FC2ブログ

サイアーライン

さあ、ナシの季節になりましたね。

ナシ園

遅い、ですかね。


ナシといえば、「幸水」でしょうか。

幸水は、8月中旬から収穫される早生種で、
果肉が柔らかく果汁も多いという特徴を持っているためか人気で、
和ナシ生産の34%を占める、最も生産量の多い品種だそうです。
富山ではこの幸水の栽培が盛んで、
8月中旬くらいから、こればっかり出回るのですが、
どうも私は柔らか過ぎてあまり好みではなく、
夏の終わりのナシには食指は動きません。
というわけで、9月下旬以降が、ナシにおける私のハイシーズンなのです。

この幸水、園芸試験場が1941年に「菊水」に「早生幸蔵」を掛け合わせて作り、
1959年に命名・発表されたものだそうです。
つまり、“両親”が「早生蔵」と「菊」ということで、
幸水は両親から一字ずつもらって命名されたというわけです。

こうなってくると、幸水そのもには興味ないくせに、
ルーツに関心を持ちやすい私としては、急に興味が出てきます。
(タイトルの『サイアーライン』というのは競馬用語で、家系図とか血統の意味です。)

母にあたる菊水は昭和2年に命名された品種で、親は「二十世紀」と「太白」。
つまり、二十世紀と太白が幸水の祖父母にあたるというわけです。
さっそく菊水を九州から取り寄せてみましたが、
なるほど、菊水の色は幸水とは全然違っていて、二十世紀ゆずりの黄緑色。
食味は、肉質はやや粗めでしたが、酸味も適度にあって濃厚な味でした。
正直なところ、元の品種に何らかの問題があるから、
わざわざ掛け合わせて新品種を誕生させているわけですから、
実は味には期待していなかったのですが、予想以上においしくて驚きました。

さて、父にあたる早生幸蔵なのですが、こちらは存命でないというか……。
おそらく、幸水の親としてのワンミッションの人生だったのでしょう、
探しても栽培している方を見つけることはできませんでした。

さて、生産量で幸水と双璧をなす品種といえば「豊水」でしょうか。
果汁をたっぷり含んだジューシーな品種で、
甘味が強いながらも、やさしい酸味があって、
ナシらしいシャリシャリとした食感と甘さが楽しめます。

血統上、豊水は幸水の子にあたります。
幸水のほうがメスで、母親にあたるのですが、
父親にあたるのは「イ‐33号」という、名前すらもらっていないナシです。
当然、栽培している方を見つけることはできませんが、
この イ‐33号 の父親はまたしても二十世紀なので、
まぁ、あんな感じかと想像することにしましょう。
ちなみに、イ‐33号 の母親は「石井早生」という、人間ぽい名前のナシなのですが、
その父親も二十世紀です。
つまり、イ‐33号 は“母方の祖父が娘に産ませた子”という、
金田一耕助シリーズならひと悶着ありそうな生い立ちです。
というか、白河天皇と崇徳天皇の・・・・・・また今度にしますね。

しかし、豊水の母・幸水の祖父も二十世紀ですから、
二十世紀、どんだけ絶倫なんだという感じですね。

なお、富山では豊水の次に出てくるのが「新高」で、
西日本なんかでは“ナシといえば新高”という地区もあるようです。
これも、昭和2年に命名されたということなので、菊水世代。
親は新潟県の「天の川」と高知県の「今村秋」と言われていて、
新潟と高知から1文字ずつとって新高と名付けられたとされていますが、
私は、果肉の硬さなどが似ているので、
母は天の川だとしても、父は「長十郎」ではないかと疑っています。

まぁ、私は新高には少しも興味はないのですが、
この新高を母として、豊水を掛け合わせて生まれたのが 162-29号。
そして、この無名のナシを母として幸水を掛け合わせたのが、
マイフェイバリット・ナシの、「あきづき」です。
(豊水の父もあきづきの父も幸水なので、あきづきは絶倫ひいじいちゃんの子ってことにはなりますが)

あきづきは、父が幸水、母方の祖父母が豊水と新高という、
主要品種3つの掛け合わせですから、優れた特性を受け継いでいます。
果肉は柔らかいのに緻密で糖度が高いのは幸水ゆずり、
果汁も豊富でありながら酸味も少なめでシャリシャリとした食感です。
9月下旬から出回る品種です。
みなさんもいかがでしょうか。

ところで、母方の祖父母である豊水・新高は、
162-29号以外にももう一子もうけておりまして、
それが、秋から冬にかけて日光などに泊まりに行くと、
朝食のデザートで登場したりする「にっこり」です。
“日光”の“梨(り)”ということでにっこりという名前になりました。
大玉ですが大味ではなく、糖度が高めで果汁も豊富です。
これは10月下旬から出てきて、年始くらいまで食べられます。

ということで、ナシは幸水だけじゃないぞと、
それを言いたかったわけですが、
よくよく見てみると、ナシの世界って、
私が好きな近親相姦にまみれたあの時代に似た面白さがあります。
そういうことを思いながらナシを食べるというのもまた一興と思うのですが、
どうでしょうか。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



和歌山ラーメン

先日、出張で和歌山県に行ってきました。
ほぼ1週間滞在し、工事に従事してきましたが、なんといっても楽しみなのは食事です。
和歌山県と言えば、みんな、
有田みかんや南高梅、醤油を思い出されることが多いかと思います。
しかし、私が真っ先に思いつくのは、
ご当地ラーメンのはしりである和歌山ラーメンです。
出張に行く前から、どのお店に行こうかと楽しみで仕方がありませんでしたね。

私、出張先(遠いところ)では特に地元のご当地グルメを食べたくなる性質でありますが、
特にラーメンは格別無常な好物と捉えておりますので、
今回の出張は”最高の組み合わせである楽しみ”があったわけです。
(ちゃんと仕事もしてますよ!)

〈地元富山県ではラーメン雑誌に載るお店は網羅しましたし、
B級グルメや食堂にも興味が尽きず、
調査するように日々新しい店に入ってみています。
ラーメン好きなんです。〉

泊まったホテルに「和歌山ラーメン味めぐりマップ」なる、
主要店を網羅した地図と写真の入った、楽しそうな冊子を見つけました。
それを片手に街へ繰り出したわけですが、
今回はその中から美味しかったものの、一部書いてみました。

『和歌山ラーメン味めぐりまっぷ』

まず大前提として、和歌山ラーメンは和歌山県北部の大衆食堂などで提供される、
豚骨醤油味がメインの”中華そば”です。
小ぶりなどんぶりに細めんストレート、
薄小さいチャーシューにメンマ青ネギ、ピンクと白のかまぼこが鉄板具材です。
(戦前戦後、駅前などで多数出店していたのがルーツだとか。)

そこからさらに細分化すると、大きく二つに分けて、
あっさりの【しょうゆメイン】と濃厚な【とんこつメイン】に分けられます。

しょうゆは黒めの醤油に豚骨をじっくり煮込んでいくスタイルで、
かつて路面電車の車庫前で営業していた”丸高”というお店が発祥の系統です。
ので、大半が“丸〇”と名乗ってのれん分けした、この系統の味になっています。
対してとんこつはドロドロになるまで豚骨を煮込んで、
後から醤油を足していくスタイルで、煮込みすぎの失敗から生まれた偶然の産物です。
臭みがあり、獣臭いのが苦手な人はダメでしょう。
(筆者は刺激臭がきつすぎて泣いている人を見ました。)
しかしながら、
今日の和歌山ラーメンを全国区に押し上げた系統のラーメンであることは確実で、
和歌山に来たなら一度は食べておくべき味と言えるでしょう。

井出商店・・・【とんこつメイン】

今日における、おそらく和歌山ラーメン中最も有名なラーメン店です。
このラーメン店が、先述の偶然の産物から生まれた源流の店であり、
和歌山に来たならと、
多くの行列を作っている最大人気店と言っても過言ではありません。
お土産コラボ商品もたくさんありますし、芸能人も多く来ています。
(L'Arc〜en〜CielのHydeも地元とあってよく来ているみたいです。)

井出商店
井出商店 メニュー 井出商店 外観

見た目ほど重くなく、量もちょうど良い感じであり、
意外にもあっさり食べれました。
臭みが少しありますが、気になりません。
開店前から並んで入りましたが、
狭い店内があっという間にいっぱいになるほど盛況しています。
初見の方には、一度は行って頂きたいと思います。
美味しいですよ!

まるき・・・【しょうゆメイン】

まるき
まるき メニュー

最終日前の夜に、弊社社長と一緒に行ってみました。
実は前回和歌山に来た時にも、同系統の店には行ってきましたが、
ここのしょうゆは特に美味しかったです。
臭みはなく、あっさりでいて濃すぎることもない、バランスの取れた味です。
麺も先述の井出商店よりしっかりとしていて食べ答えがあり、
かつ多すぎることもないので、夜ながらスッキリ食べることができました。
丸〇という暖簾分けしたシリーズのお店であり、
ほとんどはこういった味の店であります。
これはおすすめですよ!

お気づきの方もおられると思いますが、
和歌山のラーメン屋には、
もれなく早寿司という笹で包んである、小さな笹寿司があります。(中身は様々です。)
ゆで卵に加えて、置いてあるメニューはこれらだけのシンプルなもので、
欲しい人がセルフで取って食べ、精算時に自己申告するというものです。
これも和歌山ラーメン文化の特色で、他県にはないものと言われております。

私は食事に行った際、外食でそれも初訪問の際は、
必ず料理の写真を携帯に収めています。
何かに載せるのか?と笑われますが、
別にインスタグラムなどSNSへ積極的に投稿しているわけではありませんので、
単なる記憶と記録の為です。
(知り合いから聞かれたときに見せたり、前回来た時食べたものと被らないように等。)
しかし食べログのレビューのように、
とても印象に残りましたのでついつい書かせて頂きました。

和歌山の人は美味しいラーメンがあって羨ましいです。。
ごちそうさまでした!

こんなんだから、胃腸を痛めるのです。バカモノです。
それでもラーメンマップにチェックを付けて、
さあ、次に和歌山へ行った際は、どこの店にいこうかな?!
と、既に目標店を定めてしまっている私です。

[K.K]

マドレーヌ

ホテルのモーニングなどで和食と洋食が選べる場合、
納豆が食べられない私は、必ず洋食を選択するわけですが、
お菓子の場合、和菓子か洋菓子か、どちらが好きかと言われれば和菓子です。
それはケーキに使われるような生クリームが得意ではないからなのですが、
そういう意味では、生クリームを使わない焼き菓子なら、
洋菓子であっても、わりと好きだったりします。

焼き菓子ではフィナンシェもフロランタンも好きなのですが、
一番好きな焼き菓子が何かと聞かれれば、マドレーヌでしょうか。

マドレーヌというのは、貝殻の形をかたどったシリコンの型を使って焼きます。

マドレーヌの型 マドレーヌ

いま、特に断りなく「マドレーヌ」といった場合、このシェル型を連想するかもしれません。
それは、このお菓子を最初に作ったマドレーヌ(という女性)が、
ありあわせの材料と厨房にあったホタテの貝殻を使って作ったからだと聞いています。
つまり、もともとは貝殻に生地を詰めて焼いたお菓子だったのでしょう。

ところが、弊社の Okey さんによれば、「マドレーヌ」といえば、
菊花型の型紙のようなもの(マンケ型と言います)で焼いてあるものを連想するそうです。
この、菊花型のマドレーヌは、
パン・ド・ジェーヌというお菓子が日本に伝わった際にマドレーヌと混同され、
その型(マンケ型)がマドレーヌの型として誤用されたことによるとされています。
本来のパン・ド・ジェーヌは、アーモンドプードルだけで作る贅沢な焼き菓子なので、
おそらく、そんな贅沢なお菓子は頻繁には作らないと思うので、
その型を、もっと気軽に作れるお菓子のマドレーヌに代用したのでしょう。

まぁ、そういう豆知識はどうでもいいのですが、
シェル型のマドレーヌとマンケ型のマドレーヌ、
はっきり言って別のお菓子のような感じがしますよね。
シェル型のほうは、Pâtisserie ナントカ… のようなオシャレなお店で見かけますが、
一方のマンケ型のほうは洋菓子のタナカ…みたいな、
なんならどら焼きなども並んでいるような、
ニーズに合わせて洋菓子も和菓子も焼きますよ的な、
敷居の低い“街の洋菓子屋さん”に置かれている感じです。

ちなみに、私はどちらも好きです。
自宅で焼くときは、型がある分、明らかにシェル型のほうが簡単で気軽ですが、
古くからやっている“街の洋菓子屋さん”のマドレーヌも捨てがたいものです。

というわけで、出張先では、
たいしてオシャレではない洋菓子店を探すのに余念のない私。
和菓子屋も好きでよく探しますので、なかなか忙しいものです。

そういう先日も見つけました。
出張先ではなく、ほぼ地元でしたが。
店名は、『御菓子 アリカネ』。
もう、店名からは和菓子屋なのか洋菓子屋なのかすら不明ですが、
店に入ってすぐの場所にウグイス餅などが並んでいます。
その奥、右手のほうに置かれているのが、今回ご紹介したい『早月川』。

早月川パッケージ早月川

包装紙の印刷が『越中銘菓 万葉の旅 早月川』ですからね。
ネーミングからして和菓子感が出ていますが、開けてみたらマドレーヌでしょ、これ。
色味からすると、ちょっと堅めの焼き上がりでしょうか。

しかし、ひっくり返して、銀紙を剥がしてみると……。

ひっくり返したら

……あんこだ。
しかも、わりと存在感のある、どっしりとしたあんこ在中。

それが、味は意外なことに美味しいのです。
私、これで、マドレーヌにあんこがアリだってことを、初めて知りました。
いや、他で、リンゴのコンフィが入ったマドレーヌを食べたことがあって、
もともとアップルパイなども好きな私、
マドレーヌにリンゴのコンフィもアリだなぁとか思っていたのですが、
あんこが合うとは盲点でした。
試しに作ってみようと思った私です。

あ、あと、ついでといっては失礼なのですが、
同じ富山県内でいえば、『菓子処 みずしま』のマドレーヌも、
チョコチップが入っていておいしいです。
お近くにお寄りの際はぜひ。

みずしまのマドレーヌ マドレーヌ(チョコ)

あと、富山県内に限らなければ、
岡山の、商店街のメインから外れたところにある『金扇堂」という、
キビ団子の老舗から売られているマドレーヌもおススメです。
パンケーキのように分厚くて、とてもしっとりしていておいしいです。
お近くにお寄りの際はぜひ。

金扇堂 マドレーヌ 金扇堂 マドレーヌ 中身

[SE;KICHI]

きれい好き

森永のチョコフレークという昔からあるスナック菓子が、
夏までに生産を終了することになりました。

森永チョコフレークhttps://www.morinaga.co.jp/choco_flake/

小さい頃は好きだったので学校の遠足にはいつも持って行きました。
天気がいい時はチョコが溶けて全部くっついて塊になってしまうのですが、
好きなので懲りずに毎回持って行きました。
なんだか残念です。

テレビを見ながら食べているうちはよかったのですが、
スマホやゲームをしながら食べるには、
手がベトついて汚れるので食べにくいというのが、
終了の一因として言われています。
味ではなく食べ方の問題なんですね。
そう言えばケンタッキーでもチキン専用の指手袋を導入しましたからね。
「ゆびキレイ」と言う物で日本オリジナルだそうです。
まあ発想が日本的ですよね。

という事で、今は個包装された一口サイズのお菓子が人気です。
チョコレートだと、キットカット、チロルチョコ、スニッカーズ、
その他グミやハイチュウ等。
これらなら手を汚さずに「ながら食べ」できますね。
手が汚れないという事でポテトチップスやスナックをお箸で食べる若者もいますが、
近い将来それも面倒くさいということで、
形を変えて発売されたりするお菓子があるかもしれませんね。
そう思うと人間はどんどんなまくらになっていきますね。

先日久しぶりに銀杏を食べました。
お店ではなく家で食べたのですが、
私はあらかじめ殻を割って紙袋か封筒に入れてレンジでチンして、
熱いうちに薄皮をむいて塩を振って食べます。
文章にすると簡単そうですが、殻を割るのと薄皮をむくのが大変です。
ですからしょっちゅうは食べません。
ましてや銀杏の木の下に落ちているのを拾ってくるところからやると、
殻の状態にするまでに匂いと手間が半端ないです。
季節になると神社などで拾っている人を見かけると、
ああ、今からやるんだな、お疲れ様ですと心の中で思います。

また、しばらく前に人から栗をもらったので栗ご飯にしようと思い皮をむき始めると、
割と早目に後悔します。
やり方が下手くそなのか、
むく時にある程度包丁で皮をむいてから爪を使ってむくのですが、
爪の間に皮や薄皮が入り込んでとても痛いのです。
もらったのはありがたいのですが、しばらく栗はいいと思ってしまいます。

まあでも銀杏にしても栗にしても、
あらかじめ皮をむいてある既製品に比べると、味や食感は抜群にうまいです。
月並みな言い方ですが、手を汚してかけた手間も味に含まれるのでしょうか。

工場で量産される食べやすさを追求した便利な食べ物もいいですが、
季節を感じながら手間をかけた食べ物を、
何かをしながらではなく、ちゃんと食事として、
ゆっくり食べる贅沢な時間を過ごすのもいいと思います。

[KAZSOU]

ご当地の名物

他県に行った時には時間があればその土地の名物を食べるようにしていますし、
名産品をお土産に買ってきたりもします。
今回は福井県のお話をします。

福井県では、おろし蕎麦やソースカツ丼が有名ですが、
有名店の支店があちこちにあったり、
食べられるお店がけっこうたくさんあるので、
私も仕事で行った時お昼に食べたりしています。

お店によって味付けや見た目がそれぞれ違うので、
地元の人でも好みが別れるようです。
おろし蕎麦だと蕎麦のコシの強さや太さ、大根おろしの辛さですとか、
ソースカツ丼でしたらカツの柔らかさやソースの濃さなど、
みなさんご自分の贔屓のお店があるようです。
味だけではなく、小さい頃から慣れ親しんでいるなどの、
自分なりのこだわりもあるのでしょう。
中でも人気があるのは、昔からの老舗か安くて盛りがいいお店のようです。

甘い物ですと、水ようかんをご家庭でよく食べられるそうです。
水ようかんと言えば夏のイメージですが、
福井県では、特に寒い冬にコタツに入って食べるのが美味しいのだとか。
そう聞くと大体に味は想像がつくのですが、
体験として一度試してみたくなります。

そんな話を実家が福井県の方としていましたら、
福井県勝山市の“金花堂はや川”というお店で出している、
「羽二重くるみ」というお餅が大変おいしいと聞きました。
調べてみると、福井銘菓の羽二重餅にくるみを練りこんで、
シュー生地で2層にサンドしたお菓子で、
福井駅にも売っていると知り、お土産で買って帰りました。

羽二重くるみ https://habutaekurumi.com/

羽二重餅は何度か食べたことがあるので、
ほんのり甘い上品なお餅だと思って食べてみると、
シュー生地が洋菓子を思わせ、噛むとお餅がもっちりするのですが、
時々くるみのカリッとした食感があり、
シュー生地のバターの風味がそれをアーモンドのように感じさせます。
和とも洋ともつかない絶妙な味と食感です。
普段あまり甘い物を積極的に食べないのですが、
これは大変美味しくいただきました。

もう一つお菓子とは違う甘い物をご紹介します。
私はトマトが好きでよく食べるのですが、
いわゆるフルーツトマトとして売られているトマトで、
今まで食べた物は、酸味が少ないだけで甘みはそれほどではなく、
果たしてフルーツとまで言っても良いのかと思っていました。

ところがその思いが覆されました。
福井県のフルーツトマトに「越のルビー」という品種があります。
大玉トマトとミニトマトの中間ぐらいの大きさのミディトマトの一種です。

越のルビー
http://awara.info/cat-gift/%E8%B6%8A%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC

仕事先の近くの道の駅に売っているのを見かけて買って食べたのですが、
酸味がないのはもちろんのこと、
とてもさわやかな甘みが驚くほどに口中に広がります。
これはフルーツと言っても納得です。
トマトを食べて感動したのは初めてです。
大袈裟かどうかは、ぜひ実際に食べて試してもらいたいです。

こうなると他にもいろいろ良い物を知りたくなります。
追求していくうちに、もしかしたら地元の人よりも詳しくなるかも知れませんね。

[M M]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR