fc2ブログ

ヒトのことをとやかく言うなかれ。

いまから35年ほど前に「平成」が始まったわけですが、
元号が平成から令和に変わったばかりの3年前、
誰が今日のような世界を予想できていたでしょうか。

世界中で数百万人の死者を出す感染症の発生と生活の激変も、
大東亜戦争以来の大規模なヨーロッパでの戦争の勃発も、
それを平成の終わりに予測できていた人はいなかったでしょう。
そして、極め付けは、
憲政史上最長の在任期間を記録した元首相が、
銃撃によって暗殺された事件で、
このようなことが現代日本で起こるとは、まったく予想外でした。
もちろん、犬養毅とか浅沼稲次郎とか、このような事案は過去にもあり、
政治家というのは、このようなことで命を落とすことがあるかもしれないと、
覚悟を持って就く仕事であるような気もするので、
ご本人は、畳の上で死ねるとは思っていなかったかもしれませんが。

しかし、安倍晋三氏は、まぁ、長い分だけ功罪はあるとしても、
かつてない長い期間、日本を率いてきたことは事実だし、
今後も当分は活躍するだろうと思われてきた、
まぁ、日本の最重要人物のひとりだったわけです。

客観的に見れば、この安倍晋三という人は、
保守の価値観を持ちつつ、それだけだと潰されるところを、
現実的に妥協したり修正できる、
なんというか、聡明な政治家だったと思えるのですが、
しかし、平成後期の世論を俯瞰するに、
単純に「アベ政治」とか「反アベ」とか言われることが多く、
私はそのことに違和感を感じるのです。

いや、私自身は安倍晋三という人物に、
肯定的でも否定的でもありません。
しかし、この、「アベ政治」とか「反アベ」に代表される、
『レッテル貼り』のようなものに、私は嫌悪感があります。


與那覇潤という評論家の方が言っていましたが、
「とにかく『安倍は嫌だ』としか言わない人たちがいる」と。
でも、一方で安倍晋三を支持している人が、安倍さんを好きかというと、
別にそういうことではなく、
彼の名前や言論を借りて、例えば中国や韓国にNo!と言いたいという、
装置としての安倍晋三氏に期待をかけていたわけです。

それは悪いことではありません。
もともと、戦後だって、
戦時下の抑制された「戦前」社会に対するNo!の結果に過ぎないわけですし、
この哲学を突き詰めていくと、
そもそも日本は、いつの時代も、海の向こうから迫り来る文明に対し、
それに抵抗する以外の価値観を自前に創れたことが果たしてあったかと、
そういう話になりますよね。
日本が自律的な形でアイデンティティを形成してほしいと、
そういうことです。

さて、それにしても『レッテル貼り』が好きなんですね、みなさん。

安倍晋三氏を統一教会の権化と感じて銃撃したのは、
その容疑者の事実誤認であり、本人の問題です。
経緯として、母親による度を越した寄付とか、そういうこともあるかもしれませんが、
それだって、そこの家の問題であり、私たちには関係がありません。
私たちにとって、安倍氏に対する銃撃事件は、
一部の“変な人”による、突飛な犯行」であり、
それ以上ではないと思うのですが、
いま、ニュースでは、統一教会は怖いとか、宗教は怖いとか、
統一教会から支援を受けていたあの議員はけしからんとか、
そういうことばかり報道しています。

それどころか、そういう事情(母親の信仰による貧乏)があるのであれば、
悪いのは宗教や母親なんだから、本人は悪くないのだと、
容疑者の減刑を願う署名が集まったなどという報道もあり、驚きます。
いや、安倍さんに、仮に過ちがあるとしても、
その過ちは、街角で凶弾に倒されてまで償う必要があったというのでしょうか。
私は安倍元総理を格段に支持していたわけではありませんが、
犯人にも一理あるとする思考って、どうなんでしょうか。
……いやいや、どんな事情があろうと、
どれほど苦しい人生であろうと、
鉄砲で人を撃つのはダメ
だと思うのですが、みんな、違うんですかね。

よく、何か事件が起こるたびに、
加害者には精神科の受診歴があったとか、
事件本体と直接的な因果関係があるのかどうか分からないようなことが言われますが、
それも『レッテル貼り』であり、
全国の、精神科受診歴のある人を困惑させていることでしょう。
今回の銃撃事件の容疑者は、母親が統一教会の信者だっただけで、
誰が何を信仰しようが、私たちには関係はありませんし、
何を信仰(信念)として持つかは自由です。
また、議員さんも、支援してくれるというなら受けるものでしょう。
もちろん、統一教会の日本観(日本は罪の国のような)や、
そこから来る「日本からは、むしり取ってよいのだ」という感覚には無理があると思うし、
その手のトラブルはよくないとは思いますが、
容疑者の母について言えば信仰行為として疑いなく献金していたわけで、
そういうのも一括して「ダメだよね」というのは、ちょっと乱暴ですね。

最近で言えば、ドラマや映画でも活躍する歌舞伎役者さんの性的暴行。
具体的にどういうことかは知りませんが、
あんなに大人気の俳優さんだったのに、みんなで寄ってたかって叩き、
おそらく再起が難しいところまで攻撃しましたよね。
当事者同士が示談になっていたのであればもう終わった話だと思うのですが、
私たち外野が許さずに袋叩きにして、息の根を止めました。
当事者ではないのに、どういう権限だったのでしょうか。

SDGsなのでしょう?
それなら、いいかげん、人のことを言うのはやめませんかね。

下品でしょう。

[SE;KICHI]
スポンサーサイト



夏季休業のお知らせ

平素より格別のご高配に預かり、厚く御礼申し上げます。
さて、弊社は夏季休暇として、
勝手ながら8月12日(金)を休業とさせていただき、
お盆明けは8月17日(水)より通常営業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
猶、今後とも倍旧のご厚情を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

[AKA]

気遣い。

いよいよ梅雨に入りました。
家の中にいて外から聞こえてくる雨音は割と好きなのですが、
やはりジメジメとした空気よりはさわやかな気候の方が快適ですね。
梅雨入りしたばかりですが、早くも梅雨明けが恋しいです。

さて、つい先日、珍しく主人が落ち込んでいると話してきました。
何があったか話を聞いてみたところ・・・

職場で部下の女性が大きな荷物を運んでいたそうです。
その荷物は大きいけれど中身は軽いと知っていたため、
主人はその女性に「力持ちだね」と冗談でいったそうです。
すると「力持ちじゃないです、持ってください」と、
苛立った感じで言われた、と。
また別のタイミングで、
男性一人とその女性との二人で、大きなカートを3つ運んでいたそうです。
たまたまそこに居合わせた主人に、
「一台運んでください!」と偉そうに指示された、と。
それが主人には想定外な言動だったそうなのです。

その女性は割と遠慮なくものをいうタイプの女性だと知っていたので、
先ほどの苛立たれたエピソードもひとまず納得してはいたそうなのですが、
別の女性に「こういわれた、こう指示された、どう思う?」と聞いたところ、
(その女性は)そんな風に言わなくてもいいのに・・・」などと言ってくれるか、
と思いきや、
その女性に同調されたことにショックを受けたそうです。

主人的には大きくても軽いってわかっているから、
単純に会話するつもりで言っただけなのに、真に受けられ心外だと。
「家庭でも気が利かない奴だとよく言われている」とその場では言ったけれど、
本人曰く結構凹んだそうです。

「本当に重かったんじゃない?」
「女性は体が小さいから、軽くても大きな荷物を持つのが大変なんだよ」
と言っても納得してくれず、
「髪型変わったのを気付いていたのに伝えなかったから怒ったのかもしれない」
と言い出す始末。
もしかしたらそうなのかもしれないけれど、
私的には違うような気がして、あれやこれやと話しているうちに、
ふとある点に思い当たりました。

その女性、気を遣ってほしかったんじゃない??

私は決してか弱い女性ではありません。
だから、除雪もジャンジャンするし(むしろ好きだし)
少年野球のお手伝いのときだって重いものも運ぶし、
なんなら主人にすごいと言わしめる力こぶだって持っています。
だから、別に自分が持っている荷物を代わりに持っていってほしいなんて、
まったく思いません。

でも、

何か一言、例えば、ありがとう、とか、持っていこうか、とか、
たった一言もらえるだけで嬉しいもの
なのですよね。
(全くそんなこと思っていなくても一言が欲しい・・と一瞬書こうと思いましたが、それは嘘です。まったく心がないなら言うなよ、と私の本心が言っています。)

というわけで、以前から女心がわかってないねと、
幾度となく主人に伝えてはいたのですが、
そのたびにそっちも男心がわかっていないと言われている私。
結局お互い鈍感同士だからしょうがないと割り切って生活しているため、
我々夫婦は、なかなか第三者の心まで思いやれる域には、
到達できそうにもありません。

周囲の皆様、毎度ご迷惑をおかけしております。

[Okei]

好きな季節が来ましたー

以前にも書かせていただいたことがあるのですが、
私は春が好きです。
まさに今時期です。


しかし、昨今よく感じます。
個人的には、住んでいる新潟では春のような陽気な気候があまり長くないと・・・
4月の前半頃はまだまだ寒いですし、
中旬~下旬あたりも寒暖差が激しいですし、
5月の前半頃でも非常に暑く感じる年も少なくありません。
その後は、いつ頃から梅雨だっけ?みたいな感じで梅雨入り梅雨明けして、
あっという間に夏に入るという印象です。

春っていうと、陽気なイメージですが、
新潟だけに限らず寒暖差が大きいのも一つの春なのかなって思いました。
地域それぞれにいろんな春があるというか。
沖縄はすぐに暑くなりますしね。
私自身当然気候には詳しくありませんが 笑

弊社はヒーター関係が多いイメージがあると思いますが、
暑くなってきますので、
冷却関係の商材もお声掛けいただければ幸いです。
私自身は冷却キットも知っている商材は多くはないですが、
お力になれれば幸いです。

話は戻りますが、
今年の春は個人的には過ごしやすい気候だなぁと感じております。
GWの連休もありますが、新型コロナウイルスの問題もありますので、
あまり出掛けることはないのかなぁと思っております。
まぁ、元々インドアなんですけどね 笑
3回目のワクチン接種も予約しようと思い連絡しましたが、
土日は非常に混んでるみたいで、
なかなか近い日にちには取れませんでしたね。

連休中は基本的にはあまり出掛けないとは思いますが、
多少は出るので、運転には気を付けたいですね。
特に交通量も多くなる時期だと思いますから、
事故には一番気を付けなければ・・・
皆様もぜひお気を付けてお過ごしください。

[SYUN]

運転中の出来事

住宅街の狭い道を車で走っていました。
突き当たりのT字路で一旦停止をしたところ、
右側から自転車で来た年配の女性が、私の車が来たので止まったのだと思いますが、
ふと見ると、何と横に流れていた用水に落っこちたのです。
用水には柵などは無く、止まって足を着こうとしたら、
足を踏み外してそのまま自転車ごとひっくり返って用水に落っこちたようです。

そばで見ていたご近所のおじいさんが駆け寄り、
私も慌てて車から降りて助けに行きました。
腰ぐらいの深さの用水ですが、水深は5cmほどでしたので、
溺れたり流されたりといった心配はありませんでした。
女性を引っ張り上げようとしましたが、
自転車が邪魔で、先に自転車を上げました。
ご近所のおじいさんと共に、女性の腕を取り何とか引き上げました。
右肩を打ったらしく痛そうにしていましたが、しばらく休憩した後、
大丈夫だと言って自転車を押して立ち去りました。

大事に至らなければいいなと思いながら、私も車に乗ってその場を去りましたが、
しっかり停止線で止まったのに、
自分が加害者になったような何とも言えない気持ちになりました。
それからは一旦停止をする時は、必要以上に左右を確認するようになりました。

また別の日の話ですが、県道を車で走っていたところ、
前の車が蛇行したり、急にスピードを緩めたりと不安定な運転をしていました。
一車線でしたので、その車のペースに合わせて運転するしかなく、
危ないので車間をとって走っていました。
スマホを見ながら運転しているのか、
もしかして飲酒運転でもしているのではないかと疑ってしまう程の、
フラフラした運転でハラハラしていたら、
その車が交差点の赤信号で右折車線に入って止まりました。

私は直進しますので、横に並ぶように止まり、ふとその車を見ると、
何と犬が運転していました。
正確に言うと、年配の男性運転手の膝の上に犬が乗り、
犬がハンドルに前足をかけている状態でした。
何を考えているのでしょうか。
危ないにも程があります。
事故を起こした時にペットは自分で身を守る事ができません。
ましてや他の車を巻き込んで事故を起こす可能性も大きいです。
実際、事故を起こすような危ない運転をしていたのですから。
運転マナーが悪いどころの話ではありませんよね、驚きました。

他にも、時々小さな子供がシートベルトもせずに、
座席の上に立っている姿を見かけたことが何度かあります。
無責任なことはやめて欲しいものです。

[M M]
プロフィール

kkseishin

Author:kkseishin
株式会社セイシン
私たちは工場設備機器を中心に、お客様にご提案・販売をしている総合商社です。

■富山本社/〒930-0821
富山県富山市飯野16番地の5
TEL:(076)451-0541
FAX:(076)451-0543

■新潟営業所/
〒950-1142
新潟県新潟市江南区楚川甲619番地6号
TEL:(025)283-5311
FAX:(025)283-7469



URL:http://www.kk-seishin.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR