FC2ブログ

左と右

私は子供の頃から国語辞典を“読む”のが好きでして、
ヒマがあれば「あ」から順番に読んでいったものです。
いま、ヒマ潰しといえばスマホが定番で、
地下鉄に乗ったりすると、何か新種のウイルスにでもやられたかと思うほど、
ほぼ全員がスマホを見つめ、ゲームに興じたりしてヒマを潰していますが、
国語辞典を読むというのも、
なかなか、ヒマ潰しとしては、かなりのヒマを潰すことが可能です。

私の自宅にある時点で、最も愛用しているのが広辞苑(岩波書店)です。
国語辞典といえばコレって感じでしょうか。

試しに何か引いてみましょう。
こういう時に私が面白いと思うのが、相対的に意味が変わりそうな単語。
たとえば“右”とか。
試しに考えてみてくだされば分かりますが、
“右”って何でしょうか、
意外と説明が難しいことに気づくと思います。

広辞苑の場合は、「南を向いたときに西にあたる側」だそうです。
これを初めて見たとき、私はなるほどなぁと感心したものです。
いや、なるほどなぁとか、そんな浅いものではなく、
編者の新村出さんに対して敬服の念を抱いたといってよいほどの感心です。
新村出さんには、「雲」という単語1つについても、語源や意味、用法など、
ノートを4冊も使って意味を調べあげたというエピソードがあります。
おそらく、“右”などというくだらない単語でも然りでしょう、
プロの仕事だなと感じ入るのです。

さて、こうなってくると、他の辞典ではどう書かれているのか、気になりますよね。
広辞苑のほかに、現在自宅にある国語辞典ということで、
明鏡国語辞典(大修館)を引っ張り出してきました。
大修館といえば、普段から大漢語林という漢和辞典をよく使うのですが、
国語辞典については、普段は広辞苑があるので、
明鏡は奥にしまってあったのですが・・・・・・、
気になってしまったものは仕方がありません。

明鏡では、“右”とは、
「人体を対称線に沿って二分したとき、心臓のないほう」だそうです。
なんかこう、人体を二分したときという表現が、
理科室に展示されている人体標本なんかを思い出させたりして、
シュールというか、不思議な気分にさせられます。

それより明鏡の特徴的なのは、“右”ごときで例文が載っていることです。
例文:「[X線写真を見て医者が] ―の肺に陰があります。」
・・・・・・わざわざ注釈付きで例文に挙げるような用例でしょうか、コレ。
徹底的に人体にこだわる姿勢も特異な明鏡国語辞典です。

いずれにしても、“右”という単語は、
広辞苑と明鏡国語辞典とで説明が違うということが分かりましたね。

さらにほかの辞典ではどうなっているのでしょうか。
気になり出したら止まりません。
図書館に行ってみることにしましょう。

日本国語大辞典(小学館)は、私は初めて見た辞典でしたが、
“右”という単語については、
「正面を南に向けたときの西側にあたる側」という広辞苑型の説明と、
「人体で通常、心臓のあるほうと反対の側」という明鏡型の説明が併記。
むむっ、両方書いておくなんて、なんだか卑怯……と思いませんか。

それから、大辞林(三省堂)によれば、“右”とは、
「大部分の人が、食事のとき箸を持つ側」だそうです。
これは大辞泉(小学館)もそうでした。
ちょっと、そう言い切ってしまうのは大丈夫なのか、
意外と時代がかった表現のような気もしてきますね。

さて、図書館から戻り、自宅で一番古い国語辞典を引っ張り出してきました。
それは大言海(冨山房)
60年も前に刊行された古い国語辞典が説明する“右”とは・・・。
まさかの……「左の反対」。
ちなみに“左”の項目には、みなさんの予想通り、「右の反対」。
まるで子供をからかう婆さんのような答えです。

ところで、最後に豆知識ですが、
“右”という漢字の1画目は上から左下への払いです。
一方、“左”という字は、左から右への横一文字が1画目です。
“右”は右手、“左”は左手を表していて、
“右”は横棒が腕、払いが掌、“左”は横棒が掌、払いが腕だそうで、
掌を書いてから腕を書くので、“右”は左払いから、“左”は横棒から書くのだそうです。
面白いですね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

自分を素敵に。

最近何かと耳にする人もいるのではないでしょうか。
『骨格診断』『パーソナルカラー』

骨格診断とは、身体の「質感」「ラインの特徴」から、
自分自身の体型を最もキレイに見せてくれる、
ファンションアイテムを導き出すメソッドです。
パーソナルカラーとは、持って生まれたボディカラーを元に、
個人に似合う色を診断する手法です。

先日その両方を簡易的に診断してくれるセミナーに参加してきました。
参加者は10名ほど。
みんな若いのでちょっと気後れしてしまいました。
しかも、『当日は出来ればノーメイクでお越しください』と、
注意書きがあったにもかかわらず、みんなちゃんとメイクしていて、
素直にドスッピンのまま行った40歳はちょっと場違いな感じがしました。
ま、いいんですけどね。

軽くこれらの診断についての説明があり、まずはパーソナルカラー診断から。
一人ずつ目の色や髪の色、質を確認していただいた後に、
壁一面の鏡の前に座り、3人ずつ診断をしていただきます。
パーソナルカラーは大きくイエローベースとブルーベースに分かれます。
診断方法として二種類(イエローベースとブルーベース)の色のクロスを顔の下にあてて、
顔の映りを見て判断します。
面白いことにそれぞれの人がそれぞれのクロスの色で顔色が変わって見えるのです。
素人の私には似合う方の色はよくわかりませんでしたが、
その人に合わない方のクロスの色だと顔色がくすんで見えたので、
こういうことかと納得できました。

問題は自分のことだなと思いました。
実は自宅でも本を買ってセルフ診断していたのです、
が、判断できなかったのです。
(家ではクロスではなく色紙を顔に当ててみてました。)
実際にその場でクロスを当ててみてもらっても、
やっぱり自分ではどちらのタイプなのか分かりませんでした。
でも、周りの受講者の方は、
分かりやすく「あ~⤴^-^」とか「あー⤵((+_+))」とを、
声にだして教えてくれました。
交互に比較すると分かりやすいようです。

次に骨格診断です。
骨格診断は大きく3つのタイプ(ストレート・ウェーブ・ナチュラル)に分かれます。
こちらは見た目と骨部に触れての診断です。
一人ずつ講師の方の前に立ち、触診してもらいます。
後頭部の形や手首、鎖骨などです。
素人目にもわかりやすい方もおられるし、
実際に触ってみないと分からない人もいるそうです。
こちらもセルフ診断済みでした。
でもセルフ診断では質問事項は今一つはっきりと答えが出せないものばかり
(身長に対し手や足が大きい?普通?小さい?とか、何を基準に判断すればいいのか私には難しい・・・)で、
そんな中ででた結果はどれほどの信憑性があるのか、
分かったものではありませんでした。

納得いかないために今回このセミナーに参加したのですが、
見事にパーソナルカラーも骨格診断も、
自己診断とは異なるものを伝えられました。
自分の診断があっていることの確認のために申し込んだようなものなのに、
まさかの大どんでん返し。
客観的な判断をしてもらい、受講してよかったなと思いましたが、
それでも骨格診断に至ってはまだ納得していない部分があります。
だって、私が診断してもらったタイプに該当する芸能人は、
戸田恵梨香さん、壇蜜さん、綾瀬はるかさんなんですって。

私を知る人にとってはオチでしかない・・・(苦笑)。

今回大まかに診断してもらいましたが、
一人ひとり顔が違うように骨格もミックスタイプであったり、
そのベースの色であっても似合わない色もあるそうなので、
これだという型にぴったりとハマるわけではないようです。
自分を素敵に見せるアイテムが、
これだとわかったわけではありません(まだ納得していない私・・・)が、
今後洋服を着る際、買う際には、
ちょっと意識を変えるだけでも素敵な私になるかもしれません
自分で判断できないです私ですけどね。

[Okei]

ヤコビアン

って、なんなんでしょうか。
葛城ユキ?(←それはボヘミアン)

さて、人間の脳の仕組みがどうなっているのか、私には分かりませんが、
すこぶるリラックスしてボーっとしているとき、
不意に何かのフレーズが頭に浮かぶこと、ありますよね。
それも、「おなかすいたなぁ」とか「仕事がつらいなぁ」のようなものではなく、
まったく意味のない単語が不意に頭に浮かぶ場面です。
私は、かつて短距離走の選手だったためか、
意味なく「陸上競技」という単語がフワッと思い浮かぶことがあります。

それから、“微分積分学Ⅱ”という、20年以上前に受講していた数学系の講義で、
毎週、小川教授が演算中に、それは楽しげに、
「忘れちゃいけないヤコビアン♪」と言っていました。
要は「ヤコビアンを最後に忘れずに掛けなさいね」という注意喚起なのですが、
それを、どういうわけか今でもよく覚えていて、フレーズとして出てきます。

しかし、そもそも、ヤコビアンとは何なのでしょうか。

確か、重積分を解く際に、変数変換を行った方が簡単な場合があって、
そのときに (x, y) の式を (u, v) の式に変換した、
次のような公式を習ったような気がします。

重積分の変数変換

この J(u, v) がヤコビアンで、
小川教授の前の年に数学を教えてくれた松田助教授によれば、
積分における変数変換というのは、別空間へ写像を行い、
写像した後の領域において積分を行う……というイメージだそうで、
その際、写像の前後では空間が伸び縮みするので、
その伸び縮み分を打ち消すためにくっついているのがヤコビアンだという説明でしたが、
しかし私は、なぜ、変数変換でヤコビアンを使うのか、
なぜ、ヤコビアンの行列式を積分の式にかけたのかが理解できず、
松田助教授の“微分積分学Ⅰ”の試験は8点しか取れませんでした。
「レポートを出したら加点してあげよう」というのでレポートを出したものの、
最終的に、加点後の点数は12点で、見事、再履修となったのでした。

つまり、私は、“微分積分学Ⅰ”の再履修を食らいながら、
同時進行で“微分積分学Ⅱ”も履修するというありさまでしたので、
なかなかついていけずに苦労しました。
小川教授は、面積分の重積分の変数変換はヤコビアンを使わないと言いますが、
それだって、変数変換でヤコビアンを使う理由を理解してない私には意味不明。
20歳前後の新鮮な脳を使ったって、そんな説明で分かるかよ
と思っていました。

そこで、業を煮やした小川教授が私にしたのは、
「重積分の、空間調整のための J(u, v) をヤコビアンと呼び、
それは、こういう行列式によるのだ」と、
つまり、「そういうもんだと思え」という、やや乱暴な指導。

ヤコビアン

でもね、今になって思うのですが、
数学において「暗記するだけ」というのは、やっぱりダメですよね。
だいたい、数学は他の学問と違い、答えに必ず理由が存在するので、
順を追って理解すれば、絶対に辿り着くようになっているはずです。
従って、自分で一度は本質的に考えてみないと、理解したといえない感じがします。

あれから20年。
悔しいと思った私は、数学の先生に習いに行くことにしました。
が、当時の小川教授は、当時からおじいちゃんだったため、とっくに退官されており、
当時は中堅だった松田助教授もすでにおらず。
……つい先日まで学生だと思っていた私、意外と歳を取っておりました。
そこで、数学も物理も似たようなもんだろうと思いつき、
先日、かろうじて現在も教授をなさっている物理のY教授に習いに行きました。

仏のY先生は、優しく教えてくださいました。
ヤコビアンとは、置換積分∫f(y(x))dy=∫(f・y)(x)(dy/dx)dxの際の、
(dy/dx)を一般化したもの、つまり、変数を変換する際の倍率だそうです。
ふつう、積分の最後に書く dxdydz というのは、
変分ΔxΔyΔz の極限を示したものですよね。
そして、例えば変分の大きさを Δ=10^(-10) としたとき、
それは、(x+Δx)-x=10^(-10) ということになり、
体積ΔxΔyΔzと球座標の体積ΔγΔθΔφは一致しなくなります。
これを補正する役割を持つのがヤコビアンだという説明でした。

なるほど、分かりやすい。
いや、当時の松田助教授も小川教授も同じ説明しをしてくれていたのでしょうけど、
私の側の問題で、少しも頭に入りませんでしたね、それ。
何を言っているのか分からんジジィ呼ばわりして、申し訳ないことでした。

ちなみに、面積分でヤコビアンを使わない理由ですが、
面積分の定義が「(面積要素)・(関数値)の積分」だからだそうです。
これが定義なので、面積要素と関数値の積をとるときには、
何も補正を加えなくていいのだという説明でした。
この説明は、当時、聞いた覚えがないのですが……どうなんでしょう。

しかし、まぁ、高校で習うレベルの置換積分の公式にも、
x'(t)というのが出てくるので、
重積分になった分だけ、それが複雑になったのだろうという気もします。
私は高校に行かなかったので、みなさんがどう教わっているのか、イマイチ分からないんですが。

置換積分の変数変換

というわけで、しょっちゅうヤコビアンについて思い浮かぶことが謎でしたが、
その理由は、たぶん、それがどういう意味を持つ行列式なのか、
当時、充分に理解できずに不完全燃焼だったからに違いありません。
おそらく、当時から現在に至るまで、
潜在意識化で「気持ち悪い」と思っていたからではないでしょうか。

頻繁に思い浮かぶのに、何の事だか分からぬという、
気味の悪い感じのある方は、
意外と、大昔の他人の説明に違和感が残っているからかもしれません。
たまには、探しに行く旅も面白いかもしれませんよ。

[SE;KICHI]

え? 手作り? ほおお。

バレンタインデーのチョコレートにしてもなんにしても、
手作りのものには価値があるといいます。

さて、5, 6年前にもご紹介したことですが、
私が神社仏閣の御朱印を集めるようになってから、かれこれ30年くらいになります。
当然、自宅には収納に困るほどの、大量の御朱印帖があります。

御朱印帖(御朱印をいただく帳面のほう)というのは、
寺社の納経(御朱印)窓口で頂くのがスタンダードです。
最近は、寺社オリジナルのカラフルな御朱印帖も増え、
かわいらしさから御朱印を集め出した「御朱印ガール」も増えていると聞きます。
以前は、御朱印帖といえば、紫や紺など年配の方を意識したデザインが主流で、
買えるのも仏具屋や大きめの画材屋さんなど、
武骨で、ちょっと間口の狭いイメージでしたから、
広く認知されてきたことは嬉しい限りです。

と、そんな先日、自宅に届く生協の注文カタログにこんなページが。

オリジナル朱印帖

はぁぁぁぁ! こういうものを手作りするキットが発売されましたか!
自宅に数十冊の御朱印帖がある私ですが、自作なんて考えたこともなかったです。
考えてみたら、蛇腹の和紙に表紙をつけただけなので、
自分でも簡単に作れそうなものですが、自作なんて思いつきもしませんでした。

手作りキットを生協で売っていることに驚くと同時に、
……高っ!
まぁ、西陣の緞子らしいですから、どうしても高くなるんでしょうけど、
だいたい御朱印帖というのは、寺社オリジナルでも相場は1500円ほど、
表紙を金襴の緞子にしたとしても、せいぜい2000円くらいのものなので、
2500円というのは、なかなか強気の価格設定です。
まぁ、私は、御朱印帳の肝は表紙ではなく、中の和紙だと思っているので、
西陣の緞子に魅入られたりはしません。
和紙が薄いと、御朱印の墨痕が裏移りするのです。上の写真だと、もし和紙が薄ければ、左の三千院の御朱印は大丈夫だとしても、右の高台寺の御朱印は、たとえば「佛心」の“にんべん”部分などが裏ににじんでいるかもしれません。厚手の和紙の御朱印帳を選びたいものです。

というわけで、高すぎて手が出ないうえ、なんだか不遜な感じもすることもあって、
この、手作り御朱印帳キットは買いませんでしたが、
そんな時に突如として思い出したのが、
30年以上前、私が生まれて初めて自分で買った本、『奈良の寺寺』

『奈良の寺寺』

タイトルのとおり、奈良の古刹を紹介している紀行文みたいな本で、
なんだか、読み込みすぎてシミまでついていて恥ずかしい限りなのですが、
なぜ、この本を思い出したかというと、和綴じだったから。

作ってみましょう。

材料はこれだけです。
和紙と、表紙に使う化粧紙、今回は浅縹色(水色)にしました。
あとは角を保護する角裂(かどぎれ)に使う薄い画用紙、こちらは菖蒲色(紫)。

和綴じ-材料一式

まず和紙を、艶面を外にして半分に折り、
全部折ったら、それを重ねて、
ズレないように折った側をクリップで留めます。

和綴じ-① 和綴じ-②

次に、綴じ糸を通す穴を開けていきます。
いきなり針で糸を通そうとすると、紙に力がかかるので、
あらかじめ印をつけ、千枚通しで穴を開けておくわけです。
両端から1.5cmのところに印をつけ、さらに、その2点間を3等分して印をつけます。
今回は、2点間が15.3cmだったので、5.1cm間隔で印をつけました。
こうしてできた5点に、千枚通しを垂直に立て、紙をめくりながら穴を開けます。
この段階では、穴は大きくしておいたほうがあとでラクです。

和綴じ-③ 和綴じ-④

次に、綴じた後に冊子の端がほつれたりめくれたりしないように、
小さな紙片(角裂 かどぎれ)でまとめます。
こういう感じの小さな紙片を作り、裏面から背表紙を経て表面に糊で貼り、
上は潰して、うさぎの垂れ耳みたいな感じに折ります。
(そのため、この部分を「耳」と呼んだりします。)
反対側の角も同様に処理します。

和綴じ-⑤ 和綴じ-⑥
和綴じ-⑦ 和綴じ-⑧
和綴じ-⑨ 和綴じ-⑩

次に表紙を作って、いよいよ綴じます。
今回は、和紙と同じサイズの化粧紙を切り出して表紙にします。
表と裏をこの化粧紙で挟み、和紙に開けた穴に合わせて軽く穴を開けておきます。

和綴じ-⑪ 和綴じ-⑫

綴りは上から2番目の穴の背後からスタートです。
2番目の穴の表に出てきた針を1番目の穴の表側に通し、
裏から出して横を回して表へ、また裏から出して上を回して表へ。
それから1番目の裏から2番目の裏に入れ、
2番目の表から3番目の表に進め、3番目の裏から横を回して表へ。
……あとは省略しますが、4番目の角を回して、最後は2番目の裏で終わりです。
コツは、糸を多めに繰り出しておくことです。

和綴じ-⑬ 和綴じ-⑭
和綴じ-⑮ 和綴じ-⑯

最後に、そこで玉結びにして、
表紙にタイトルを書く「題箋」という和紙を貼り付けて完成です。

和綴じ-⑰ 和綴じ-完成

どうでしょうか。
このブログ用に、手順を写真で記録しながらの作業でしたが、
30分もかからずに完成させることができました。
雰囲気を出すためにわざわざ畳の上で作ったので、少し腰が痛くなりましたが。
もう少し穴位置などを正確にできれば、『奈良の寺寺』みたいなのを作るのも、
おそらく、そう難しくはなさそうです。
原価は、そうですね、和紙を10枚使ったとして、せいぜい300円くらいでしょうか。
……安っ!
まぁ、もちろん表紙は西陣の緞子とかではありませんので、単純な比較はできませんが。
友人に、ピザ窯やら燻製の装置やら、アウトドアの用品を自作する人がいて、
私は「おうおう、面倒なことをよくするなぁ」と思っていましたが、
和綴じの帳面、この手間と材料費だったら、自作もアリなような気がしますよね。

[SE;KICHI]

少年時代を再び・・・

小学生の頃からの付き合いで、今でも遊んでいる友人がいます。
現在は東京に住んでいる友人なのですが、
新潟に帰ってきたときには一緒に食事などに行きます。
今年の9月にその友人が帰ってきたとき、少しいつもと違うことが・・・

「ミニ四駆やろうぜ!」

私が小学生の頃にブームとなったものです(最初のブームは私の世代より少し前ですが)
有名な玩具なので説明は不要かもしれませんが、
レーシングカーのような模型を組み立て、電池を入れて走らせるものです。
モーターや、タイヤ等のパーツを変更し、自分仕様に改造することも可能です。
彼がなぜ再びミニ四駆を買ったのかは不明ですが、
ミニ四駆を試走させたいとの要望があったので、
ホビーロードという模型店に行きました。

お店に着くと、入り口にはジブリ作品のぬいぐるみやフィギュア等のグッズが。
模型店というとちょっとマニアックなイメージを持たれるかもしれませんが、
こういったものも豊富に扱っています。
個人的にホビーロードの看板であると思っているRCカーも相変わらず置いてあり、
コースもありました。
ガンダムの模型等も懐かしく、友人達と盛り上がっていました。

そんな感じで店内を歩き回り、ついに発見。
ミニ四駆コーナー!
ちゃんと走らせるコースもありました。
売り場を見ると、昔買ったことのあるマシンが復刻で売られていたりしていました。
もう見ているだけでみんな興奮していました!
その瞬間は少年時代に戻った感覚。
親子で来ている方もいらっしゃたのですが、
パーツ等を見ている姿はお父さんのほうが真剣でした 笑

無事にコースも見つけたので友人のマシンを試走させることに。
パーツはモーターだけを変更し、
タイヤやローラー等はデフォルト状態(本体を買ったら付属されているもの)でした。
いざ試走・・・

「速い!!」
友人の買ったミニ四駆は新型のものでした。
モーターを変更しただけで、かなりのスピードでみんな驚き!しかし・・・

「コースアウト!」
モーターを高性能なものにしたのに、他のパーツが平凡的なものでしたので、
スピードについていけなかったのです。
昔の経験上ですが、ミニ四駆は全体のバランスがとても重要です。
モーターを速いタイプのものにしたら、
高性能なローラーや安定性のあるタイヤにカスタマイズしなくてはいけないのです。
それを実感した友人はその場でパーツを買っていました 笑
私ともう一人の友人もミニ四駆を買うことに。
次回集まるときは3人でミニ四駆を走らせることになりました。
コースアウトは私もしたくなかったので、パーツは買っておきました 笑

最後になりますが、ブームの火付け役となった漫画と、私の買ったミニ四駆の紹介です。

「爆走兄弟レッツ&ゴー」

爆走兄弟 レッツ&ゴー!! WGP
https://www.videomarket.jp/title/131021/gZ131021001999H01

小学生の頃にこの漫画でミニ四駆にハマりました。
「いっけー!マグナム」と声を出すとマシンが加速したり、
服のボタンを走っているマシンのタイヤに当てて軌道修正させ、
壁走りで他のマシンを抜いたりと、まさに少年心をくすぐる漫画でした。

そして私の買ったマシンの、「バスターソニック」とこれから付ける予定のパーツ。

BUSTER-SONIC パーツ

パーツはまた買い足すかもしれません。

今この記事を書いているのは、11月6日(火)なのですが、
実は今週末に友人が帰ってきてミニ四駆を走らせる予定なのです。
全然作ってない・・・
おそらく土曜日に会うので、それまでになんとか完成させないと!笑

以前、K.K君がウルトラマンの記事を書いたときに、
もう一度アツくならないか、というのを書いていましたが、
少年時代にハマったものは思い出がありアツくなれます!
たまに振り返ってみると、新しい発見があったり、
私のように心が洗われるかもしれません 笑  

皆様がアツくなったものは何ですか?
アツくなったものが人生に大きい影響を与えていると個人的に思っています。
スポーツ選手はその代表的な例だと思います。
私は小学生の頃にギターを始めたのですが、今でも弾いています。
さすがに学生の頃のように毎日は弾けませんが、
弾いてるときは他の面倒なこと考えずに熱中できます。
このフレーズ難しいーとか、上手く弾けたー!とか・・・

この記事を読んでる方で、
日々忙しかったり、ストレスを抱えていたりする方がいらっしゃたら、
ぜひアツくなれるものを見つけていただきたいです。
その時間は、あなただけの特別な時間だと思います。

アツくなれるものなんてないよ、という方は私と一緒にミニ四駆しましょ 笑

今回も長くなってしまったー。読んでいただきありがとうございました。

[SYUN]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR