FC2ブログ

それどころじゃないんですけど。

ピロリ菌保有者の私は、毎年の健康診断で必ず萎縮性胃炎の診断を受けます。
にもかかわらず、まだピロリ菌退治をしておらず、
今年の健診で、先生にこっぴどく叱られてしまいました。
忙しくてなかなか病院に行けていなかったのですが、
(というのも、以前にピロリ菌除去しようと二つの病院に行ったのですが、
どちらも二時間待っても診察してもらえず、待ち切れずに帰ってきてしまっていたのです。)

健診後、AKAさんに、比較的待ち時間の少ないお医者さんを紹介してもらい、
ようやくピロリ菌除去に行ってきました。
実はまだ完全に除去できたかどうか、調べに行ってないのですが、
(今、これを書きながら、9月末ごろ再検に来て下さいと言われていたのを思い出しました
・・・まずい、完全に忘れてた(;’∀’))

それよりも健診の結果が送られてきて、開封してみるとなんとD判定、
しかも胃ではなく、大腸検査(便潜血) に引っかかってしまったのです。

赤字でD判定、要再検査と書かれてあると、
なんだか必要以上にドキドキしてしまいますね。
まずは前もって内視鏡検査する病院を受診し、
説明を受けたり、薬をもらったりしました。
また、その時は「若いので多分『痔』でしょう。」と言われていたので、
特に不安もありませんでした。
そして、初の大腸内視鏡検査に行ってきたのです。

感想としては、「なかなか大変なものですね」でしょうか。
どこの病院も同じかは分かりませんが、ご参考までにちょっと説明を。

まず、1週間前から薬を服用し、
前日には消化のいい検査食を食べ(病院で購入しました)、お腹の中を整えます。
当日は500mlのペットボトル(お茶かお水)を2本持参するよう言われていました。
その日は6人が一緒に検査を受けました。
6人そろって準備室に通され、
それぞれの椅子の前には半透明の液体の入ったパウチ(点滴をいれている入れ物のようなもの)が、
テーブルに置かれていました。
とりあえずざっくり説明すると、1時間の間にその半透明の液体1㍑と、
持参した水分を半透明の液体の半分の量を飲みます。
つまり1.5Lですよね。
1時間飲んでも一度も便が出なければ、
一度休憩をしなくてはいけないと注意書きに書かれていました。
味は甘味のないスポーツドリンクの様でした。
正直、美味しくはないです。
お隣に座ったおじさまは、とても慣れた手つきでパウチからコップに注ぎ、
ぐびぐび飲んでいましたが、
チャレンジはしてみましたが気持ち悪くなりそうだったので、
私は少しずつ飲みました。
ドキドキしたのは一時間が経とうとしているのに便意が来ないこと。
周りの人は次々をトイレに行くのに、私ひとり、ずっと座ったままで、正直焦りました。
こんなに飲んでるのに、尿意すら感じないなんて、
大丈夫か私!?と思っていたんですが、
もう間もなく一時間というところでようやく便意を感じることができました。

そこからはトイレ争奪戦です。
検査の人が6人、トイレは3つ。
どう考えても数が合いません。
まして、普通の便ならともかく、どんどん水状になるので、
タイミングが合わなければ悲惨なことになるのは容易に想像できますよね。
便意を感じても3つのトイレが埋まっていたら、当然行けるはずもなく、
そわそわしながら空くのを待ち、空いた瞬間にトイレに駆け込まなければいけません。
便意を感じるまではとても時間がかかりましたが、
一旦出始めると、トイレから出て席に着いた瞬間にまたトイレに向かうという、
何ともせわしない状態でした。
なんせ、6人もいるのでトイレにずっと居座ることができませんから。

さて、おかげさまで一番先にお腹の中がきれいになったので、
トップバッターで検査をしてもらう事になりました。
おしりを見られるのかとちょっと恥じらいがあったのですが、
検査用のパンツは紺色で、ハーフパンツの大きさで、
一見するとおしり部分にぱっくりと切れ目が入っているなんてわかりません。
特に恥ずかしくはなかったです。
検査台に上る前にまた便意が有ったので、
そのパンツのままで5人のいる場所を通り過ぎトイレに向かったくらいですから。

序盤、座薬を入れるように潤滑剤を塗られました。
その後、内視鏡を入れ始めたんですが、最初は特に問題なく進みました。
あくまでも私の感じ方ですが、痛みというよりは重い辛さ、といった感じでしょうか。
おしりから内視鏡を入れ進めていきながら、お医者さんはずっと話しておられました。
内容はあまり覚えていないのですが、
(先生)「HPに〇〇のことが書いてあったり、なかったり。」
(助手の方)「ちょっと先生、どっちなんですか~」と楽し気に会話されてました。
こちらとしてはしんどいので、
(あの、それどころじゃないんですけど・・・)と、
聞いちゃいませんでしたが。

途中、お腹の中で自分の意思とは違って動いている様子が、
胎動みたいだな、
とくに脇腹の辺りをぐりんとえぐられる感じが、
おそらく肘か踵を押し付けたなと感じていたあの頃みたいと、
余裕で感じていました。
ところがそれを過ぎたあたりから「ここ辛いですよ~」と言われ、
これが本当につらかったです。
どうやら私の腸がねじれているらしく、なかなか内視鏡が入らないそうです。
そんな状態も余裕なのか、
先生は内視鏡を持った手をあっちへ動かしこっちへ動かしながら、
「ねじり鉢巻き~」とか言っておられたのですが、
これまたそれどころではありません。
重いズドンとした痛みというか辛さが続きます。
結局ガスを入れ、膨らませることで内視鏡を奥まで入れることができました。
ここから、出口に向かってチェックしてもらいます。

しばらくは「なにも異常はないですね~」の連続だったのですが、
そのうちに「病気がないですね~、
あ、病気ですね~、病気がありましたよ~」とさらりと言われました。
あまりにもさらりと言われたもので、この人は冗談を言っているのかと思いましたが、
どうらや本当に病気が見つかったようです。
映像をみると丸いポリープが・・・。

「取っちゃいますね~」とその場で切除が始まりました。
医療の進歩ってすごいですね。
直接触れることなく、映像越しでポリープを切除できるんですもの。
テレビではみたことがありますが、
実際に自分の体で行われるとすごいなあと実感します。

切除した後は、そのあとはホッチキスみたいなもので、
パチンパチンと切った部分を閉じてもらいました。
不思議なもので、お腹の中で切られても全く痛くないですね。
ホッチキスも振動は来るのに痛くない。
有難いことです。
無事、肛門の裏側までチェックしていただき、
見つかったポリープは1個だけでした。
結局便潜血はおそらく硬い便による腸への摩擦で出血したものだろう、とのことでした。
今回の切り取ったポリープからの出血ではないので、
通常なら見つからないポリープだったので、運がよかったですね、と言われました。

こうして無事に終わりました。
まあ、想像以上に堪えました。
腸がねじれていなければ、ここまでのダメージは無かったと思いますが、
終わって自分で車を運転して帰るのは非常につらかったです。

そうそう、おならを出したかったら出していいですからね、
おならを我慢すると具合が悪くなるからね、と何度も言われましたが、
これはとても難しいと感じました。
検査が終わって、先生の説明を聞いているときにおならをしたくなっても、
普段人前でおならをしないから変に意識してできないし、
ましてガスではなく液体が出てきそうでできないし、
その話の途中で、「SNSのコメントで内視鏡検査を勧めて下さい」とか言われるし
(もうこっちはしんどくてそれどころではないのでイラッとしてましたが)
トイレでおならを出そうとしても変に力んで出ないし、
結局自然とできたのは帰宅して横になって休んでいる時でした。

いやあ、お疲れ様でした、私。

[Okei]
スポンサーサイト



日常的なお話

今回は日常的なお仕事の話です。

先日、弊社で取り扱っているヒーターの取付施工に秋田県へ行っていきました。
今回はK.K君が担当した仕事に一緒に行きました。
現地までは新潟から5時間程の長旅・・・
共に車一台で行動をしていたらお互いに思うように動けないものだなぁと感じたはず。
別にK.K君に悪く言うわけじゃないからねっ!!

現場までは新潟から5時間程、富山からは8時間程あるので、
仕事の前後一日は移動日となりました。
秋田県へ行く日は富山から新潟に来てもらい、合流した後に2人で秋田へ。
前日移動含め三泊四日となりました。
2日間の施工となっていて仕事は順調に終わりました。
この感じだと何の不満も無さそうですが、
私はモヤモヤっとしてました。

施工が終わったのは2日目の昼過ぎでした。
昼食を一緒に食べてからは体を休める時間が多く、
彼は観光やお土産を買いに外出し、
私は仕事の整理がしたかったので宿の部屋にいました。
彼が戻ってきたのは夜だったのですが、
その日は「おなごりまつり」というものがあり、
せっかくの機会なので二人で見に行きました。

本当は踊りを見たかったのですが、
行った時間が遅く踊りは終わってしまっていました。
着いた直後にはお祭り最後の花火が打ち上げられました 笑
その後は近くのスーパーへ行きました。
彼はまたそこでもお土産を買っていました。どんだけ買うんだ!
私も普段にないものが見れて楽しんだりもしましたが 笑

そんな感じで帰りを迎えました。
休日に仕事をしていたこともあり、私は仕事を終えたらすぐ帰りたかったのですが、
彼はまたお土産屋に寄りたいと言いました。
散々買ってたじゃんと思い、さすがに穏やかにしてきた私も本音が出た・・・

「俺もK.K君と一緒に代表として仕事に来ているけど、
K.K君の仕事を手伝いに来ていることを考えて欲しい」と。

彼は、「それはお互い様というか・・・」と言いました。
たしかにこういった施工の仕事になると、
2人以上で仕事をするということは多くなります。
だからこそお互いを考える必要があると思います。
私は仕事を終えたらすぐに帰りたいタイプです。
彼はその土地を楽しみたいと思っているので、行動が異なります。
少しくらい付き合えばいいじゃん、心が狭いなぁと思われる方も多いと思います。
お互いが自分の意見を押し通そうとすると関係性も悪くなると思いましたので、
お土産屋に寄ることにしました。

とりあえずは事故もなく無事に帰れました。

弊社は商社であり、それぞれの営業が担当を持っています。
実績はもちろん個々にも出ます。
しかし、一番大事なことは「全員でどれだけ頑張れるか」ということだと思っています。
このように一人でできない仕事も多くあるからこそ、
一緒に働いている仲間を考えて行動することは大事と、
改めて感じた仕事でした。

先日、SE;KICHI さんが書いていた、
人の目や意見を気にするという習慣はやめるべき、ということを見て、
今回は飾らずに自分の意見を書かせていただきました 笑

それでは皆さんもお仕事頑張っていきましょう!

[SYUN]

じわじわやられます。

富山の繁華街は、だいたい富山駅前に集中しています。
そのため、当社は、代表からしてそうなのですが、私も、
繁華街で飲もうかという際は、一旦、自宅にクルマを置いてから飲みに行きます。
自宅にクルマを停め、少し歩いて最寄り駅に向かい、
そこから電車に乗って、着いた富山駅前が繁華街というわけです。
そうやって公共の交通機関を使って飲みに行った際、
私の場合は、再び、来た時と同じ経路で帰宅します。
つまり、富山駅から電車に乗って最寄り駅で降り、
駅から少し歩いて自宅に帰るわけです。

さて、その帰宅途中、
そうですね、ちょうど最寄り駅と自宅の中間くらいの場所に、銭湯があります。
この銭湯は夜半まで空いているので、
いつもではありませんが、私は、時折、帰宅途中にこの銭湯に寄ります。

いや、銭湯というのは、飲酒時には利用を控えるべき場所だということは、
もちろん浅学な私といえども承知しています。
ただ、ちょっとだけ言い訳をするとすれば、
銭湯で利用するのは、ほぼ水風呂で、お湯に漬かることはありません。
というのも、私は、25年ほど前に遭った事故の後遺症で足が悪いのです。
左足のかかとの骨が砕けたまま固定されているので、
長時間立っていたり歩いたりすると、かかとが足首から上を支えられず、
“外反”と言って、足首が外側にずれていってしまうのです。
この状態では、足を地面に着けるだけで鋭い痛みを感じるのですが、
飲酒後は体温が上がるためか、この痛みを感じやすくなるので、
そうなると、一刻も早く、アイシングしたいところで、
つい、水風呂を求めて銭湯の暖簾をくぐるというわけです。

前置きが長くなりましたが、ある晩、酔った私は、いつもの銭湯に寄りました。
普通の銭湯ですから、タオルの貸し出しサービスもやっていませんし、
浴室内にボディソープやシャンプーが備えられていることもありませんので、
必要なら持参するか、番台で購入しなくてはいけません。
私は、余計なものを買わなくても済むよう、
飲みに行く際には、帰りに銭湯に寄ることを予測して、
あらかじめタオルを2本、カバンの中に潜ませて飲みに行くことも多いのですが、
その日はたまたま持っておらず、番台でフェイスタオルを2本、購入しました。
浴室内に持って入る用と上がってから身体を拭く用。
バスタオルは高いのでフェイスタオルで身体を拭くことにします。
フェイスタオルにしても、1本100円なのでたいした値段ではないのですが、
あらかじめ持っていれば買わずに済んだのにと、チラリと思いました。

買ったタオル2本を手に持って、脱衣所に入ります。
そこには、それほど背の高くないロッカーが並んでいます。
こういうのです。

背の低いロッカー

ちょうどいい高さのロッカーなので、
とりあえず、タオルをそのロッカーの上に無造作に置いてから、
空いているボックスに持っていたカバンを押し込み、
上着を脱いでベルトを緩め、それもまとめてロッカーに押し込みました。
こうして下着だけの格好になった私は、
畳でできた小上がりのようなスペースに腰を下ろし、足首をストレッチ。
そのうち、酔っていたこともあって、ついついそのまま横になってしまい、
5分か10分ほど、そこでごろごろしていました。
もちろん、まぁ、泥酔していたわけではないので、
高いびきで眠りこけていたわけではありません。
ダラダラしていただけです。

さて、その間、ロッカーは施錠されていませんでした。
半開きのロッカーから何かが盗まれたか?
いえいえ、そんなことはありません。

カバンと脱いだ服は、最初と同じようにそこに入っていました。
ロッカーが施錠されていなくても、何かがなくなることはないなんて、
日本は平和な国ですね。

しかし、なくなったものがあります。
それは、ロッカーの上に置いた、買ったばかりのタオル2本。

ロッカーの中には入れていないので、
もはや、無施錠は不用心だというような話ではありません。
ロッカーの中の財布を持ち去られたとかであれば、
財布を盗んだ人物を恨む気持ちや、施錠しなかった自分を責める気持ちなど、
どちらかといえば攻撃的な感情が沸き起こるのかもしれませんが、
ロッカーの中の財布は無傷で、テキトーに置いていたタオルだけが紛失。

コレ、じわじわやられます。

さぁ、これから風呂に入ろうかというときに、タオルがない。
手ぶらで入っても特に問題はないと思いますが、
今度は出るときに身体を拭くタオルがない。

もちろん、財布は無事だったので、
番台に声を掛ければ、再びタオルくらい買うことができることは知っています。
しかし、その、経済的にはそんなに困らないけれど、
いま、この瞬間にそれがないと確実にそこそこ困るという、
なかなか絶妙なところを突かれた“攻撃”に意欲を削がれた私。

小上がりに起き上ってぼんやりと考えること5分。
もう、なんか、足を冷やしたいとか、そういう気分も萎えてしまって、
私は再びのろのろと服を着て、銭湯を出たのでした。
富山県の銭湯の入浴料は420円、タオル2本200円プラスで620円。
小上がりに横になっただけにしては高かったななんてブツブツ言いながら、
痛む足を引きずって帰ったのでした。

いやぁ、何でしょうね。
残念としか言いようがないですね。
昔、インドのデリーでトゥクトゥクに乗った際、
2kmほどの距離に、知らずに150ルピーも払ってしまったのですが、
あとから相場は40ルピーほどだったと聞いて、
「あ、ぼったくられたんだ」と知った時の、
周囲が曇って見えるような残念な感じと似ています。
社会の汚さを感じてしまったというと、ちょっと大げさでしょうか。

日本、無施錠のロッカーが荒らされない平和な国ですが、
こういう、小さな残念なエピソードには事欠かない国になりつつあるような気もします。
ま、そもそもそういうところに無造作に置くからでしょというご指摘はもっともで、
自分が悪いことは百も承知なんですけど、
なんだか、ね。

[SE;KICHI]

できること

私には息子が一人います。

今は大学1年生で県外に出ましたので顔を会わせることも少なくなったのですが、
先日夏休みということで家に帰ってきました。
私自身も家を空けることが多いので、
家に帰ってきていても自宅に戻る週末にしか会うことはできませんでしたが、
やはり久しく会って嬉しい気持ちになりました。

子離れしていないのか?と少し思うことはありましたが、
そこは素直に感じることとしました。

今は寮に入っているのですが、
来年度からはアパートを借りて生活をしなくてはいけないので、
帰ってきて早々、お盆休暇中にアパート探しに出かけました。

ネットで前もって少し確認はしていたのですが実際に見てみないということで。
実はちょっと面倒だと思っています。
そもそも富山の田舎で一軒家に住んでいるので、
アパートを借りる感覚がないのだと思います。

学生向けの案件を紹介されるのですが、新築で見栄えのするところは当然高く、
そんな所から見ていくと中古物件にしたいと言うはずがないので安めのところから…
妻・子ともになかなか納得がいかないようで決まりません。
一度出直してまた行くことに。

寮に戻ったタイミングでもう一度見に行きましたが、
排水溝が臭いとか、不動産屋の対応が悪いと妻の機嫌が悪くなり決まらず。
もう子どもが候補に挙げた所でいいじゃない?
面倒くさいとまた思ってしまって(汗)
結局決めるのはもう少し先の時期にしようということになり、なんか脱力です。

アパートを決めるポイントって人によって当然違うでしょうが、
一般的にはどうなのだろう?
何件か見ていると分からなくなってきます。
出してあげられる家賃についても限度がありますから、
早いうちに予算内で決められるところを押さえちゃいたいと思ってしまいます。
ただ面倒と言うより小心者なのでしょう。

ただ寮生活を始めるにあたっても生活用品のこととか、なんら力になれず、
頼られることもなかった父親なので、
早くは決めたいが息子が不便にならないように、
納得できる物件を探したいと強く思っています。
私ができることをしてあげたいです。

[WAKA]

理解不能

今年の夏も暑いですね。
熱中症にならないためにも水分摂取は怠ってはいけません。
道を歩いていても、水分は摂取したほうがいいでしょう。
道端で倒れてしまってはいけませんからね。

さて、お盆休みに入る前のことです。
勤務中、会社の道路側に面しているほうの窓から何気なく外を見ると、
道路わきの歩道に植えてある木の葉の陰に、
(根元の方からも若い枝がにょきにょきと伸び、葉っぱをたくさんつけていました)
1Lのコーヒー牛乳の紙パックがひっそりと置かれているのが目に留まりました。

非常に短気な私は『はあ!?(怒)』と、
すぐさま怒りスイッチが入りました。


私にはポイ捨てする人の気がこれっぽっちも分かりませんし、
まして、葉っぱの陰に隠すようにそっと置かれていることに、
悪意を感じたからです。
でもまあ、もしかしたら置いた人が取りに戻るかもしれないし、
誰かが拾うかもしれない(←人任せの悪い私)と思って、怒りも静まり、
お得意のすぐに忘れることのできる能力により通常業務に戻りました。

ところが、定時になり、戸締りの為ブラインドを閉めていると、
先程目にした紙パックがまだそっと立っているのを見てしまったのです。
ここでまた怒りスイッチが入るとともに、
何とも言えないもやもやとした気持ちになりました。
見てしまった・・・というもやもや感です。
私は出来た人間ではないため、
人が放置したごみを喜んで捨てます!という風には考えることができません。
(これが出来たら素晴らしいんでしょうけど)

でも、見てしまった以上、そのまま放置して帰宅することもできません。
きっと、ものすごく後悔するので。
しょうがないので渋々拾いに行きました。
近くで見るとストローが刺さり、注ぎ口もきれいに閉じてありました。
きっと暑いので小さいコーヒー牛乳では足りず、
1Lのパックを買って飲んでいたのでしょう。
「もうっ!!(怒)」とそっと持ち上げると、
『ちゃぽん』とパックの中でコーヒー牛乳が波打ちました。

(えーーーーーーーーーっっ!!!!!!)

そんなことってあります?


そっとかげに隠しておいたうえに中身が残ってるって!


でもまあ、一旦持ってしまったものをまた戻すわけにもいかず、
中身が入った(しかも結構残ってる・・・おそらくストローが届かなかったのでしょう)紙パックを、
そのまま捨てるわけにもいかず、
仕方がないので丁寧に閉じてあった注ぎ口の部分を開き、
中身を捨て、空きパックを会社のゴミ袋に捨てました。
私の心の中の怒りとぼやきは伝わっているでしょうが、
きっと、神様に褒められることでしょう。


なかなか心からの善人になるのは難しいです。
熱中症にならないために飲み物を取ることも重要です。
でもせめて、自分で出したごみくらい、自分で片づけましょうよ。

[Okei]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR