FC2ブログ

東京都知事選

まずもって言っておきますが、私は、原発については推進派です。

理由は、必要だから。

脱原発という立場の方がいらっしゃることは承知していますし、
被災地の方の心情をお察しすれば、そう言いたい気持ちも分かるのですが、
現時点で代替可能な新エネルギー源があるわけでもなく、
私は、いまのところ、原発を運用するよりほかにないと思っています。

いやいや、太陽光発電とか風力発電とか、
再生可能エネルギーがあるではないかという意見も聞きます。

そりゃ、各家庭の消費電力さえ賄えれば良いというのであれば、
それぞれの家の屋根に太陽光パネルを置けば解決するのかもしれませんが、
日本の発展という中長期的な視野で考えた場合、
工場などを動かして経済活動をする必要があるわけで、それでは全然足りません。

足りないのであれば、節約しながら質素に暮らせという方もいます。
それは、切り抜け方としてひとつの選択肢には違いないですが、
ナンタラ談話とか、腰の引けた外交で周辺国につけ込まれている昨今、
対外的にそんな腰抜けなことでいいはずがありません。

だいたい原発が自然災害に弱いというのは本当でしょうか。
確かに東日本大震災で福島第一原発は被害を受けましたが、
建屋は強固であり、津波の襲来にもビクともしませんでした。

津波でも流されなかった建造物ということで、これは、なかなかの技術力です。
おそらく、最近さかんに設置されている中国の原発より、
日本の原発設備のほうがはるかに磐石なのではないでしょうか。
もう少し建築技術に自信を持ってもいいのではないでしょうか。

問題は水をかぶったポンプの破損であり、その点でいくらかの工夫はいるでしょうが、
設備面で若干の改良が必要であるとはいえ、
「原発はダメだ」ということにはならないと思うのですが。

以前にも例を挙げたことがありますが、
自動車は、常に事故を起こす危険を孕んでいながら、
だからといって「自動車はダメだ」とはなりません。
かと言って事故を垂れ流しているわけではなく、
各社、日々少しずつ改良を重ね、衝突安全装置のようなものを開発しています。
これは、衝突の可能性自体は否定せず、リスクを抑える工夫と言えます。

原発で、ポンプが津波でダメになったため、爆発が起きたというのであれば、
次はそうならないように、その部分を工夫すればいいのであって、
根幹からダメだというのは感情論であり、建設的ではないと思います。

それより、現在は原発の稼働を止め、火力発電などで電力供給を補っていますが、
周辺国との摩擦がもっと拡大し、石油の供給を止められたらどうするのでしょうか。
昨今の情勢からすれば、中国がシーレーンを封鎖する可能性は、低くはないですよね。
その可能性は、東日本大震災級の津波が再来するより、はるかに高いと思うのです。
あの津波は1000年に一度の規模とか言われていましたが、
中国によるシーレーンの封鎖は、1000年どころか数年で起きそうなことです。
それに対する備えは、しなくていいのでしょうか。

そもそも電力供給が逼迫している状態では工業が大繁栄するはずはなく、
ものづくりの国として成長してきた日本としては大打撃のはずです。
そのことも、対外的な国威発揚に成功していない、
平たく言えば周辺国に舐められている理由なのではないでしょうか。

つまり、確たる代替エネルギー源を持たない状態で原発を放棄することは、
日本として、経済的な成長や国家としての対外的抑止力を放棄することになるのです。


「日本として」、「国家として」というのがポイントです。
「東京として」ではない。


近く投開票が行われる東京都知事選挙。
原発の可否が争点化され、代理戦争のようになっています。

確かに東京都は東京電力の主要株主ですが、
東京電力なんて、仮に破綻した場合などは国家が面倒を見るのでしょうから、
東京都だけのものではないはずです。

いったい東京にどんな権限があって原発政策を訴えているのでしょうか。
原発政策などは重要な国家戦略であって、
知事ごときの手に負えるテーマではないはずだと思うのですが、
それとも、都知事というのは、市民運動の元締めのような役職なのでしょうか。

誰とは言いませんが、20年前は颯爽として格好よく見ていたんですがねぇ。
晩節を汚さず、おとなしく陶芸などをして余生を過ごせばよろしいものを。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR