fc2ブログ

山月記のトラ

教科書で思い出しましたが。

山月記というの、覚えていらっしゃいますでしょうか。
調べましたところ、
かれこれ70年前から高校の「現代文B」の教科書に収録され、
現在では採択率が100%だそうです。
「現代文B」というと、大学受験を意識したカリキュラムには必須の科目ですから、
つまり、現在存命で、大学受験をした経験のある大半の方にとって、
一度は読んだことのある物語ということになります。

私は、高校には進学どころか受験すらしませんでしたので、
学生時代に山月記を教科書で学んだ記憶はなく、知ったのは大人になってからだったのですが、
いま思うと、実に惜しいことをしたと思っています。
というのも、山月記は、自意識過剰な青少年期にこそ読むべき物語だと思うからです。

必要ないかもしれませんが、少し説明します。

 主人公の李徴は、若くして高い位に就いたエリート官僚ですが、
 もともと人づき合いが苦手で、職場の人間関係に苦しみ、退職し、
 今で言うフリーランスになるわけです。
 しかし、そううまくいくはずもなく、自分の才能に絶望し、
 再び職場へ再就職することになったものの、
 当然、彼が離職していた間に、かつての同僚たちはみんな出世しているわけで、
 かつて、自分がバカにしていた連中が自分の上司になっており、
 プライドの高い彼はそれが許せず、一年後に発狂するのでした。
 そして、さらに一年後の、ある日の明け方、
 かつて李徴と、職場での同期であり友人だった袁傪が林の中を通っているとき、
 一匹のトラと出会います。
 このトラが李徴の成れの果てで、李徴と袁傪の対話が始まります。


トラ(になった李徴)は言います。
気づいたらこうなっていた、と。
つまり、自分は悪くないのだ、と。
しかし、袁傪と話すうち、李徴は何かを悟ったか、
プライドが高すぎて、他者に傷つけられることを恐れた「臆病な自尊心」があったことや、
恥をかかないように横柄にふるまった「尊大な羞恥心」があったことに気づき、
トラになったのは自らの生き方の帰結であると言い出します。

最後は、心までトラになって、襲ってしまうといけないから、
もうここへは来ないよう袁傪に言い、
李徴であるトラは林に去っていくのでした。

翻って、どうでしょうか。

自分も含め、私たちは自尊心や自己顕示欲を増長させ、
トラになる一歩手前まで来てはいないでしょうか。

自分のプライドによってトラになってしまうというのに、
アイツが悪いとか、アレさえなかったらとか、
自分以外のもののせいにしていないでしょうか。


一倉定によれば、「ポストが赤いのも自分のせいだと心得よ」と言います。
いま、目の前に起きたことはすべて自分のせいだと思えるか。
実に厳しい視点です。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



私も相手があなたで良かったです。

それは天気の良い昼下がりの出来事でした。
その人との出会いは予期せず突然訪れたのです。

満車に近いスーパーの駐車場で1台だけ空いていたスペースを見つけ、
停めようとバックしていたらバコッと音が、ん?
恐る恐るドアを開けて見てみると、
右隣りの車の左フロントとピタッと密着していました。
うわっ、やってしまった ・・・久しぶりに車をぶつけてしまいました。

うん十年前に教習所で習ったように、
先ずはぶける前の場所まで一旦前に車を動かし、慎重に駐車スペースへ移動しました。
車にはどなたも乗っていなかったので、戻られるのを待つことにしました。
待つ間にキズの写真を撮ったり、時間を持てたことで気持ちを落ち着けることができました。
しばらく待っているとこちらに歩いてこられる女性の姿が。
買い物バックを積み込んだのを見計らい、さっと車を降りて声を掛けました。
すみません、車をぶつけてしまいましたとキズがついた箇所を指をさしながら伝えると、
えっと言われたあとにキズを見て一言・・・まいったな・・・とぽつり。
続いて言われたのが、二日前に納車されたばかりなんです。でした。
うわぁぁぁぁぁぁぁ~~~、最上級に動揺してしまいました。

途中のやり取りは端折りますが、お互いの連絡先を交換し、
相手の方がこれから修理の見積を取りに行ってきますとおっしゃって別れました。
直ぐに保険会社へ連絡を入れ、
今後の補償を相手側に連絡を入れてもらえるようにお願いしました。
支払いは修理工場と保険会社間でしてもらうことになっていたのですが、
翌日、改めてお詫びの電話をかけたところ、
修理見積がこのくらいの金額ですが直していいですか?と言われたのです。
まさかそんな事を言われると思ってもみなかったので驚きました。
もちろん直してくださいと伝えると、続いて、
相手が fu~ma さんで良かったです。とおっしゃったのです。
変な言い方だけど当て逃げするような人が多いのに、
ちゃんと待っていてくれたじゃないですか、だからありがたかったです。とも。
そんな言葉をかけていただいたので、
私自身が当て逃げされ悔しい思いをした経験があったのでと伝えました。

これらは昨年の出来事ですが、
当て逃げの他に、よそさまの建築工事の最中に被害に遭いました。
塗装作業中のペンキが車に飛び散っていたり、木くずが降り積もっていたりと散々でした。
木くずは工事の最中に私自身が目撃したので、業者の人へ声を掛けたところ、
想像していなかった言葉が返ってきました。
相手「こういった工事していると木くずが出るのはしょうがないんですよ。」
私  「だったら前以て車を移動して欲しいと伝えにきたらどうですか。」
相手「先に一人が作業はじめちゃって俺が着いた時にはこんな状態だったから。」
私  「その前にペンキの被害があったばかりなので、こちらに落ちないようにシートで覆って作業をしたらどうですか。」
相手「シートが風に煽られたら物凄い音がしてうるさいから迷惑を掛けるし。」
私  「別に迷惑には感じませんよ。」
相手「今日中にはこの作業終わるんで、最後にエアーを掛けてゴミを払うくらいしますよ。」

まあまあ、対策をしない言い訳ばかり。
施主以外はどうでもいいのでしょうね。
その後もそのまま工事を進めるので車は移動しましたけど、
私の方が先に帰ったので結局エアーは掛けてもらわず仕舞いです。

被害に遭った方が不快な気持ちを引きずることになるのはしんどいです。
この度の事故は納車されたばかりの車と聞いてどうなることかと思いましたが、
迷惑を掛けた私に優しい言葉まで掛けてもらい救われる思いでした。
私もお相手があなたで本当に良かったです。

[fu~ma]

悔しい思い。

私にはNさんという先輩がいます。
このN先輩、富山を拠点とするハウスメーカーの社長さんで、
自社のCMに自ら出演するなど、アグレッシブな性格の方です。
仕事に対して情熱的で、
50代後半となっている現在でも積極的に勉強会などに参加するなど、
他人からどう思われるかなど気にせず、
使命感に忠実に行動される方
でした。

何がすごかったかって、
彼は、住宅全体の熱がどれくらい逃げやすいかを示す UA値(外皮平均熱貫流率)を、
いかに小さく抑えるか、
つまり、いかに断熱性能の高い住宅を作るかに心血を注ぎ、
前述の勉強会参加もそのためでした。
併せて、資材なども吟味した結果、
国土交通省が定める省エネ住宅の UA値の最低基準が0.87となっているなか、
驚異の0.16などという値の家まで建てられるような、
「断熱の鬼」みたいな人物でした。

そのことは彼の誇りだったと思います。
口を開けばそういう話だったので、私も覚えてしまったのですが、
たとえば、UA値0.16の家は、断熱効率が凄まじいわけですから、
日が照ると一気に室温25℃まで上がることになり、
必然的に、夏の暑さを考慮すれば軒の深い構造にする必要があるのです。
しかし、多くの施工業者は、デザインに制約が出ることを嫌い、
そういう設計にはしないのだそうです。
彼は、こんな初歩的なことを実践しない家づくりが主流になっているのはおかしい、
素人であるお客さんの希望どおりに施工するだけでなく、
必要に応じて、お客さんに忠告申し上げないといかんだろうと、
同業他社に対して、しばしば問題提起もしてきました。

そのN先輩の会社ですが、この秋、破産しました。

私は、残念でたまりませんでした。
私は、アグレッシブでも使命感に忠実でもないけれど、
このNさんに触発されて、たとえば社員教育に取り組んでみたり、
「仕事の意味」なんて考えてみたりしたもので、
尊敬する先輩が道の先で転ぶのを見て、自分ができることを探してみたりしました。
それくらい、私は、そのN先輩に思い入れがあったということです。

まぁ、しかし、破産したことは仕方がありません。
高品質の住宅を作れば売れるはずだと豪語して税理士の忠告は聞きもしなかったし、
問題提起ばかりしていたので支援してくれる同業者もいなかったようです。
だから、破産したことは仕方がありません。

それより私がカチンときたのは、
破産が報道された途端、ネット上の掲示板などに、
彼や彼の会社の悪評が溢れかえったことです。
「倫理法人会入会したり、守成クラブ入会したり、
いい歳こいたオッサンが何してるんだと思ったら、
資金繰りの為に一生懸命人脈広げて新規の客つかまえようとしてた」とか、
「苦し紛れにドッグランとか作ってたけど、
手を付けた物件ぐらいは、
責任を持って仕上げてからにして欲しかったですね」とか。

いったい、彼の何を知っているというのでしょうか。
最終的に離散したものの、彼のスタッフの何を知っているというのでしょうか。

口さがない人々の根拠のない中傷など、聞くに値しないことは分かってるつもりでも、
彼の人柄を知り、彼の住宅に対する思いを知る者として、
悔しくてたまらない気分です。
たぶん、書いた人はそれほどの意図もなく書いたのでしょう。
しかし、昨今、よく言われるようになった、
デジタルによるいじめのようなものを目の当たりにした私は、
転んだ者に塩を投げつけるような底意地の悪い社会に、
なんとも言えない虚しい気持ちがするのでした。

私は、彼の会社にも何度か遊びに行ったし、
彼が施工した住宅にもお邪魔しましたが、
至極まともな会社だと思いましたけどね。

センキュー!

[SE;KICHI]

それ、別にアイツのせいじゃなくない?

古い話で恐縮ですが、最近、私は、
「天の声にも変な声がある」という迷言?を思い出しています。
これは、福田赳夫元首相の有名な言葉で、
自民党総裁選の予備選で、現職として本命視されたのに、
予想に反して2位に甘んじた、その結果を受けて言った言葉ですね。

このところ、日々の生活は厳しさを増しているような印象です。
賃金はほとんど上がらない一方で、
電気代は高騰、ガソリン代も高止まり、食料は肉も魚も野菜も高いという状態で、
学校等では給食費が払えなくなっている家庭もあると聞きます。

そこに持ってきて、岸田内閣では、
防衛力強化のために法人税・所得税・たばこ税は増税の方針だし、
少子化対策のために社会保険料も増額する意向を示していて、
あまり品のいいことではないけれど、
彼は「増税メガネ」というニックネームをほしいままにしています。

ただ、私は思うのです。
有効な手立てを打たないという意味では暗愚な首相と言えるかもしれませんが、
電気やガソリンが高くなっていること自体は首相のせいではないですし、
それに対する有効な手立てって、分かる人は少ないのではないでしょうか。
ここで、何でもかんでも「岸田のせいで…!」などと憤るのは違うのではないか、と。
ちょっと、どさくさにまぎれて、
手ごろな誰かのせいにして文句を言ってやろう的な、
人のせいにする魂胆を感じるのです。

確かに、岸田首相って、なんというか、訳が分からないのです。
これまで、鳩山由紀夫とか菅直人とか、国民を混乱させる首相はいましたし、
宇野宗佑や宮澤喜一みたいな、人間性を疑うような首相もいましたが、
岸田さんに関してはそういう感じではなく、
正確に言うと、どういうつもりなのか、理解できない感じです。
センス、でしょうか。
たとえば、最近は、
経済対策として、税収増を国民に還元すると言い出していますが、
私は、やはり、どういうつもりなのか、理解できないのです。
コストをかけて税金を集め、それをまたコストをかけて配るって、
果たして、それはどういうセンスなのでしょうか。
コロナ関係の補助金しかり、配る業務には膨大な労力とコストがかかり、
しかも、どうせまた、ミスを連発するのです。
そもそも、配るなら集めなくていいだろうと思うのですが。
まぁ、とはいえ、彼の言う「国民への還元」は、
賃上げ税制の減税制度強化とか、
特許所得の減税制度とか、
ストックオプションの減税措置とからしいので、
本当に還元なのか、いまいち分かりませんが。

彼のけしからんところは、
選挙前は「自分の才能は、人の話を聞くところ」と言っていたのに、
当選してみたら、信じられないくらい、人の意見なんて何にも聞かないところです。
議員マニアとして15年前くらいから注目していましたが、
こんな人だとは思っていませんでしたねぇ。

まぁ、彼への評価はこれくらいにしておきますが、
しかし、だとしても、現在の厳しい状況が全部彼のせいだとは言えないでしょう。

そもそも、私は、共産主義者ではないので、
何にでも政府が補助金を出せばいいという、
総平坦化とでもいうような考えは持っていません。
だから、ガソリンが高いとか、野菜が高いとか聞いても、
まぁ、基本的には、価格というのは需給のバランスで決まるものなので、
結果としてのこの価格なのは仕方ないのかもなぁと思います。
政府が介入することも出来はするでしょうが、
それをやると、また別の箇所に歪みが生じるでしょうから、
当然、介入は慎重であるべきでしょう。

そもそも、古今東西、ガソリンが安くなる要素などなかなかないし、
そればかりか、もう10年もしないうちにガソリン車は販売できなくなる感触なので、
ガソリンが高いと喚いている人は、
早々に電気自動車に乗り換えればよかったのにと思いますし、
オール電化で自宅の電気代が大変な人は、
屋根の上で発電するとか、ガスも併用するとか、
実は工夫のしようはいくらでもあったわけで、
自分の無策を棚に上げて、何でもかんでも「増税メガネ」のせいにするというのも、
ちょっと品位に欠けるような気がします。
自分も含めて、ですが。

結局のところ、自助努力しかないと思うのです。
曖昧で不確実なVUCAの時代はすでに到来していて、
この先の未来がどうなるかなんて誰にも分かりません。
その未来が予想から外れたとして、
基本的には、為政者のせいや環境のせい、社会のせいにしてみても、
仮に、それがその通りだったとしても、
別に、何もいいことはありません。

それよりも、日ごろから自分の慧眼を養い、
やれる一手を確実に打っていくことこそ、
この不確実な時代に大切なことではないかと思うのです。

人のせいにはしたくないものです。

[SE;KICHI]

あの犬、実はウチの犬なんや ~観の転換~

富山県出身の人物で、現在存命の人物のうち、
誰が一番大物かなぁと考えたら、立川志の輔かなと思います。
私はスポーツに関心が乏しいので偏ってるかもしれませんが。

彼の落語のマクラによく出てくるのが、
自身が生まれ育った猟師町のエピソードです。

犬が飼いたくてたまらなかった幼少期の彼、
犬を買ってくれるようにお爺ちゃんにねだったのですが、ダメだ、と。
泣き喚けば翻意してくれるかと全力で泣いたものの、
結果は変わらず、ダメだ、と。

しかし、目を泣き腫らしていた志の輔少年を不憫に思ったお爺ちゃん、
孫である志の輔少年を散歩に連れ出します。
そうすると、向こうから、肉屋のオヤジが犬を連れてやってきたのですが、
そこでお爺ちゃんは言うわけです。
「ここだけの話、肉屋が連れてるあの犬、実はウチの犬なんや。
訳あって、いま、肉屋に預けてあるんや。
なぁに、ウチの犬なんだから遠慮はいらん、
行って可愛がってきたらいい」と。
いたいけな志の輔少年、言われた通り、肉屋の犬に近づいて、
自分の犬だと思い込んで可愛がります。

またしばらく歩くと、別の犬が知人に牽かれて散歩をしていたのですが、
お爺ちゃんはまた、「あれもウチの犬よ。
面倒くさいからあの人に散歩を頼んでるんだ。
あれもウチの犬なんだから遠慮はいらん、
なでてきたらいい」と言うのです。

結局、お爺ちゃんは何が言いたかったのかというと、
人間、「所有欲」というのはあるものだが、
見方を変えて、
世の中のものは全部自分のものだけれど、
いまはたまたま預けてあるのだ、と考えることにより、
いつでも手に入るんだからガツガツする必要はないさ
と、
湧き上がる「所有欲」を抑える秘訣を教えてくれていたのでしょう。

志の輔師匠は落語家ですからね、
街で男がイイ女を連れて歩いているのを見かけると、
お爺ちゃんの教えを思い出し、
「あの女は本当はオレのもので、
いまはあの男に貸してやってるんだと思うことにしている」と、
オチがつくわけですが。

初見時、なんてエキセントリックな話かと思ったものですが、
思い起こせば、自分も母親あたりから似たようなことを言われた覚えはありました。
なので、表現はともかく、ある程度は普遍的なことなのでしょう。

つくづく、教育というのはこういうことなのだな、
つまり、つらい時の考え方を教えているのだなと思うわけです。

つらい時、もっとつらくなるのは、簡単なことですよね。
自分のことを「なんで自分ばっかり」とか、責め続けたらいいんです。
そしたら、どんどん惨めになって、卑屈になっていきますし、
そのまま深夜になれば死神も忍び寄ってくることでしょう。

一方、つらい時に底を打って上向くためには、
国語や算数ではなく、このような観の転換が必要でしょう。
つまり、世の中のものは、いまはたまたま預けてあるだけで、
すでに全部自分のものなんです、と。
だから、手に入らなくてイライラすることはないってことです。

本当にそうなのかどうなのか、そういう検証は必要ありません。
人間、つらい時にどう考えたら少しでも心穏やかにいられるか、
そういう方法を、
各人、開発して持っておく必要があると思うのです。


[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR