fc2ブログ

ご来場ありがとうございました。

本日まで富山市の産業展示館で行われておりました、
「富山県ものづくり総合見本市 2023」は、盛会のうちに閉幕いたしました。
この見本市は、実行委員長が富山県知事で熱の入りようが半端ではなく、
主催者発表で、連日1万人以上の方にご来場いただいたそうです。

T-Messe 2023T-Messe 2023 記念講演

弊社ブースにもたくさんの方にお越しいただき、
ありがとうございました。

T-Messe 2023 弊社ブース①T-Messe 2023 弊社ブース②

今年も盛んだったのは、高校生や大学生の企業見学バスツアー。
ものづくりが盛んな富山県の企業を、学生たちにも知ってもらい、
就職活動に役立ててもらおうというアイデアです。
弊社が展示している商材にも関心を持ってくれました。

今年の展示会はこれで最後でしたが、
来年以降、またみなさまにお会いできる機会を楽しみにしております。

[AKA]
スポンサーサイト



再録・富山県ものづくり総合見本市2023 出展のご案内

ものづくり総合見本市 2023

明日から、当社は久々に展示会に出展させていただきます。

それは、富山県ものづくり総合見本市 2023

富山県やら富山商工会議所やらが主催に入っているイベントで、経済交流や技術紹介を目的に、2年に一度行われているイベントです。
明日10月26日(木)から、3日間に渡って開催されます。

ものづくり総合見本市 2023①ものづくり総合見本市 2023②

商材はいつもの自己制御ヒーターですが、開催期間が土曜日まであるので、いつもとは違ったお客様とお会いできるのではないかと、楽しみにしております。

ご多忙中のところとは存じますが、ぜひご来場いただけますよう、お願いいたします。

[AKA]

富山県ものづくり総合見本市2023 出展のご案内

ものづくり総合見本市 2023

コロナでちょっと遠ざかっていましたが、この秋、当社は久々に展示会に出展させていただきます。

それは、富山県ものづくり総合見本市 2023

富山県やら富山商工会議所やら経済同友会やら、何やらそうそうたる団体が主催に入っているイベントで、経済交流や技術紹介を目的に、2年に一度行われているイベントです。
今回初めて知ったのですが、県民にものづくり技術を紹介することも目的にしているようです。
きたる10月26日(木)~10月28日(土)まで、3日間に渡って開催されます。

ものづくり総合見本市 2023①ものづくり総合見本市 2023②

商材はいつもの自己制御ヒーターですが、開催期間が土曜日まであるので、いつもとは違ったお客様とお会いできるのではないかと、楽しみにしております。

また、10/28の土曜日には、中学生によるロボコンや、ミニ四駆 Toyama Cup、G-1 GP なども開催される予定です。

ご多忙中のところとは存じますが、ぜひご来場いただけますよう、お願いいたします。

[AKA]

痩せたけどね。

7月から仕事で工事に出かける事が多くあり、
普段の営業職ではなく現場にて取付作業を6週間ほど続きました。
1番ボリュームのある工事が、
当初の予定からスタートが後ろにずれ込んだこともあり、
他の工事と日程が重なり大変つらい状況になっていました。
今から思えば結果論ですが受けてはいけない工事だったと思います。

人数も少なくなり手助けも無く、
ずれ込んだ事により協力してくれる2人の予定調整も上手くいかず、
3~4人で2週間ほどと思っていたのに1~2人でやる事がほとんどで、
工事が1ヶ月近くかかりました。

終了が遅れると現場の予定にも影響をあたえます。
足場バラシが決まっていますので、
保温工事や電気工事に後を追われ焦れば焦るほど、
段取りが悪くなっていました。
自分が冷静な判断が出来なくなっていたんだと思います。
それは協力してくれる2人にも突っ込まれますよ(汗)

今年の猛暑のなか空調服は着ていますが、安全帯のベルトもあり、
効果は薄く汗だくで毎日を過ごしていると、
ベルトの孔の位置が変わってきたぞ?ってなり、
自宅に戻った際に体重を測ると少し落ちている。
もともとの体重が重いのでガリガリになってきた訳ではないですが、
つらい毎日のなか、少し嬉しくなりました。
お盆明けには最大で7月初めと比べると7キロ以上落ちました。
もう工事が終わり3キロ程戻っていますが…

でも、未だに工事の事を考えると不安や苛立ちなど色々な感情がでます。
頭が重く感じます。
自分はこのままでいいのか?と思ってしまいます。
体重は保健指導を受けるくらいですから痩せた方がいいのだろうけど、
こんな不安な感情になるのは随分久しい感じがします。

体重だけは維持かもう少し落とせるようにはしたいです。

[WAKA]

コントラスト。

先日、家族でアウトレットモールのフードコートで、
食事をしていた時のこと。
海鮮丼を食べていた6歳の息子がしくじって、
どんぶり鉢を落として割ってしまいました。
親として、破片を拾い集め、
散乱した刺身をかき集めようとしたのですが、
そこに現れたのが、
若くてチャラそうな、清掃担当のお姉さん。
「おケガはありませんか? 触らないでください! 
私がやりますから」
そして、本当にその言葉どおり、米粒ひとつ残さず拭い去り、
最後に再び「おケガはありませんでしたか?」と私たちを気遣い、
去って行きました。

私たちは恐縮していたわけですが、息子はそれどころではなく、
食器を割ってしまったことと、
食べている途中だった海鮮丼がなくなったことにショックを受けていたところ、
再び現れた先ほどのお姉さん、私たちのそばにひざまずき、
「海鮮丼屋さんが、
同じ商品を再度提供させていただきたいと申しております」と言います。
……ウソですよね?
海鮮丼屋さんがもう一度作りたいはずはなく、
明らかにその掃除のお姉さんが頼んでくれたんですよね?
流石にそれは…とお断り申し上げたのですが、
「あの人、食器が割れた瞬間に颯爽と現れて掃除し、
海鮮丼屋さんにも話をつけてくれたんだね」と感動しました。

一方、また別の日。
今度は中年3人で、
ロードサイドのラーメン屋さんに行ったわけです。
3人とも初めてのラーメン屋さんでシステムが分からない中、
モタモタしながら食券を買って席についたわけです。
なにしろ初めての店ですからね、
どこの系列だとか、
いろいろヘラヘラと話していたわけですが、
そんなとき、ヌッと現れたのが、背の高い男性の店員さん。
私たちは座敷に座っていたので、
高さの差から、威圧感はなかなかのものです。
「もう呼ばれてますよ」
どうやら、調理できたら番号札で呼ばれるシステムなのを知らず、
私たちが話し続けていたため、呼びに来られたのでした。
慌てて立ち上がり、靴を履いて窓口まで行って、
「すいません、すいません」とか言いながら、
自席にラーメンを運んだ私たち。

口にしたラーメンは美味しかったのかもしれないけれど、
それすら思い出せないほど、
なんとなく鬱屈した記憶が残ったラーメン屋さんでした。

当然ですが、悪いのは話に夢中になっていた私たちです。
マイクも使わず肉声で呼ばれても分からんよ〜とか、
そもそも呼び出しシステムだって教えといてよ〜とか、
もっと言えば、なんだって手ぶらで呼びにくるんだ、
一人前くらい運んできてもバチは当たらんやろとか、
私たちの小さな器が要らぬことを思わせるのですが、
あくまでも悪いのは私たちです。

ただ。
悪いのは私たちだと分かったうえで、あえて思うのです。

フードコートの清掃係のお姉さんと、
ラーメン屋のスタッフのお兄さん、
どちらがお客さんを感動させているか。

感動って大袈裟な感じもしますが、
それがリピーターの条件でしょう。
実際、ラーメン屋のほうは、
自分たちが悪いのは百も承知なうえで、
「なんか、もう来ないかも」なんて話しだす中年3人。
理不尽かもしれませんが、顧客の購買行動なんてそんなものです。

翻って自分の働きぶりはどうか
たまに考えてみないといけませんよね。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR