FC2ブログ

かつて英雄(ウルトラマン)だった戦士(オトコ)達へ③

もう終わりかと思っていたのですが・・・。
しかし一度書き出したら止まらないほど思い入れが強いウルトラマン。
自分だけではなく他の方にもそれぞれあるそうですので、
今回は角度を変えて、もう少しだけお願いします。

先日我が社のSE;KICHIさんとも少し話したのですが、
最近のウルトラマンは“よく喋る”のです。
ご存じウルトラマンの声は、シュワッっとか、シュワッチとかです。
当然宇宙人ですからね。
それが最近のヒーロー達はペラペラ流ちょうに日本語で喋っちゃいます。
主人公の声で。

平成戦士たち http://m-78.jp/news/n-4093/

どうやらSE;KICHIさんはそれがお気に召さないようで、
その点において平成のウルトラマンは認めていないから!と仰ってました。

確かに前々回紹介したウルトラマンジードも含め、
変身時も敵味方関係なく会話をしています。
主人公がヒーローと一体化しているのをより強調させ、
ウルトラマンにも血が通っている印象を与える意味合いかもしれませんが、
振り返ってみると、昔はそうではなかった気がします。
(※筆者は別に嫌いというわけではありません。)

例えば初代ウルトラマンです。
主人公ハヤタ隊員は、
第1話で宇宙から怪獣ベムラーを追いかけてきたウルトラマンと、
飛行中に激突事故を起こし、命を落とします。
申し訳なさからウルトラマンは彼と一体化し、地球で共に生きていくと伝えるシーン、
ウルトラマンは日本語で喋るのですが、
なんとハヤタ隊員その人ではなく、全く別の人の声で喋るんです。
(中曽根雅夫という方。ヒーローとは程遠い悪役みたいな声ですが。笑)
今になって思えば、当時これは大変貴重なことで、
めったに聞くことができませんでした。
第33話メフィラス星人の回は何故かナレーションの方の声ですが、
最終話ゼットンに敗れ、瀕死のウルトラマンを介抱しにきたゾフィーに対して、
これまたこの声で喋るのです。

ゾフィー
http://ultrakentei.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

宇宙人なのに日本語で喋るのはいったん置いておいて、
せいぜいウルトラマンが喋るのは最初と最後くらいでした。
これはその後のウルトラマンにもある程度共通していることです。

戦闘シーンは気合が入っている時シュワッとか、
苦しい時フゥッワッとかある程度感情が伝わってくるのみ。
余計な話などせず、戦いで決着を付けるものでしたから。

それを踏まえ改めて鑑みるに、最近の作風としては、
戦闘アクションよりも人間ドラマを重視する傾向があると思います。
それ故に戦闘シーンが少なくなり、
喋ってばかりいるイメージが付いてきたのかも。
大人も一緒に楽しむ時代だからなのかもしれませんね。

そしてもうひとつ、先述しましたが、声についてです。
誰のどんな声か?
これはかなり重要なポイントだと私は思うのです。

代表的なのは、かのウルトラセブン。
彼の声はシュワッではなくジュワッ。
気合が入る際のデュアアッとか、初代ウルトラマンとまるで違います。
(変身プロセスだって光り輝く音からではなく、目から全身を段階的に変身させていくスタイルですので、全く違います。)
声当ては主人公モロボシ・ダンの声ですが、かなり特徴的。
うん、これこそ個性ですよ!

ウルトラセブン
http://blog.goo.ne.jp/52godzilla/e/ea73f51640830013aa626b4a9266f820

また、ウルトラマンジャック(帰マン)の声は初代ウルトラマンを流用した感じですが、
(喋る声は谷津勲という方です。カラータイマー音は以前に比べ適当な音になりました。笑)
ウルトラマンエースはかなり特徴的なんです!←筆者大好き。
喋る声の方がそのまま声当てされていますが、
ものすごいオッサンみたいな声なのです!(笑)

ウルトラマンエース
http://next884mat.at.webry.info/200702/article_23.html

見た目はジェンダーレスで中性的なデザインなのに、
テェェェェッとか、フンッイヤァァァッとか、
気合入った時の声は超独特で、このウルトラマンエースの真骨頂です!
(声当ては超有名声優の納谷悟朗!銭形警部や沖田艦長の人です!!)
タロウは主人公東光太郎の声を加工したもので、
気合や苦しい時のタァァァッは、ものすごく気持ち悪くてダサいですが、
これもタロウの印象を強くする個性。
レオに至っては、ほとんど声出さないかと思ったら、
出した時のタァッは何か抜けた感じ。
かと思えばそうでもなく、全話通してスパルタ風で、
主人公は普段から上官にしごかれている物語ですので、
ある程度は出てくるその声は想像できるのですが、
必殺技レオキックのイヤァァァァッはもう苦しそうな悲鳴です!(笑)
想像を超えた痛々しさは聞いてられないです。笑

ウルトラマンレオレオキック
https://middle-edge.jp/articles/WnCJN

と、まあこのように個性がいろいろとあります。

しかし、この特徴ある個性が、シリーズが変わる度薄くなっていきました。
これは昭和のウルトラ兄弟によく見られたもので、
他の作品に出る際、個性のあるそれぞれのウルトラマンが、
その登場する作品のウルトラマンの声に統一されていてしまったということです。
私から見たらそれは扱いが雑で、
かつて地球を守ってくれたヒーロー達に失礼にも感じます。
エースのヒッポリト星人の回、タロウのテンペラー星人の回は見るに堪えないです。
昭和の時代の事情もあるのでしょうが、
そのウルトラマンをリスペクトし、守り抜いてほしいものです。

その点、最近のウルトラマンは、そういった私にとってありえない矛盾点を考慮され、
当時の音源を使って声当てをしているところは、一定の評価ができると言えます。
平成3部作をはじめ、その点はしっかりとしています。
コアなファンはうるさく、戦闘の構えや劇伴にまで言及しますから。(笑)

ともあれ、今回喋ること、声について、またずらずらと文字を並べてしまいました。
分からない人には全く関心の無いだろう世界ですが、
好きな人にとってはツッコミ所満載のネタです。
分かる方が、あーあるある!と思って頂けると幸いです。

おまけ
声について、平成3部作以降も作り込まれています。その一部を紹介です。↓

・ウルトラマンティガの声:真地勇志(超有名。笑ってコラえてのナレーター、ダイナも。)
・ウルトラマンダイナの声:つるの剛士(主人公本人の声を加工したもの。)
・ウルトラマンガイアの声:吉岡毅(主人公本人の声を加工、非常に分かりやすい例。)
・ウルトラマンメビウスの声:五十嵐隼士(主人公本人で、あまり人間時と変わらない。)
・ウルトラマンオーブの声:石黒英雄(主人公本人、平気で喋るし声も加工してる感無し。)

この声だけとってみても、そのウルトラマンらしさというのが出ているんですよ~。

[K.K]
スポンサーサイト

かつて英雄(ウルトラマン)だった戦士(オトコ)達へ②

前回の続きということで、
私にとって思い出に残る、特にお気に入りだったウルトラマンシリーズ、
平成3部作と言われるものを紹介したいと思います。

【ウルトラマンティガ】

ウルトラマン誕生30周年の節目に、
長らく国内では製作していなかったTVシリーズの新ウルトラマンとして、
1996年に誕生しました。
(ティガは、インドネシアの言葉で3という意味。30周年と3タイプチェンジなどかけてある。物語自体が、古くムー大陸などポリネシア方面に伝わるクトゥルフ神話がベース。)

ウルトラマン史上初となる、
怪獣や星人の特性合わせて3タイプ(マルチスカイパワー)にチェンジすることや、
斬新なCGやVFXを使用した撮影技法に加え、
豪華なキャストにも注目が集まりました。

ウルトラマンティガ①
http://blog-imgs-96.fc2.com/t/e/a/teambdreveryday/2016071400170728b.jpg

主人公はデビューしたてのV6のメンバー長野博。
当時ジャニーズ出身のウルトラマンは異例中の異例でしたので、
主題歌の「TAKE ME HIGHER」は長らくオムニバスCDには収録されず、
よく分からないおっさん達のカバーが入っていました。
(曲の権利の問題。収録会社が違った為。現在は解消。)

またヒロインには、
富山出身の初代ウルトラマンのハヤタ隊員役でお馴染みな黒部進の娘、
吉本多香美を起用。
親子2代でウルトラマンの重要な役どころを演じるということも話題を呼びました。

ウルトラマンティガ②
http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e15/10369297_1445917502350192_408805055_n.jpg?ig_cache_key=Nzc4OTE5MDUzMDgwNzIxMDgx.2

物語は核や戦争が無くなった世界、2007年~2010年という時代設定で、
かつてのウルトラマンシリーズに共通していた、
ウルトラマンはM78星雲光の国からやってきたというものではなく、
3000万年前の超古代に地球を守っていた光の戦士が、
再び訪れた地球の危機に、
超古代人の遺伝子を持つ主人公マドカ・ダイゴと一つになって、
立ち上がるという話です。

ウルトラマンティガ③ ウルトラマンティガ④
https://i.pinimg.com/736x/98/01/e7/9801e70f4eec738de4572c88671ae804.jpg
http://blog-imgs-48.fc2.com/u/l/t/ultramanasina/20111019190856e6a.jpg


様々な怪獣や星人と戦う中で主人公が葛藤しながら成長していくというのは常ですが、
今回重きを置かれたテーマの一つに、“光と闇”との戦いがあります。
このテーマは視聴者に、単純に正義と悪との戦いという印象だけではなく、
誰しもが持つ二つの側面の、
そのどちらを選ぶのかが大切である。ということを投げかけるものでした。
そして何も選ばれた人間のみが光になるのではなく、
皆自分自身の力で光になれるのだと。
現実世界でも、誰しもがそれぞれ輝くことができるのだという、
メッセージだと思います。

子供の時分はそんなこと気にせず見ておりましたが、
今になって見返すと、なるほど深いな~と思うことが多々あります。
大人も楽しめるようにも作られていたのがよくわかります。

散々御託を並べてますが、要はティガ、私大好きだったのです!と言いたかったのです。
現代ウルトラマン達にも劣らぬ洗練されたデザインはスマートでカッコイイし、
戦い方もバリエーションに富んでいるし、技やら構えやら・・・etc
言い出したらきりがないのですが、今でも一番好きなウルトラマンです。
思えば初めて買ったもらった人形も、ティガのラスボスの邪神ガタノゾーア。↑画像。
子供がなんちゅうもん持ってきたんよ!気持ち悪っと思ったそうです(笑)

余談ですが、当時はまだ2歳でしたので、
リアルタイム放送ではなく後から放送で見て育ちました。
今はそうでもないのかもしれませんが、
かつては特撮系は関東に比べて半年ほど遅く放送されるという、
なんとも田舎らしい形態でしたので、厳密に言えば再放送ではないのですが、
やはり都会と比べたら遅れてる感は否めませんでしたね。

ティガを見ている間にもう次のウルトラマンが放送されていたのです・・・。

【ウルトラマンダイナ】

1997年、ティガが大成功を収めたことを踏まえて、新たなる光の超戦士が誕生しました。

ウルトラマンダイナ①
https://www.moview.jp/wp-content/uploads/2015/05/ultramandyna3.jpg

その名はウルトラマンダイナ。
(意味はダイナミック、ダイナマイト、大好きなという意味があるそうです。)
前作の世界観を踏襲して、
ティガの時代から7年後の2017年~2020年が舞台、つまり続編となっています。
ティガの邪神ガタノゾーアと闇の力との戦いから7年後。
人類は新たな地を求めて宇宙へ進出、
ネオフロンティアと呼ばれる大航海時代を迎えます。
その最中、宇宙から飛来した謎の敵スフィアとの戦闘中、主人公は眩い光に包まれ、
再び始まった戦いに、ウルトラマンダイナとして立ち上がるという話。

設定を引き継ぎつつも、
シリアスな展開が多かった前作に比べ、明るく楽しい娯楽性を徹底。
怪獣の魅力や人間ドラマに重きを置かれました。
中でも戦闘シーンは最大の魅力で、
大迫力のアクションが素晴らしい作品となっています。
3タイプチェンジ(フラッシュミラクルストロング)も健在で、
前作以上に幅が広がりました。

ウルトラマンダイナ②
http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/2/3d0e594d7290e095c520c664827bf0a4c1d23fc9.54.2.2.2.jpg?thum=53

キャストも一新され、
これまたデビュー当時のつるの剛が主人公に抜擢されました。
今でこそヘキサゴンやヒルナンデスで有名になり、
テレビで見ない日はないほどになりましたが、
昔はこんなにほっそりしていたんです。笑
おバカキャラかもしれませんが、
私にとってはいくつになっても彼らは永遠のヒーローなんですよ。

ウルトラマンダイナ③ ウルトラマンダイナ④
http://m-78.jp/wp-content/uploads/2015/05/n-3118-08.jpg
http://blog-imgs-89.fc2.com/u/l/t/ultrakentei/uda50-02.jpg


(上記の画像のシーンなんかは、前作の主人公との邂逅する最大の意味深な回でした。)
ティガのキャストもゲスト出演して楽しませてもらいました。

最終回の最後の最後まで諦めないダイナと主人公の姿は、
本当に今でも忘れられない。
地球を守った代わりに、宇宙の彼方に光となって消えていくシーンは、
寂しさと感動で泣いたのを覚えています。
諦めないこと、夢を追い続けること、
勇気を奮い出すことの大切さ
を、分かりやすく教えてくれた作品でした。

ダイナはその後もつるの剛の人気と相まって、
別の作品の映画などに頻繁にゲスト出演している、
今でも知名度の高いウルトラマンですね。

【ウルトラマンガイア】

翌年1998年、前2作の成功から、
その技術をふんだんに利用した新しいウルトラマンが製作されました。
今度のウルトラマンは世界観が踏襲されていないもので、
地球の意志が生んだ光の戦士、
つまり地球生まれのウルトラマンという設定になりました。
舞台も放送された世紀末の現代を描いており、環境破壊に対する警鐘や、
怪獣も地球の一生物という捉え方で描かれ、
むやみな戦闘を避けたりする描写もありました。
話の流れも大河ドラマのような長編エピソードが多くあり、
1話だけでなく、続きが気になる展開に。
SF要素が大変強く、科学的専門用語や造語が頻繁に登場、
地球を破滅に追いやる根源的破滅招来体という外敵に関しては、
子供には理解不能で、母親でさえ難してなーん分からんだわと言っていました。

ウルトラマンガイア
http://tokusatu-hero.com/wp-content/uploads/2014/07/gaiagul.jpg

このウルトラマンガイア。
(ガイアとはギリシャ神話に登場する、大地を意味する神だそうです。)
若い20歳の地球思いな大学生主人公が、
根源的破滅招来体の攻撃から地球を守りたいと願った時、
大地の力であるガイアと一体化して、地球と人類を守っていく話。
若い故に悩み葛藤するシーンは多く、主人公もまた憎めないキャラなので、
わりと親近感はある感じはしますね。

このガイアは今までのウルトラマンには無かった要素が結構あります。
そのなかでも目を引くのは、なんともう一人ウルトラマンが出てくること。
もう一人のウルトラマンアグルは、ガイアのライバル。
地球から海の力を授かった全身真っ青なスタイルで、
ガイアや主人公とは価値観の違いから対立、衝突を繰り返します。
変身する人物も準主人公扱いで、ストーリーも緻密に描かれています。
そのスタイルと今までにない青い巨人というクールさが好評をうけ、
特に若いお母様方から絶大な人気があったそうな。
最後は和解し共に地球の危機に立ち向かい共闘していく過程が面白いと思います。
(ちなみにアグルを演じた高野八誠は仮面ライダーも演じた初の俳優だそうです。おいしいですね~。)

キャストも意外とすごいのです。
主人公はあまり聞きなれない吉岡毅という人ですが、
脇を固めている渡辺裕之、平泉成、宇梶剛とかなり豪華。
主題歌もクリスタルキングの田中雅之が担当していました。

ガイアは前2作に比べて、考えることが多い作品だった気がします。
ダイナに見られた豪快さはあまりなく、
主人公が葛藤しもがきながら前に進んでいくという展開でしたので、
現実の自分たちにも共感できることが多くありました。
タイプチェンジも簡単にやってのけるわけではなく、
主人公が苦労して身体を鍛え、
様々な外的要因と仲間に支えられて新たな力を手にしていきました。

子供には難しかったですが、
いま観ると昔より共感でき、面白く観ることができますね。

余談ですが、ガイアの着地シーンはその巨大さを表現するため、
地面の土煙が舞い上がる描写となっています。
本当にかっこよくて、オープニングや各話の登場シーンで、
必ずと言っていいほど描かれています。
これは着地する瞬間、地面に含ませた火薬を同時に爆破しており、
当初は危険な試みとして、あまりスタッフは乗り気でなかったそうですが、
これが逆にガイアの大地のイメージにぴったりだと人気が出たために、
より多く使用されるようになっていったのだとか。
現在もこの撮影手法が取り入れられいます。
自分も子供の頃、少し高いところからジャンプして、
この着地の真似をしていました。
着地する瞬間少しスローなカメラ回しになることから、
ゆっくりもわっと立ち上がる動きを楽しんでおりましたが、
あまりにどんどこ騒がしいため、これでよく叱られていました。笑

その後もウルトラマンコスモスなどシリーズは続き、都度鑑賞した作品もありますが、
未だにこの3部作を超えるウルトラマンには、
出会ったことがありません。

それはこの3部作が自分にとって思い入れのある、大切な思い出だからだと思います。
将来の夢はウルトラマンだったし、
かつて間違いなくウルトラマンだったと思います、何度も変身してました。笑
(実は今でも心の片隅になれるのでは?という思いがあったり・・・?。)

長文になり、書きたいことだけ書いた感じは否めませんが、
男性の方はそういった思い出は少しはあるのではないでしょうか?

一部の方々、特に私たち平成初期生まれの20代は、
特にこの3部作が好きだったはずです。
それぞれの世代には、それぞれのヒーローがある。
久しぶりに思い出して観るのも、いいかもしれませんね。

[K.K]

かつて英雄(ウルトラマン)だった戦士(おとな)達へ①

このタイトル、
分かる人にとっては少しセンセーショナルなところがあるかもしれませんが、
深い意味はありません。

幼い頃、特に男性の方は何がしかヒーローに憧れたのではないでしょうか?
(いや、そんなのないよ。と言えばこの話はそこで終わりですが。)
仮面ライダー、戦隊モノなど、どれも知ってはいましたが、
私の場合ヒーローと言えばウルトラマンでした。

ウルトラマン①-1
http://nagado.blogspot.jp/2015/08/bate-papo-bolando-um-filme-de-ultraman.html

人々が、仲間が、地球が巨大な敵によってピンチに晒された時、
主人公が颯爽と変身して立ち向かう。
最後は必殺技をキメて敵を倒し、
平和を守る英雄達の姿はいつ見ても気持ちが良く、かっこいいものです。
どんなに辛く厳しくても、絶対に諦めない姿勢を、
子供ながらに学びました。

ウルトラマン①-2
https://matome.naver.jp/odai/2139455006981567501/2139455217283285303

通っていた保育所でも、
ウルトラマン好きな友人達とウルトラマンごっこをしては、よく遊びました。
完全になりきっていましたし、
自分は将来ウルトラマンになるんだと本気で思っていました。
ソフビ人形や変身グッズもいくつか持っていて、大事に枕元にまで置いていたくらい。
ほんと、ウルトラマンになると話が尽きません。

先日、YouTubeで最新のウルトラマンである、
ウルトラマンジード」が公式配信されているのを拝見しました。

http://m-78.jp/geed/

毎週土曜テレ東系で放送されてるのを、見過ごしてしまった人向けだそうです。
主演は子役で有名だった濱田龍臣くんが、
史上最年少でのウルトラマンということで、結構話題になったのだとか。

ここ最近のウルトラマンはよく知らなかったので、
本当に面白いのか~?と思いながらも見てみました…。

いや~やっぱ面白いですね、ウルトラマン!

子供の頃とは違った観点で見てもまた面白いし、
いくつになっても憧れみたいなものがあるのでしょうか。
今は続きが気になり仕方がありません。笑

ちなみに私が子供の頃は、ちょうどウルトラマン誕生30周年ということもあり、
平成3部作と言われるウルトラマンシリーズが製作されました。
今ではもう20年前の作品ですが、どれも素晴らしい作品であり、
私にとって永遠のヒーロー達ばかりです。

ウルトラマン①-3
https://prcm.jp/album/atsuya1206/pic/15979191

これについては、次回書かせてください。

ある雑誌には最新のウルトラマンを見て、
かつてウルトラマンに変身した全ての戦士たちに、もう一度アツくならないか?
との一文がありました。
自分も含め、多くの世代を魅了してきたウルトラマン。
もう変身しないけど、今でもあの頃のように、アツくしてくれるものがあります。

[K.K]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR