FC2ブログ

子供達が強く、幸せに生きる未来を実現するために

寒くなってきました。

私が興味を持って参画しているNPO法人では、
富山市近郊の、冬には積雪3mという山中に、小学生の解放区というか、
周辺の泥田を駆け回ったり、柿の木に登ったりという、遊び場を作っているのですが、
そこには古民家というか、廃墟のような小屋が建っていて、
先日、その小屋が雪の重みで潰れないよう、雪囲いに行ってきました。
そういう作業をすると、ああ、冬が来るのだなと感じます。

遊酔亭

断っておきますが、私は単に野山遊びが好きなのではありません。
むしろ、キャンプや登山など、
「不自由を楽しむ」系のレジャーには少しも関心がありません。
ただ、子供たちは、遊びを通して、仲間のニーズを探ったり、
社会で必要とされる「機微」のようなものを学ぶのだと思っていて、
そのための“場”としての遊び場です。
私は、大人の立場から、そういう遊び場を提供するのが好きなんです。
そういう遊び場で、子供たちがケガも厭わずキャーキャー走り回り、
互いに思いやったりしながら思い思いに遊んでいるのを見るにつけ、
昨今の、黙々とケータイゲームで時間を潰す子供たちがかわいそうでなりません。

先日予告していながら報告していなかった TOMI SHOP も、
野山か会社かの違いだけで、実はコンセプトとしては一緒で、
会社の経営を通して、お客様や仲間たちのために何ができるのか、
それぞれが考えてほしい“場”でした。
当日は暴風雨でしたが、たくさんの方にご来店いただき、
社員(学生)たちは、人に喜んでいただくことの嬉しさを感じたことでしょう。
この経験が社会に出てからの糧になればと祈っています。

TOMI SHOP
上段2枚 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1727659297307550&set=pcb.1727659467307533&type=3&theater / https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1727659430640870&set=pcb.1727659467307533&type=3&theater

私は、子供達には力強くたくましく生き抜いてほしいと思ってやみません。
そう思って冒頭のNPO法人や TOMI SHOP に参画しているのですが、
共通項は、大きく言えば『人間力を養う』ということでしょうか。
人工知能の脅威で、いまある職業の6割がなくなると言われている2030年。
それはもう12年後に迫っているわけですが、
そのころ、野山遊びの小学生たちは20歳になり、TOMI SHOP の高校生たちも30歳。
少子高齢化や人口減少、地域間格差の拡大など、
子供たちを待ち受ける未来には課題が山積しているなか、
私たちは、子供たちに何を伝えていけばよいのでしょうか。

怒られたことのない子供たちは、相手の心情を慮るということができませんが、
かといって叱られると萎縮して覇気を失ってしまうことも多いのが実情です。
私は、子供たちが未来を切り拓いて力強く邁進できるために、
人間力を養うことがどうしても必要だと思います。

私たち大人は、子供たちとどう向き合い、
何を実践し、何を遺すべきか、日々に考えねばなりません。

子供達が力強く、幸せに生きる未来を実現するために0001

[AKA]

顧客第一はどうした

弊社の Okei さんのお宅では、洗濯物は外に干さないといいます。

太平洋側では、日光消毒というわけでもないのでしょうが、
洗濯物は何が何でも太陽光に当てて乾かしたいという人も多いようですが、
ここ富山の場合は、日本有数の高湿度地域であるため、
晴れているからといって外に干してみたところで乾かないということが意外とあり、
Okei さんのように、除湿器や衣類乾燥機を使用して、
ハナから外になど干さないという方も、わりと多くいらっしゃいます。

先日、わが家の衣類乾燥機が故障しました。
ちなみに、もともと使っていたのは、洗濯機とおそろいの日立製。
つまり、これまでは日立製の洗濯機の上に、日立製の衣類乾燥機を、
これまた日立製のスタンドに載せる形で設置してあったのですが、
このたび、その衣類乾燥機だけが故障したというわけです。
そして、その衣類乾燥機の故障は重症で、
結局、買い替えることになったわけです。

さて、衣類乾燥機という家電製品は、
ここ富山を含め、冬の日照時間に恵まれない東北地方や北海道など、
東日本ではそこそこ普及している家電製品ですが、
冬でも外干しで洗濯物が乾く西日本ではほとんど普及しておらず、
実は、まじめに発売している家電メーカーは多くありません。
日立のほかに、東芝やパナソニックくらいです。

これまで洗濯機周辺は日立でコーディネートしてきたわが家でしたが、
今回の買い替えでは、熟慮の結果、東芝を選択しました。
理由は、東芝製が安いのと、満島ひかりさんがイイカンジだったから。

かくして衣類乾燥機がわが家に到着しました。
入れ替わりに、故障した日立製の衣類乾燥機は運ばれて行きました。
日立製が去ってガランとしたスタンド上に早速、新しい衣類乾燥機を、
・・・・・・設置できません。
衣類乾燥機は落ちないようにスタンドにビス止めするものなのですが、
スタンドのビス穴と衣類乾燥機底面のビス穴の位置があっておらず、
ビス止めができないため、つまり、スタンドに固定することができないのです。

スタンド側に乾燥機底面のビス穴に合わせた穴をあけてやろうかと思いましたが、
なにしろ衣類乾燥機は、そこそこ重量のある回転体。
勝手に穴をあけてスタンドの強度が下がり、
万が一、衣類乾燥機を落として壊すことがあっては困るので、
勝手に穴をあける作戦は断念しました。

東芝製乾燥機の取扱説明書を見ると、
「東芝製の純正スタンドを使用するように」と書かれています。
理不尽な指図にも思えますが、仕方がありません。
なにしろスタンドに固定しないことには乾燥機は使えないので、
横暴な話だと思いながら、東芝製の純正スタンドを追加手配しました。

かくして東芝製の純正スタンドがわが家に到着しました。
早速、純正スタンドを、
・・・・・・設置できません。
この東芝製の純正スタンドというのが、
先に設置されている日立製の洗濯機と寸法が合わず、
無理に設置しようとすると、スタンドが変形して歪みそうな気配。
東芝純正だから東芝製乾燥機とは完全に互換するのでしょうが、
日立の洗濯機とは相性が悪いってことでしょうか。

・・・・・・どうしたことでしょうか。

もともと洗濯機と衣類乾燥機とスタンドを日立製で揃えてうまくいっていましたが、
衣類乾燥機を東芝製に変えただけで全部がうまくいかなくなるという話です。

だいたい、洗濯機と衣類乾燥機が同時に壊れるなんてことはまずないので、
普通はどちらかだけを購入することになりますが、
その時、互換しない(スタンドに設置できない)ということになれば、
選択肢は発生せず、壊れた機器のメーカー製品を再度購入するしかありません。
これは事実上の脅迫です。
私は気にせず買ってしまいましたが、
日立にしてみれば、ここに設置したければ日立製を買えと言っているのだし、
東芝は東芝で、この乾燥機を使うなら洗濯機も東芝製に変えろ言っているのです。
ケツの穴の小さいこと。

昨今、顧客第一を標榜している会社は多いでしょう。
たいした経営指針がなくても、とりあえず顧客第一って言っとこうみたいな、
それを言っておけば間違いない呪文みたいな言葉ですよね、顧客第一。
しかし、少なくとも今回のわが家の衣類乾燥機の話では、
顧客である私の満足度を考えた製品設計にはなっていませんでした。
顧客第一というか、顧客の利便性をもっと深く考えた場合、
どこのメーカーの洗濯機だろうが、どこのメーカーの衣類乾燥機だろうが、
問題なく接続することができますよというのがニーズというものだし、
私が顧客として望んでいたこともそういうことでした。

結局、わが家の衣類乾燥機は、
洗濯機の上というお定まりの場所に設置することができず、
スタンドごと、サンルームに設置して稼働を開始しました。
このことは、家事動線の不便さもさることながら、
サンルームというアースの取れない場所への設置ということで、
新たにアース対策をしなくてはならず、余計なお金がかかってしまいました。

顧客第一って、こういうちょっとした嫌がらせのことなのでしょうか。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR