井の中の蛙みたいな話

これまで赤裸々に語ってきましたように、
zumbaボクシングエアロビクスヨガスイミング と、
わりと忙しく、いくつかのスポーツジムに通っている私なのですが、
あるとき、いくつかの不満が重なったことがありました。

zumba は、選曲もコリオ(振り付け)もインストラクターによって違うのですが、
その時期、要はインストラクターのセンスがしっくりこなくて、
踊っていても、もうひとつ弾けきれない感じでした。
エアロビクスでも、どのクラスも、だいたい1~2ヶ月でコリオが変わるのですが、
その時期は、やはりコリオの動作が自分好みではないぐらいのことで、
1~2ヶ月待てばコリオは変わるのに、我慢できなくなっていました。

とにかく、ある時期、そうやって鬱憤が溜まった状態だったわけで、
そんなに不満があるなら同じジムの別クラスに移れば済むことなのですが、
なにしろ、しがない会社員の身、自由に使える時間には制約があって、
また、夜にやっているクラスにも限りがあるため、
ジムを変えずに別のクラスに移るのはなかなか難しいのが実情でした。
そこで、私、短絡的にも、
そうだ、別のジムに移ろうと思っちゃったわけです。

早速、近隣のスポーツジムについて調べ、体験の予約を入れます。
私は筋トレには少しも興味がないので、
ホームページ上に開示されているプログラム表を見ながら、
興味を引くクラスが開催されている日に、体験の予約を入れました。

私が参加したレッスンは「ファットバーン(中級)」。
・・・・・・名前だけ聞いてもどんなレッスンか分からないのですが、
“fat” を “burn” する、つまり脂肪を燃焼するクラスなんだそうです。
私は、脂肪を燃焼したくてジムに通っているわけではないのですが、
よくよく確認すると内容としてはエアロビクスということなので、これに参加。
まぁ、初めてのジムにやってきたというアウェー感に少し緊張しながらも、
これまでのスポーツクラブでは最高難度のクラスに参加していたという自負から、
多少もたつくことはあっても、すぐに慣れるだろうと思っていました。

この話は1年以上前の話で、
今から振り返ってみれば、浅はかな自負だったなぁと、恥ずかしく思います。
エアロビクスも、
たとえばSインストラクターはパドブレステップを多用するとか、
Kインストラクターはやたらピボットターンを入れるとか、
インストラクターによって好みのステップがあるものです。
それに、インパクト(強度)の入れ方もインストラクターによって異なっているので、
はっきり言って、最高難度のクラスに参加していたとはいえ、
どのインストラクターに習うかによって、
実はその難易度にはかなりのバラつきがあったと思われます。

この体験参加した「ファットバーン(中級)」、
担当のNインストラクターは、
ジャンプは多くないものの、面転換を多用するタイプでした。
つまり、強度はそこまで強くはないものの、
とにかく着地した足をそのまま置いておかないインストラクターで、
着地した足を蹴り上げながら方向転換するステップが多く、
私は全然ついていけず、惨憺たる有様でした。
ザックリ言えばセンスの問題。
情けなく、暗い気持ちになったものですが、
プログラム終了後、スタジオ出口で、
そのNインストラクターから掛けられた言葉が、
「エアロビクス、お上手なんですねぇ」でした。
・・・・・・そりゃ、やったことのない人よりは上手かもしれないけど、
私自身は意気揚々と、余裕の気分でチャレンジして玉砕したわけなので、
リップサービスだと分かりながらも、その言葉に屈辱を感じる私。

結局、井の中の蛙とはこのようなことだなと反省し、
ジムを移ることをあっさり断念した私です。
いまでも、元のジムのエアロビクスクラスに通っております、ハイ。

その、井の中の蛙事件があって以降の私は、なかなか謙虚なものです。

これは、もうそろそろ履歴書に書いてもいいような趣味だと思うのですが、
出張先で、その日の晩に接待などの予定が入っていない場合、
私は現地のスポーツジムを訪れ、プログラムに参加します。
出張先だと食生活が偏ったりしますからね、
zumba でもボクシングでもエアロビクスでも、なんにでも参加します。
その時の私は、かつてのように、
自分はそこそこできる、なんて思っていません。
zumba もエアロビクスも、選曲からコリオまでインストラクターによって違うのだし、
インストラクターによって好みのステップがあるものです。
初めて立ち寄るスポーツジムで、私がそんなことに順応できるはずがありません。
だから私は、謙虚に、習うつもりで参加しています。

つくづく、謙虚ということは大事なものだと思います。
仕事でも何でも、こんなの簡単だぜ!とか思って舐めていると、
足元をすくわれるというか、思わぬ失敗をするものです。
堅実に、自分ができるレベルのことを淡々と重ねていくことが、
実はいろいろな面で成功の近道となるのかもしれません。

ちなみに、実に謙虚な私は、初めて行ったジムで、プログラム冒頭、
「初めての方、いらっしゃいますかぁ?」と呼びかけられると、きまって挙手します。
いや、まぁ、そのジムのそのプログラムは初めてですから。
「エアロビクス自体が初めてですか?」と重ねて聞かれると、
『ちょっとだけ・・・』と答えます。
嘘つきのような気もしますが、ビッグマウスよりは謙虚でいいでしょう。
最終的に動き始めると、“初めてにしてはうますぎる”ので、
「あの人ナニ?」と、二枚舌みたいに思われるわけですが。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

フォトロゲイニング®︎

当社では、毎年、仕事以外でもいいから、
各自、何か新しいことに挑戦しようということになっています。
もちろん、それは、自分の見聞を広げるためです。

同僚の Okei さんは、今年、ボルダリングを習うと言っています。
彼女には、岩場をよじ登る屈強なイメージはないので、意外に思いますが、
本人がやるというのですから、やるのでしょう、立派です。
また、M M さんも、先日、着物でのお茶会デビューを果たされたようで、
みんな、それぞれに何か新しいことに挑戦しています。

さて、私。
さすがに自分だけ何もしないわけにはいかないと奮起しまして、
挑戦しました、フォトロゲイニング®

フォトロゲイニング、略してフォトロゲとは、
昔、林間学校などでやっていたオリエンテーリングみたいなもので、
チームごとに作戦を立て、地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、
チェックポイントに設定された得点を集めるアウトドアスポーツです。
もちろん、より合計点の高いチームが上位です。
フォト・・・の名前の由来は、
チェックポイントで見本と同じ写真を撮影しなくてはいけないこと。
つまり、「見本と同じ写真を撮って来い、そしたら点数やるぞ」という競技。
町おこしを兼ねて、ここ2年ほどで急速に広まってきました。

先日、長野県伊那市で行われた、
高遠クローバーフォトロゲというのに参加してきました。
私たちは大人4名子供1名の総勢5人の陣容で、
エントリーしたのは3時間コース、49チーム140名が得点を競います。
(他に5時間コースもあって、エントリーしている猛者が73チームも!)

高遠クローバーフォトロゲ 開会式

8時15分から、地図の見方やらの講習を受け、
ちょこっと練習なんかしてみたりなんかして、
おやおや、これは少し楽しいんではないかと思い始めた9時45分、
ついに 1/25000 の地図とチェックポイント一覧が配布されます。

地図 チェックポイント一覧

まずは作戦会議。
順路が決まっているわけではありませんので、
どこをどういう順番で巡るか、相談するわけです。
今回思ったのですが、こういうのは意外と性格が出るものですね。

作戦タイム

結局、私たちのグループは健脚ではないので、山中のポイントは避け、
比較的進みやすい川沿いを西に向かい、
100点のポイント「六道の堤」を目指すことにします。

本気度の高いチームは小走りですが、
私たちは物見遊山なチームなので、徒歩でマイペースに進みます。
とはいえ、林間学校のオリエンテーリングのように、
チェックポイントは頻繁には出現しないので、
ほとんどの時間はただ歩くことに費やされます。
走らなければ、まぁ、グループで行う農村の散歩です。
実際、団子やさんに寄ったりするグループもあるようで、
思い思いに楽しんでくださいというイベントなので、それでいいのです。

フォトロゲ道中 100 六道の堤

しかし、マイペースとはいえ、実際に歩いてみると、
これは少し楽しいんではないかという思いは、わりと序盤で吹き飛びます。
というのも、高遠の街が非常に山がちで、
距離は近くても標高差があるとか、意外とジワジワと体力が奪われ、
ちっとも走っていないのに、膝やら足首やらに影響が出てくるのです。

さて、結局、私たちのチームは、
52→90→56→100→81→42→38→74→40 と巡って、
合計573点を獲得しました。
なかなかの高得点のようです。
が、ゴールの制限時間を2分オーバーしてしまったため、
-200点となってしまいまして、結局 373点の7位に沈んでしまいました。
残念。
あそこで秋田犬を連れた地元の方と触れ合ったのが仇となりましたね。

しかし、私たちは物見遊山の旅、ただ単純に楽しかったので満足です。
なにしろ、チームメイトで地図を読み合って話し合い、
回る順番を決めて、あとは励まし合いながら歩くので、
イヤでも親睦は深まるというもの。
こういうのが普段の生活には欠けているなぁと実感。

ところで、終了後、会場近くのおそば屋さんで昼食をいただいたのですが、
さすが信州そば発祥の地・伊那、いただいた『高遠そば』が絶品でした。

高遠そば

この『高遠そば』のおいしさは、
また来年もフォトロゲをしに高遠に来ようかというモチベーションになるよねと、
チームメイト一同、感動しきりの味と喉ごしでした。
実際、いままで私は、
そばが一番おいしいのは幌加内だと信じて疑っていませんでしたが、
私のなかの1位を塗り替えるかもしれないほどのおいしさでした。

というわけで、毎年、何か新しいことに挑戦しようという社是をコンプリートした私。
ベストそばにも出会えて、満足です。
みなさんも何かを探してみましょう。

[AKA]

はじめてのサイン会

皆様こんにちは。
冬も終わり、少し暑さを感じる時期になりましたね。
外で気持ちよく過ごせる時期になってきました。
私は、見た目に反して夏が一番好きな季節なので、
少し暑くなってきた今時期も好きです。

季節のお話は関係ないのですが、
この前のブログで宣言していたとおり、
今回のブログは気持ち悪いブログになりますのでご了承ください 笑

実は3月24日(土)に、
あの有名AV女優、吉沢明歩さんが新潟に来られました!!
新潟市のDVDショップでサイン会が行われていたのです。

サイン会ポスター

すごくないですか!? あのアッキーですよ! 
私はそれを知ったときに、絶対に行く、と決めていたので行ってきました~。
前も有名な女優さんが来られたことがあったのですが、
その時はなんとなく恥ずかしくて行けなかったのです・・・
そのあとにすごく後悔をしたので今回は行こうと・・・
ええ、行ってきましたよ!

サイン会や握手会に行ったことがない私は持って行くものがわからず、
とりあえず色紙を買って会場へ。
サイン会に参加するにはチケットが必要で、
そのチケットはDVDを買うことで貰えます。
一枚でサインと握手、2枚で2ショットのチェキを撮ってもらえます。
私はもちろん2枚買いました!
サイン会場には係の人が誘導してくれ、3人1組ずつ会場に入る形式になっていました。
もうこの待っているときのワクワク感がすごかったです 笑
そしていざ会場へ・・・

うおー!! アッキーがいるー!!

吉沢明歩

このアッキーめちゃ可愛い!ってのもありますが、無難な画像探すの大変だった・・・

本物の吉沢明歩さんは、テレビや雑誌で見るよりも綺麗でかわいかったです。
そしてなにより、顔が小さい!!
2ショット撮ったのを見たときに自分と比較したら本当に小さくてびっくりしました。
私も顔が小さい方と言われます。まあ小柄なので特別顔が小さいわけではないと思います。
そして私は緊張しているのかちょっと離れていたりマヌケな表情でした 笑 

写真を撮ったあとにサインと握手をしてもらいました。
色紙は自分で用意していたのですが、
DVDメーカーさんのロゴが入った色紙が用意されていたのでそちらでお願いしました。
せっかくなのでロゴが入っている方がいいですし。
サインの前に、アッキーが「宛名はどうしますか?」と聞いてきたので、
名前でお願いしました。
書き方がやっぱり手慣れていますね~とか、
顔小さくてびっくりしましたみたいな会話をしながら握手。
もう名前入りの色紙は宝物ですよ!
私にとってはスターみたいな方ですので!


前回のブログでもパワーのお話をしましたが、
3月にあったこのイベントのおかげでいろいろパワーを貰えました!
5月のゴールデンウイーク過ぎてからはまた楽しみなことがあるので、
今から待ち遠しいです。

皆様も昔の私のように後悔しないようにぜひ行動して下さい!笑 
あー、次は誰のイベントに行けるか楽しみだなぁ。

[SYUN]

外見の話

先日知り合いの女性と世間話をしていたのですが、
話の流れで、今まで身近なところでテレビに出ている美人女優並みの人や、
モデルのような抜群の容姿スタイルの人に出会ったことはあるかと聞いたところ、
全くないと言っていました。
テレビや雑誌に出ているような人はその辺にはいないと。
それを聞いて、まあそんなものかと。
滅多にいないから女優やモデルなんだと。

私は若い時には毎週のようにお酒を飲みにいっていたのですが、
いっしょに飲みに行く友達にシュッとしたモデルのような外見の二枚目がいました。
今で言うイケメンです。
飲み会では女性の人気をいつも独り占めしていました。
ですから女性を交えての飲み会はまるで彼のために開いているようなものでした。
初対面である女性達が彼を取り合うようにしているのをいつも見ていました。

彼に積極的に言い寄る女性達は割と外見がいい娘が多いことにも気付きました。
そういう娘はまわりを気にせずあからさまに自分をアピールしていましたから、
自分の容姿に強い自信があるのだなと感じました。

女性の友達に女の子を何度か紹介してもらったこともありました。
可愛い子だよと言われ実際に会ってみると、
私が思うに、紹介してくれた女性よりも可愛い子はいないように感じました。
関係あるかどうかわかりませんが、
紹介者が女性を紹介してくれる時に、
「あの子すごくいい子だから私は絶対にあの子に幸せになって欲しい」
と思っているというセリフを別々の女性から聞きました。
仲良くしている友達をそんな風に言うことが流行っていたのでしょうか。
いったいどの立場で言っているのかと思いましたが、
紹介してもらう身ですからおとなしくしていました。
たまたま自分だけがそうなのかなと他の友達にその話をすると、
やはり同じ体験をしていて、そんなもんだと言っていました。
女性が言う可愛いは男性とは違うと。

また、女性同士の会話で、
会社の同僚の男性が付き合っている彼女や、結婚した相手を見て、
あの人にあの位の彼女なら丁度いいんじゃないとか、
全然つり合いが取れていないなどと言っているのを聞いたことがあります。
私がその場で話を聞いているのにも関わらずそのような話をするので、
普段から人をこんな風に見て評価しているのかと、
さすがに引きました。
その女性達が人のことを言えるほど可愛かったかどうかは言わないでおきます。

これまで私が体験した外見にまつわるちょっとしたエピソードをお話ししましたが、
人は決して外見ではありませんが、
外見で人を判断する人が多いのも事実です。
誰もが振り向くような素晴らしい外見の人は身近にはほぼいないわけですし、
内面的なものが外見に現れると思えば、
人の外見に対して色々言えないのではないかと思うのですが。
まあでもそんなことはわかった上で言ってるんですかね。

人を見た目だけで判断するのはどうかということからは全く逆の話になりますが、
お笑いコンビメイプル超合金のカズレーザーという人がいます。
金髪に赤いスーツがトレードマークと言えば思い出す人も多いでしょう。

カズレーザーhttps://news.mynavi.jp/article/20160615-a208/

そのカズレーザーが10代の若者と討論するテレビ番組があり、
参加していた19歳の音大生の女性が人を見た目で判断しないでと訴えたそうです。
高校から音大の付属だったのでほとんど遊ばずに真面目に頑張っているのに、
服装や顔立ちでチャラいと思われるとのこと。
その日の女性は長い髪を茶髪にしてパーマをかけ、
Vネックの黒いトップスで、他の10代からもチャラく見えると言われていた様子。
それに対しカズレーサーは、
自分も世間から見たら変わった格好をしているほうだと思う。
見た目で判断されることは多いとした上で、
「派手な格好をする理由を向こうは推測する。
チャラいと言われてしまうのはごくごく自然なこと」
「自身が選ぶ服装には確固とした理由がある以上、
その外見には内面などすべてが現れている」と指摘。
自分の意志で選んでるものに対して、
私はこういう格好をしているのに、こう思われるのは嫌、
と言うのは自分の勝手だと思う。

周りからのイメージは見た目で決めつけられてしまうもので、
自分ではどうすることもできない」
こういう風に思って欲しいと思うのであれば、
そのイメージに合う格好をすればいい。

真面目に思われたいなら真面目に思われる格好をすればいい」
と言ったそうです。
かなり見た目のインパクトがあるカズレーザーが言うと説得力がありますね。

いずれにしても、好むと好まざるとに関わらず、
外見で人を判断したり、判断されることは現実にあります。
自分自身の外見にあまり無頓着にならず、
人からどう見られるか意識することも必要かと思います。

[KAZSOU]

彼女の黒歴史

弊社の K.K さんの記事に、
まるで、私がペラペラしゃべる最近のウルトラマンは認めない
と言ったかのように書かれていましたが・・・・・・まぁ、その通りです。

いや、それは完全にイメージの問題であり、
ウルトラマンって、初代からしゃべってはいたと思うのです。
第1話でも、ハヤタに「はっはっはっ…心配することはない」などと話しています。
ただ、その声はお世辞にも爽やかではなく、
どう聞いても正義の味方というよりは悪い宇宙人みたいな不気味さでした。
いや、ウルトラマンって、そもそも宇宙人なので仕方ないんですけど、
その不気味さにショックを受けた私は、
イメージのなかからウルトラマンの通常会話シーンを消したのでした。

それにしても、最近のウルトラマンはよくしゃべります。
戦闘中にも敵の怪獣に対して、
威勢良く「おっしゃ!こいやー!」とか言っていて、びっくりします。
逆に、宇宙人感がなく、普通の青年のようです。

あと、もう一点、気になっているのが、戦い方ですかね。
最近のウルトラマンは剣のような武器を持って戦います。
相手も武器を持っていることが多いので、
刃と刃が当たって火花が出たり、殺陣のような動きが多いように感じます。
昔のウルトラマンは、投げ技を中心とした泥臭い戦いを繰り広げており、
火花なんて出ません。
それどころか、ジラースの襟巻をもぎ取ったり、ゲスラの背びれをはぎ取ったり、
ジェロニモンの羽根をむしり取ったり、
おおよそ正義の味方とは思えぬ、小学生のクソガキのような戦い方で、
私は、その肉弾戦みたいな感じが好きだったものです。

まぁ、時代は変わったということでしょうか。

ところで、もともとほとんどしゃべらなかったくせに、
時代とともにどんどんしゃべるようになったキャラクターが、他にもいます。
コイツです。

ぬりかべ www.drillspin.com/person/view/ARDSAX162016

80年代に放送された第3シリーズのコイツは、ほとんどしゃべりませんでした。
しゃべっても、「ぬ~り~か~べ~」って、名乗るだけ。
似たような感じのキャラクターとしては布キレでできた一反木綿がいますが、
彼が「乗りんしゃい」や「たまらんばい」などと九州弁で話すのに対し、
ぬりかべは意味のある会話はできないキャラクターなのだと認識していました。

それが2000年代放送の第5シリーズではこんな感じ。

ぬりかべ一家
http://blog.livedoor.jp/ryunosuke_w913/archives/51139145.html

いやいや、しゃべるかしゃべらないか以前に、妻子おんのかい。
しかも子供多っ!
当然、妻子とコミュニケーションをとるために、彼はやたらと饒舌です。
妻も、ちょっと肝っ玉母さん風で、夫以上にしゃべりますし、
子供も12人もいたら、うるさいうるさい。
作中では妻子と仲良く住むためのマイホームを建ててました。
いやあ、時代の変遷とはいえ、キャラ設定を大きく変更しすぎでしょう。

ところで、ゲゲゲの鬼太郎のキャラ設定で思い出しましたが、
ぬりかべがしゃべれなかった頃、
その同僚にあたるネコ娘はこんな感じでした。(第3期)

ネコ娘(第3期) http://blog.livedoor.jp/amanohosomichi/?p=31

なんというか、純朴な子供ですよね。
小学生のころ、クラスにこういう感じの子がいたような気もします。
それが、ぬりかべが結婚して子宝に恵まれて饒舌になったころ(第5期)
ネコ娘はこんな感じ。

ネコ娘(第5期)
http://seesaawiki.jp/w/ebatan4/d/%C7%AD%CC%BC

エロいですねぇ、あざといですねぇ。
これが実際に放映されたのは2007年で、
それはAKB48が「会いたかった」でメジャーデビューした翌年にあたるそうなので、
このネコ娘のビジュアルは、明らかにAKBというか、
世間の好みを意識して、流行に寄せてデザインした感じがします。
この写真では水着を着ていますが、
メイドの格好をしたり、チアリーダーのコスプレをしたり、ボディコンで出かけたり、
やたら着替えるのが2007年の特徴です。

ところで、アニメ化50周年を記念したとかなんとかで、
今年の4月1日から新シリーズが放映されています。

公式 ⇒ http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/

そして、当代のネコ娘のビジュアルはこんな感じ。

ネコ娘(第6期) http://jin115.com/archives/52206492.html

足、長っ!
ネコ感は皆無なような気もするんですが、どうなんでしょうか。
クールすぎて、ちょっとSっ気のあるキャバ嬢みたいな感じがするんですけど。
天敵・ネズミ男との、アニメとしてのビジュアルバランスも気になるところですが、
これは、昨今のニーズに合ったビジュアルの進化なんでしょうか。

ちなみに、美人の過去の秘密を暴き立てるようで心苦しいのですが、
原作のネコ娘はこんな感じです。

ネコ娘(原作)
https://matome.naver.jp/odai/2132989506785896701/2132989794586025403

もとは、だいぶ下品な娘さんだったのですね。
黒歴史を見たような気分になりました。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR