FC2ブログ

「不」の遺産

さて。
今日は几号水準点の話です。
几号水準点、読めもしませんでしょうか。
几号(きごう)水準点とは、明治初期に、イギリス式の測量法に基づいて、
高さの測量を行うために設けられた基準点です。
幅約10cmの、漢字の「不」に似た記号を使って水準を定めています。

たとえば、これは、氷川神社の二の鳥居の脚に刻まれた几号水準点です。

赤坂氷川神社の几号水準点 赤坂氷川神社

この「不」の字の横棒に沿って水平に台座となる板を当て、
その上に定規を置くのだという記号です。
面白いのはその設置場所で、この記号は「不朽物に刻む」ことになっています。
不朽物というのは、朽ちない、永久に残りそうなもののことで、
石垣や門、鳥居や狛犬などに、直接刻印されました。
氷川神社の場合、いちおうは神聖なものであるはずの鳥居なのに、
そんなことを考慮された形跡もなく、容赦なく彫られています。

几号水準点、知らなかった!という人も多いかもしれませんが、それもそのはず、
日本は明治17年にはドイツ式の測量法に切り替えてしまったので、
几号水準点は、10年ほどの短い役目を終え、
以来150年ほど、単なる遺跡としてだけ存在しています。

これは、皇居外苑の桜田門です。
外桜田門から入って直角に曲がり、桔梗門をくぐると、
石垣の下部に几号水準点があります。

桜田門 遠景 桜田門 桜田門の几号水準点

屋根の下でもあり、保存状態の良い、美しい几号水準点です。

ところで、皇居には、桜田門のほか、大手門や田安門にも几号水準点があります。
皇居というのは各門を警察官が守っていますが、
特に東御苑に通ずる大手門は警備が厳しく、
いちいちカバンの中を見せなければなりません。
門の刻印を撮るだけなのに。
ちなみに、私は、ビジュアルに怪しさが漂っているとでもいうのか、
過去に二度、和田倉門の前と坂下門の前で職務質問されたことがあります。
撮っている写真も怪しいので、反論できません。

大手門といえば、そこから東京駅方面に向かい、
JRをくぐって八重洲側に出て、呉服橋交差点を左折すると常盤橋ですね。
その近くの一石橋のたもとにあるのが、「満よひ子の志るへ」です。

満よひ子の志るへ……つまり、「迷い子の標べ」は、
迷い子尋ね人用の掲示板みたいなものです。
左面に「たつぬる方(尋ねる人)」、
右面に「志らする方(知らせる人)」と刻まれています。
当然ですが、当時はSNSなどはありませんでしたので、
この石柱の左面の窪みのところに背格好や年齢などを書いた紙が掲示され、
通行人で心当たりのある者は右面の窪みにその旨を書いて貼るという、
ひと昔前の私鉄駅前の掲示板みたいな利用法だったようです。

満よひ子の志るへ 満よひ子の志るへ 側面 満よひ子の志るへの几号水準点

まぁ、そんな話はどうでもいいのですが、
この「満よひ子の志るへ」の下部に刻まれているのが几号水準点。
明治初期のこの石柱の重要性がどのくらいのものだったのかは分かりませんが、
こういう大事な石柱に刻んじゃってよかったんですかね。
ただ、この几号水準点、なかなか鮮やかな刻まれっぷりです。

一石橋の対岸は、かつて江戸城だったそうですが、
江戸城外郭の門といえば、現存しているのは赤坂見附ですよね。
「見附」というのは、江戸城外郭の門のことで、
現在の赤坂見附交差点から平河町方面に登ると左手に石垣のようなものがあり、
これが本来の“赤坂見附”です。
(赤坂見附はもともと地名ではなく、この場所にあった門を指していました。この石垣はその遺構です。)

「見附」って、妙なネーミングですが、これは敵を“見つけ”るという意味のもので、
敵を見つけるという役割上、高所であることが多く、
このことが測量にも好都合だったようで、
この赤坂見附にも几号水準点が刻まれていました。

赤坂見附 遠景 赤坂見附 赤坂見附の几号水準点

ちなみに、敵を見つけるという意味では、別に赤坂でなくてもあり得るわけで、
市ヶ谷にも牛込にも見附はあり、そちらにも几号水準点が刻まれていました。
(市ヶ谷見附と牛込見附の几号水準点は、現在、日比谷公園内に移設されています)

几号水準点、どうでしたか。
もともと300基ほど設置されていたらしいので、だいぶ減ってしまいましたが、
ほかにも、上野東照宮とか、湯島天神とか、ニコライ堂とか、神楽坂毘沙門天とか、
東京都下に43基が残っています。
少しずつ撤去されている現状は寂しくもありますが、
「不」の横棒に合わせて設置する定規を載せる台が、ベンチのように見えたことが、
現在、効果測定などの意味で使うベンチマークという単語の語源になっていて、
もう使われなくなった几号水準点ながら、言葉という部分では生き残っているのが、
寂しさの一方で、少しだけホッとする感じです。

また、この几号水準点、わりと観光地っぽいところに所在していますので、
存在を知っていると、
訪れた先で宝探しのような気分が味わえます。
私自身、実際に桜田門やら妙な石碑やら道端の石垣を探し回っているわけで、
前にフォトロゲイニングについて紹介しましたが、あれに似ていますね。

ところで、ここからオマケ。
今回、途中で紹介した桜田門というのは、
桜田門外の変で大老・井伊直弼が落命した場所です。
そこから、警視庁を左に、国会議事堂のほうに少し歩くと、
国会議事堂前の右手に、ちょっとした森みたいな場所が見えてきます。
ここは、現在、憲政記念館の敷地になっていますが、
もともと井伊家の彦根藩邸があったエリアだそうです。

まぁ、そんなことにはそれほど興味のない私ですが、
そこにある小さな神殿みたいな建物が「日本水準原点標庫」です。

日本水準原点標庫日本水準原点標庫 アップ

日本水準原点って、現役の日本全国の高さの総基準で、
これがなければ富士山の標高すら算出できないという、
日本のすべての標高の基準になる石柱で、
マニアにとっては国宝級の代物です。
それが、この建物の中に納められているわけです。
そんなの、興奮しないはずがありませんよね。
右から、大日本帝国って書かれていて、それだけで痺れますねぇ。

ちなみに、日本水準原点の標高は、設置時の1893年には24.5mだったのが、
関東大震災後の1923年には24.4140mとなり、
さらに、2011年の東日本大震災後には24.3900mになっているそうで、
東京、少しずつ沈んでいます。
(現在はこの日本水準原点を24.3900mとして日本中の標高が算出されています。)

なお、この日本水準原点標庫を取り巻くように、
5つの一級水準点というのがあります。
これは、水準原点にもしもの事態が起きたときに、
5点の一級水準点から水準原点を復元できるという非常事態用の点。
「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」の5点のうち、
4点はマンホールの蓋で守られていますが、
「丁」だけが露出しているのは何故なんでしょう。
(写真は左が「丙」で、右が「丁」)

一等水準点 丙 一等水準点 丁

今回はサービス気味で、たくさん書いてしまい、私も興奮しています。
みなさん、そもそも標高の基準なんて、考えたこともなかったでしょう。
この記事で、魅力の一端が、きっとみなさまにも伝わったと信じてやみません。
ただし、几号水準点の撮影は皇居や国会議事堂周辺をうろつくことになり、
職務質問を食らいやすいので、覚悟してくださいね。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト

糸魚川

新潟県糸魚川市。
“イトイガワ”って読みます。

別に、それほどの思い入れがあるわけではないのですが、
「糸魚川」っていう地名は変わっているなとは思います。
たとえば「新潟」という県名は、信濃川と阿賀野川の河口の新しい潟という意味だし、
「石川」という県名も、上流から石を多く流す手取川から命名されています。
「富山」も、 かつての中心地であった高岡市から見て山の外側にあったからとか、
まぁ、それなりに予想できそうな由来によって命名されているのに対して、
「糸魚川」のワケの分からなさ加減。
しかも、そんな名前の川が市内を流れていたりはしないらしい。
実際は、糸魚(イトヨ)という魚が市内の河川に多く棲んでいたことからなど、諸説あるようです。

さて、そんな糸魚川市に行ってみました。
実際には、仕事で糸魚川に行ったわけですが、帰りの新幹線までなかなかの空き時間があったということです。

糸魚川駅の待合室で、私はとてもびっくりしました。

まず、目に飛び込んできたのはプラレール。
それも、子供が自宅で遊んでいるようなスケールではなく、
ここはタカラトミーのショールームかっていうくらいの、大プラレール。

プラレール

言っておきますが、ここは無料で入れる待合室。
プラレール車輌がシャーっと音を立てながら走っていますが、
電池の消耗などを考えると、
無料の待合室でありながら、なかなかの経費なのではないかと心配になります。

と、少し奥のほうに目をやると、そこにはHOゲージ。
HOゲージというのは鉄道模型の一種です。
日本ではNゲージという鉄道模型がもっとも普及しているため、
HOゲージは、鉄道模型屋さんみたいな特殊な店に行かないと売っていません。
そのHOゲージが、ジオラマ展開されているのです、待合室の奥に。

HOゲージ

案内文によれば、幅10mにおよぶジオラマのなかで、
大糸線が走る姫川渓谷沿いの地勢を表現し、4線が敷かれているとのこと。
おいおい、大糸線は単線なんだから、4線は過剰だろうと思いましたが、
そのジオラマの精度に免じて黙っておくことにしましょう。

と、ため息をつきながら横に移動しつつ幅10mのジオラマを眺め、
そのまま振り返ると圧巻のNゲージ。
Nゲージというのは、日本で最も普及している、縮尺1/150の鉄道模型。
ここに展示されているのは、7m×7mほどのジオラマで、
糸魚川駅周辺が表現されているものと思われます。

Nゲージ

確かに、実際の糸魚川駅前ってこんな感じのような気もします。
ちなみに、このジオラマをもう少し遠くから撮影するとこうなっています。

運転台

つまり、ジオラマ内の鉄道模型を運転することが可能なのです。
こうなってくると、もはや、各地の鉄道博物館の雰囲気ですよね。
横浜の原鉄道模型博物館にもこんなコーナーがありましたよ。
この糸魚川駅の、しつこいですが誰でも入り込める待合室で、
このクオリティは何なのでしょうか。

なんだかスゴイような気がするという予兆は、実は少し前からありました。
というのも、この妙な待合室空間に入るためのエントランスには、
入り口をふさぐ感じでキハ52という車輌が横付けされており、
その車内を通らなければ待合室に入れない構造になっているのです。
写真で言うと、手前の扉から車輛に入って、
奥の扉から出ないと待合室に入れないというわけです。

キハ52-156 内部

もちろん、車輛内部はそのまま再現されていますから、
客席にも待合室としての機能を持たせているのでしょうが、
なかなかよく作られたモックアップ(実物大模型)だなと感心。

はぁ、なんだかスゴイ待合室だったな、維持にいくらかかるんだろうとか、
やや下品なことを考えながら駅舎から出た私はさらに驚きました。

キハ52-156

さっき、待合室に入るために通ったキハ52のモックアップは、
モックアップなどではなく、実物の汽車で、
車庫に停まっているいる状態で、待合室へのエントランスとして機能している模様。
しかも、車庫から外に向かって線路が敷設してあるところを見ると、
この車輛は、いま、たまたま停車しているだけで、
その気になれば動くんだということです。

もう、なんなのココ。
尋常でない量の鉄道模型が展示されていて、それを運転する体験も可能なうえ、
その場に入るためには、
動態保存されている往年の気動車の車内を通らねばならない、と。
それも、さぞや立派な鉄道博物館の趣向かと思いきや、
ローカル駅の誰でも入れる無料の待合室だと。

いや、新潟県糸魚川市。

別に、それほどの思い入れがあるわけではないのですが、
たまには途中下車するもんですね。
ワケの分からない、驚きの空間が広がっているかもしれません。

ちなみに、弊社の WAKA さんは、
糸魚川ならぬ、お笑いコンビ“イワイガワ”の岩井ジョニ男さんのファンだそうです。

岩井ジョニ男
http://alwaysnewstrend.com/1910.html

すいません、くだらない情報でしたね。

[SE;KICHI]

リラックスできない温泉

北陸は今年2月、強烈な寒波に3度襲われました。
福井では昭和56年豪雪以来37年ぶりの大雪となり、
大渋滞の様子は全国ニュースでも取り上げられました。
弊社がある富山県でも、久々に雪国が本気を出したような積雪があり、
ここ数年雪が少なく平和ボケしていたのを叩き直されたような感じでした。

さて、その3度目の寒波の時だったかと思いますが、
弊社社員3人で、トレースヒーターの施工工事で長野県の南方に赴きました。
ホワイトアウトの中、
命からがらたどり着いたその地の日中の気温は氷点下4℃程度。
日程の後半、氷点下に達しない日は寒くないと感じました。
適応するもんですね。

ところで、寒さも印象的でしたが、
それを忘れるほど強烈だったのが、泊まった宿。

現場は温泉街のそばなので、ビジネスホテルではなく、温泉旅館。
かつてテレビでも紹介されたこともあるその宿。
玄関前には高さ80cmほどの大きな提灯が、
自動ドアの脇に1つずつぶら下がっていて、老舗っぽい雰囲気を出していました。

ホームページでもよさげな雰囲気を出していたのですが。

ですが。

まー、すごいところでした。
全部詳しく書いていると長~くなるので、箇条書きで。
・食事の量がものすごく多く、食べきれない。
ご飯、麺、刺身、小鉢複数、メイン、鍋など、それらが一食で出てくる。
・大浴場までの廊下が寒い、暗い、ちょっと怖い。
人物を描いた掛け軸や小さな仏像があって不気味。
・大浴場が寒い。お湯はめちゃくちゃ熱い。
我慢して入るが、入っている間、動くとピリピリッッと刺激が走るので動けない。
しばらく入ったらローストビーフみたいになる。
・露天風呂はお湯が入っていない。
・脱衣場にある、温泉設備についての説明が矛盾だらけ。
加水はしていない。理由は、「源泉の温度が高いため」。
加温はしている。理由は、「加水しているので温度調節のため」。
あの温度は加水しているとは思えないが、
加水して加温しているとすれば完全に調節ミス。
・帰ってきたら部屋の鍵が開いている。
・同僚の部屋には、身に覚えのないゴミが。(午後ティーのペットボトル)
掃除をした人が別の部屋で回収したゴミを置いていったよう。
・情報の管理や共有をしていない。
夜に翌朝の食事の時間や場所をフロントに確認すると、
「いや~、そこまではちょっと…」と言われた。
同僚は、コンビニで買ったビールの空き缶(銘柄はバラバラ)3本を部屋に置いていたら、
チェックアウト時に、「ご注文されたおビール3本のご請求を」と言われた。
・従業員のキャラの濃さ。
「ですのん」みたいな語尾をつける女性。林家パー子そっくりな人。セクハラ女将。
杖をついたおじいちゃん。(玄関に立っていらっしゃるのを見てお客さんかと思ったが、帰り際に、「ありがとうございました。」と言われ間違った書類を出されかけたことで、旅館側の人だと発覚。)

他にもあるのですが、とりあえずこれくらいで。

特に強烈だった、女将とのエピソードについて以下に少し書きます。

2日目。
朝、現場に着くと、先に着いていると思っていた同僚から連絡が。
なんでも、受付のばあちゃんに強烈に絡まれたそう。
そんなに客に絡んでくるばあちゃんて、どんなの?
それが後でわかりました。
その日の夕食はその絡まれた同僚の部屋で。
もう一人の同僚と食事をする部屋に行くと、
ちょうど、食事を準備してくださった二人の方が部屋を出ていくところでした。
その内の一人のおばあちゃんが、笑顔で、
「あら、若い人たちだったのね♡」と言いながら、
同僚の背中を3本の指で力強く上から下へとなぞっていました。
食事の席に座った後も同僚は動揺を隠せずにいました。
すっごい寒気がした、と。

その後、これまで夕食の時にはいつもあった、
ご飯が入ったおひつがなかったため(量が多く、毎回残していたので)
小さいのを持ってきてほしいとお願いすると、そのおばあちゃんが
「おひつウフフフフ!おひつフフフフフ!若いものねウフフフフ!」
と、すごい嬉しそうにしながらおひつを取りに行きました。

ああ、この人か、すごい絡んできたおばあちゃんは。
強烈なキャラクターにより、その後、思わず笑いが止まりませんでした。
その方がこの旅館の女将だというのは後で聞きました。
翌朝も同じ同僚の部屋での食事だったのですが、
準備をされたのはまた女将だったらしく。

準備をしに来た女将と同僚の会話。
女将「元気?」
同僚「元気です。」
女将「どこが一番元気なの?♡」
同僚(苦笑)
女将「当ててあげようか?♡」
完全にセクハラですね。

ですがこの女将のおかげで、
サービスに苦情を言いたい思いはむしろ吹き飛びました。
面白すぎて。

出ていく際には、
同僚は抱きしめられながら「もう帰っちゃうの?」と言われたみたいです。
そして去り際には投げキッス。

その旅館にしばらくの期間泊まっている業者の方は、
年始に、女将に抱きしめられながら、
「姫初めする?」
と言われたらしいです。
もはやホラーです。

長野の温泉街に行かれる方は、もしかしたら出会うかも?
楽しみにしていてください。

[Monsieur]

ええケツしてるやんけ。

石仏に限らず、石灯籠や狛犬など、古い石造物に興味のある私ですが、
それは、K先生という研究家の方に魅力を教えてもらって以来です。
その、私の師匠と呼んでも過言ではないK先生が亡くなられてから、
もう15年くらいが経ってしまいましたが、
いまだに興味深い石造物を見かけるとK先生を思い出します。

さて、昨夏、平成の武者修行ということで、
少年少女らを伴って、弊社を含む複数の会社の若手社員が立山登山に挑みましたが、
初めて全員が顔を合わせた夕方、
翌日からの登山の無事を祈るため参拝したのが雄山神社の中宮祈願所。

雄山神社 中宮祈願所

古くは、だいぶ前に紹介した元明天皇や後醍醐天皇の勅願所でもあったという、
伊邪那岐神と天手力雄神を祀る、古色蒼然とした神社です。

鳥居をくぐってしばらく歩くと、左右に狛犬が鎮座ましましています。

狛犬

狛犬には、互いに見つめ合う配置と、正面を向いた配置の2種類があるのですが、
ここのは2頭が揃って正面を向いた配置です。

さて、少し行くと、佐伯有頼という人の廟所があります。
この佐伯有頼という人は、立山の開山とされている人であり、
そのこともあって、明日からの登山の安寧を祈ってここに参拝したわけですね。

開山・佐伯有頼廟

・・・・・・違和感、ありませんか。
写真の左端、石燈籠の左側。
何でしょうか、コレ。

謎の像

近くに寄ってみても、結局分からない「なんだこりゃ」感
だいたい、コイツは何の動物なのでしょうか。
ビリケンさんを載せた・・・・・・バク?

バク ◀ バク
https://www.zooing.net/archives/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%90%E3%82%AF

ふつう、こういうのって、
造立年とか寄進者の名前などが台座などに彫られているものですが、
そういうのも一切皆無なので、情報はナシ。
ゆえに、これが何なのか、さっぱりわからないのです。

場所的には廟所の手前に配置されているので、狛犬感もあるのですが、
狛犬はさっき立派なのを見ましたし、そもそも、犬のようにも見えないので、
ますますこれが何なのか、不思議になってきます。
結局、ワケのわからないポーズを取った赤ん坊のような者が、
ワケのわからない動物のようなものにまたがっている

しかも素肌の尻でという、実にシュールな造形です。

この何者か分からない像、
上に載っている赤ん坊のような者の表情は、何とも言えず憎たらしいのですが、
それを載せているワケの分からない動物のほうは、表情もバカっぽくて愛らしく、
じっと見ているとクセになってくるような感じもします。

ちなみに、お尻の感じはこうです。

ケツ♡

なんか、ロンパースを履いた赤ん坊がハイハイしているみたい。
んもう、本当に、誰が、何の意図で製作したのか完全に不明ですが、
この尻は癒されますよね。
思わず触ってみましたが、完全に石の感触でした。

[SE;KICHI]

オッサンかよっ!

富山県は相対湿度が全国1位なんだそうで、
夏のジメジメとした暑さは尋常ではありません。
そういうこともあってか、富山の方はよく出かけます。
レジャーに支出する額は上位10位に入るようです。

私はといえば、例年、夏の休暇は静岡の別荘地で過ごすことにしています。
夏が暑いのはどこでも一緒ですが、湿度が低い分、
富山よりは快適に過ごせる場所です。

さて、今年も1年ぶりに訪れたその別荘地。
ここは別荘ばかりが点在する一帯で、周辺に普通の民家や商店などはなく、
ホテルや旅館などもないため、実に静かな場所になっているのですが、
1年ぶりに訪れたその別荘地で始まっていたのがホテル建設。
周囲に商業施設がないのは、
条例か何かで規制されているからだと勝手に思い込んでいた私は、
久々に行った際に盛大に始まっていたホテル建設には驚きました。
まぁ、年に1度しか来ない私にとっては、そう気になることでもありませんが。

さて、いつもように、子供たちを連れて周辺を散策します。
なにしろ、民家も商店もホテルもないので、静かなものです。
そうしてホテル建設現場の前までやってきたとき、娘が言いました。
「あっ、噴水だ! 人魚かな?」

マーメイドか?

そのホテルは、プールの隣に噴水のようなものが造られており、
その噴水の中央部に、女神だか人魚だかの像が立っていました。
遠目にこれを見た娘が「人魚かな?」とワクワクしているわけです。

ところが、正面に回ってみてビックリ。
なんと、オッサン。
それもヒゲモジャで全裸の、オッサン。

しかも、腰のあたりなんて、ムダになまめかしかったりするという。

ポセイドンでした~

娘がショックを受けたことは言うまでもありません。
なにしろ、絵本の「人魚姫」とかに出てくる美女を想像していた娘は、
目の前の妖艶なオッサンに、明らかにテンションが下がっていました。

世の中にはワケの分からないデザインというものはあるものです。
いったい誰が喜ぶというので、
プールサイドに全裸のオッサンを載せた噴水を配置したのでしょうか。

というわけで、来年以降、
我が家はこのオッサンに会うために、静岡に向かうことになりそうです。

[SE;KICHI]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR