、
こんなに頑張っている自分を神様が見捨てるはずがないと、
私は、このことを信じていますし、成功のイメージをありありと描いています。
そして、それを信じていれば、そういう未来が引き寄せられてくると思っていますし、
そうでない人物とは、人生、雲泥の差がつくに違いないとも、信じています。

そう思っていたとして、実際に何が起こるかは、私には分かりません。
しかし、そう思っていたほうが幸せじゃないかと思うのです。
どう思いながら生きていくかは、自分で完全に選べるんです。
つまり、自分の未来は常に暗い、
こんなに頑張っている自分を神様はお見捨てになるのだと、
そう思いながら生きることは、一体、誰を幸せにするでしょうか。
否定的な解釈をするクセのある人は、必ず否定的な人生を引き寄せています。
そういう、否定的なくだらない人生を生きている人、
みなさんの周りにもたくさんいるでしょう。

私たちは、年齢とともに要らぬ知恵がついて、
いろいろなことについて、現時点から考えて現実味があるのかないのか、
小賢しい“判定”をしてしまいます。
そして、「なかなか厳しそうだ」と“判定”したことについては、
悲観的に捉え、チャレンジをやめてしまいがちです。
つまり、「この状況から考えて・・・」という、現実的な“あきらめ”です。

これは、大人になることの弊害と言えます。
現在位置から行ける場所を考えたら、そこそこの場所にしか行けません。
最終目的地を決めたうえで、
イメージングを駆使して、そこに到達した自分をありありと思い浮かべ、
それから、そこに至るために、いま、自分はどのような一歩を出すべきか、
そういう考え方をしたいものです。

「忙しい」とは“心を亡くす”ことだと言われますが、
私たちは、日々の生活に追われ、未来をありありと思い描くことを忘れがちです。
このことが、人生をつまらなくする秘訣であると、私は思います。

ついでに言っておくと、もう一つの夢を叶えるコツは、
自分のイメージングを人に話すことだそうです。
冒頭の弊社の社長の夢は、私が勝手にこのブログで披瀝したもので、
もしかしたら、本人的には「そんなの人に話すのは恥ずかしい」かもしれませんが、
自分のイメージングは、他人に公表することで「公約」のようになり、
自己暗示にもなるし、協力者を集めることにもなるし、
なにしろ、人に話すことは、現実化への第一歩だそうです。

中小企業は社長次第だとよく言われますが、
確かに、社員側からすると、社長に賭けているようなところがあって、
社長と夢のビジョンを共有したいというか、
社長の夢を叶えてあげたいという人材の集まり方になります。
つまり、社長があきらめたら終わりなのです。
私は、弊社社長が、自身の夢をありありと思い描けている間は、
そのような未来を引き寄せることができると信じています。

みなさんは、どうでしょうか。

[AKA]

対岸の火事でいいのかしら。

富山市の交番が襲撃され、拳銃が奪われて2人が殺害された事件。
いつも静かな富山市にしてはセンセーショナルな事件でした。

この事件の犯人は、何が狙いだったのでしょうか。
この手の事件のとき、私たちは、わりと安易に、
「最近は、危ないヤツが増えて、怖いねぇ」という話をしがちです。
それは、もしかしたら、そのとおりなのかもしれません。
しかし、そういう話にすると、話が「くわばらくわばら」で終わってしまいます。

かつての日本は、みんなが互いに関わり合って生きていました。
煮物を多く作りすぎたと言っては鍋ごとおすそ分けをいただき、
鍋を返す際には、カラの鍋は返せぬと代わりに何かを詰めて差し上げ、
延々と終わらぬおすそ分けのラリーは、
いまどきのご時世からすると鬱陶しいこと極まりないと感じますが、
そういうやり取りのなかで、
「あら、○○ちゃん、学校はどう?」とか、
「あそこの△△ちゃん、テニス部だって」みたいな、
周りの大人が地域内のメンバーを仲間として認識していたと思うのです。
それは、ある意味で“プライベートなんてない”状態だったかもしれませんが、
もともと、日本とは、互いに関わり合う、そういう国でした。

かつての社会とはそういう社会でしたから、
あそこの家の若造が自衛隊やめて帰ってきたらしい、と聞けば、
親世代はその青年が働ける場所があるか聞いて回ったし、
地区の青年団みたいな面々は、本人に対して、
オマエ、どうしたんだ、これからどうする気だと、
地域みんなが彼のことを放っておきませんでした。

だから、私は思うのです。
危ないヤツが増えたのは、地域が、そいつを放っておいたからだ、と。

人間、生まれついての極悪非道などということは、ないはずです。
おぎゃあと生まれたそのときは、純粋な目をしてママの指を握っていたはずです。
それなのに、その20年後に殺人事件の加害者になってしまう青年がいる現実。
この20年の間に何があったというのでしょうか。
「最近は、危ないヤツが多いねぇ」という話は、そのとおりだとしても、
純粋な赤ん坊をそのように変質させる力が社会にあるのではないかと、
私は、なんだか恐ろしくなるのです。

もちろん、この犯人がやった、
無辜の人物を殺めるという行為は許されることではありません。
いまのところ推察ですが、動機はおそらく、身勝手な欲望に基づいてのことでしょう。
しかし、このニュースに接して、
「あぁ、うちの地区でなくてよかった」とか、
「いやぁ、うちの子が無事でよかった」とか、
自分と関わりのない事件で良かったと胸をなでおろした私たち、
突き詰めれば、自分と自分の家族さえ無事ならよいと言っているわけで、
それだって、身勝手な感覚なのではないでしょうか。
これは、震災関連のニュースの際にも感じることです。

マスコミも然りです。
少し前の、新幹線車内で刃物を振り回して乗客を殺傷する事件もそうですが、
このような特殊な事件を、手口などを含めて広く全国に報道する意味は何なのか。
また、これから犯人像というか、加害者の性癖から通院歴までが暴かれ、
面白おかしく報道されるのでしょうが、
それを私たちに伝えようとする意図は何でしょうか。
知る権利?
少なくとも、私はそのようなことを知りたいとは思わないのですが。
知る権利を隠れ蓑に、
何でも流せばいいというものではないと思う
のです。
マスコミにとっては絶好のコンテンツかもしれませんが、
加害者の異常性を暴き立てる報道の仕方では、
次の被害はなくならないのではないでしょうか。

そうそう、その1週間ほど前の大阪の地震では、
ブロック塀が倒れて小学生の女の子が犠牲になりました。
実に痛ましいことだと思うのですが、
だいたい、小学校に、どうしてブロック塀が必要なんでしょうか。
プールなどの目隠しのため?
本気の変質者が来たら、ブロック塀などでは防げないでしょう。
そんな視点で安易にブロック塀なんか作るから、倒れてしまうんです。
この先どうするんでしょうか。
全国的にブロック塀は撤去の動きですが、
そしたら、今回のような拳銃持った暴漢への守りはどうするのでしょうか。

そういうことじゃないですよね。
必要なのはブロック塀でもないし、さすまたでもないでしょう。
もう一度言いますが、
危ないヤツが増えたのは、地域が、そいつを放っておいたからです。
そいつにみんなで関わって、そいつの人間力を高めておけば、
少なくともそういう事件を起こすような人物にはならなかったでしょう。
そういう意味では、
社会に一員としての私たちにも責任はあるでしょう。
反省すべきだし、対策を考えるべきです。
また、第四権力としてのマスコミにもそれを促す力になってほしいものです。

私は、そういう問題提起があっても良いのではないかと思うのです。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR